*

コトバノについて

川柳家コピーライター西端がお届けしております、コトバノ。
アクセスしていただきまして、ありがとうございます。

コトバノとは

表現力・質問力を高めることで、「会話の生まれる」人間性を磨くお手伝いをさせていただこう。
そして、より豊かな人と人との繋がりを実現していただきたい!

と、いう想いから、日々を綴るブログから独立してスタートしました。

思うトコロ、目撃したシーン、見たモノ、聞いたコト。
そんな様々な事例のなかから、皆さんの心の種になるようなものをひとつふたつ、お届けしていきたいと思っています。

コトバのご相談、承ります

誰もが発信できるようになった今の時代だからこそ、背伸びのない自分自身を伝えていく表現力が求められるようになったのは言わずもがな。

  • 読書感想文といえば8月31日だった。
  • 原稿用紙のマス目は、自分には広すぎる海だった。
  • 人前で話せと言われるだけで、お腹が痛くなるような気がする。
  • そんな方々のために、「書くこと」「話すこと」「考えること」「整理すること」のお手伝いをいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

    書いているのは川柳大好き人間です

    前川企画印刷の西端@明石市在住(西端ブログ)です。
    このブログを通じてお問い合わせいただきました内容は、すべて西端本人がご相談を承ります。また、相談内容については一切他言いたしませんので、ご安心くださいませ。

    また、書面による問い合わせ、執筆、講義講演等のご依頼は
    〒652-0816
    神戸市兵庫区永沢町3-3-10
    有限会社前川企画印刷 西端康孝宛
    にお寄せください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    メッセージの内容に誤りがなければチェックをいれてください

    お読みいただいた記事で「役に立ったな」と思われるものがありましたら、
    はてなブックマークなどで応援していただけますと大変喜びます(各記事に設置しております[B]ボタンを押してください)


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム




    Google


    公開日:
    最終更新日:2016/09/08

    Google

    「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

    「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もは

    尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

    「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻を

    「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

    「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足

    「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは

    秋刀魚や栗、芋やキノコなど様々な食材が美味しく感じられるようになる季節

    「かきいれ時」を漢字で書くとどうなるか? ~「書き入れ時」か「掻き入れ時か」

    商売が繁盛して、お客さんがたくさん来店される時期のことを「かきいれ時」

    →もっと見る

    • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

      コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

      路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
    • follow us in feedly
    • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
    • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
    • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
    • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
    • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
    PAGE TOP ↑