*

「大地震」「大震災」「大災害」 ~正しい読み方は「おおじしん」か「だいじしん」か?

「阪神淡路大震災」という表記の仕方だと、「大阪~神戸~淡路島」の被害が甚大で、明石は被害がなかったような印象を与えてしまうということで、私の住む明石の公文書では「兵庫県南部地震」という表現を努めて用いることにされているそうです。

「阪神・淡路大震災」という名称については、「阪神」にも「淡路」にも該当しない明石市などの地域も同様に甚大な被害を受けているため、批判もある。「大阪市と神戸市および中間地域」「両市を含まない中間地域」どちらの意味においても、「阪神」という言葉は被害の実態に即していないからである(特に前者では、被害が軽微であった大阪を示す阪の字が名称の先頭に来ている)。なお、明石市が広報資料などで当震災に言及するときは、「兵庫県南部地震」の名称を使用している。

引用元:阪神・淡路大震災 – Wikipedia

ところでこの「大地震」「大震災」「大災害」という漢字、それぞれの正しい読み方はご存知でしょうか。

「大地震」「大震災」「大災害」の正しい読み方

神戸

「大地震」「大震災」「大災害」は、同じニュース・文献のなかで用いられることが多いので、どちらかに引きずられて一方を誤読してしまうことが多い漢字であると言われています。

「大地震」は「おおじしん」
「大震災」は「だいしんさい」
「大災害」は「だいさいがい」
と読むのが正しい

「大地震」は「おおじしん」、「大震災」は「だいしんさい」、「大災害」は「だいさいがい」と読むのが正しい。つまり「大地震」を「だいじしん」と読むのは誤りということになります。「だいしんさい」「だいさいがい」という読み方に慣れているので、つい「だいじしん」と読んでしまうことが多いというわけですね。

「大」を「だい」と読む場合と「おお」と読む場合の区別

「大」という漢字の読み方は、「大」のあとに「和語(訓読み)」がくるか「漢語(音読み)」がくるかで「だい」「おお」の区別をすることができます

「大」の後が
和語(訓読み)の場合:「おお」
漢語(音読み)の場合:「だい」
と読む(原則)

事件、広間、など、大という字が前にくると、それぞれ「だいじけん」「おおひろま」と読みますね。

ただし、例外的に「火事」や「地震」という漢字は漢語ですが「おお」をつけて読むルールになっています。原則としてのルールを覚えておいた上で、例外に「じしん」と「かじ」があると理解しておけば、今後、読み間違いはしなくなるのではないでしょうか。

もちろん、言葉の意味や読み方は時代とともに変化しています。今はまだ「だいじしん」と読むことは誤読であるとされていますが、統計によると7割以上の方が誤った読み方をされているそうなので、今後はこの「だいじしん」という読み方も認められていく可能性も高いのではないかと考えています。

阪神淡路大震災を詠んだ川柳を一句

当時18歳の受験生だった自分は、阪神淡路大震災で絶望と優しさを知りました。

1月の神戸は花がよく売れる | 短歌と川柳とマカロニと

上記別ブログにて、今回、阪神淡路大震災のことを詠んでいます。コトバノでは普段、表現力やコミュニケーションのことについて綴っていますが、こちらのブログでは川柳や短歌という短詩文芸で、自分の想いや日常などをお伝えしています。コトバノとあわせまして、ご愛読いただければ幸いです。





↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)




関連記事

「探す」と「捜す」の意味の違いと使い分けについて ~さがしたいものが見えているかどうか

「探す」と「捜す」という言葉は、どちらも読み方が同じであるため、その意味の違いと使い分けが紛らわしい

記事を読む

「意志」と「意思」の区別と使い分け ~強い意志、尊重する意思

「意志」と「意思」という漢字は、どちらも内面を表す言葉。それぞれの意味もなんとなく似ているような気が

記事を読む

no image

勉強会という響きが持つ、甘い幻想に。

ソーシャルなんたらの教える側で自分をブランド化。それで食っている人は知っていても、参加することで飛躍

記事を読む

自己啓発本ブームに殺されないために「使ってもいい」自分を許す言葉

「起こることには意味がある」 「すべてのことは自分に原因がある」 などなど。

記事を読む

「うだる」ような暑さとは? ~蝉の鳴く温度と松尾芭蕉の句と

蝉![/caption] 涼しくなれば蝉が鳴かないのは想像がつきますが、猛暑日のような35℃

記事を読む

「存じ上げております」と「存じております」という言葉の使い分けについて ~「ご存じ」の色々

「存ずる」という言葉は「思う、考える」「知る、承知する」意の謙譲語。「こちらの服の方がお似合いかと存

記事を読む

no image

スーパーで見つけてほしい、「2,3の法則」。

スーパーでラップに包まれて売っている魚。 よーく見てみると、「2匹」でパックされているものと「

記事を読む

「活を入れる」か「喝を入れる」か ~入るのは活、出すのは喝!

京都南禅寺![/caption] 日曜日の朝の旋律。 サンデーモーニングという番組に流

記事を読む

「苦渋を味わう」「苦渋をなめる」「苦汁をなめる」「苦汁を味わう」の誤用と正しい使い方

「苦渋」も「苦汁」もどちらも「くじゅう」と読むため、会話で使う限りはその後に続くのが「味わう」でも「

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

Google

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩な

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいりま

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もは

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻を

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑