*

「割愛する」には不要なものを省略するという意味はなかった ~「割愛」の誤用と正しい意味と

公開日: : 最終更新日:2014/04/08 140文字で変わるコミュニケーション, 140文字で変わる表現力 ,

「時間の関係で、この部分の説明は割愛させていただきます」

プレゼンや会議などで、こんなフレーズを聞くことがあります。「本当に伝えたいところは別のところで、このあたりは重要でないので省略します。資料を見ておいてください」というニュアンスで使われることの多い「割愛」という言葉ですが、大切ではないので省略する・切り捨てるという意味で割愛を使うのは誤用。今回はこの「割愛」という言葉について割愛することなくお伝えしていきます。

「割愛する」には不必要なものを省略する、切り捨てるという意味はなかった

プレゼン

割愛するという言葉は、大事ではない部分を省く・省略するという意味で使われがちですが、実は誤りです。

「割愛する」とは、惜しくいもの・大切なものを思い切って省くという意味。愛着を断ち切るという仏教語に由来する。

「割愛する」とは、惜しくて仕方のないこと・とても大切だと思っているものを思い切って省略するという意味。誤用例では、本編に対して重要でないと考えられる部分をカットするという意味合いで用いられると書きましたが、それとはまったく逆。手放したくないほど大切だと思っている部分、愛着を覚えているところを本当に残念だけれど省きますというのが本来の「割愛」の意味なのでした。

つまり「この部分の説明は資料をご覧いただければわかりますので割愛します」という言い方は誤りで、「ここからが面白くなるお話なのですが、時間の都合上、割愛いたします」という言い方ならば本来の意味で使われているということになりますね。

「割愛する」とは仏教の用語。愛着を断ち切るというのが元々の意味になります。

「割愛する」は日本人の6割以上が誤って使っている言葉 ~どう言い替えたら人に優しい言葉になるのか

平成23年度の文化庁による国語に関する世論調査では、「割愛する」という言葉を6割以上の人が不必要なものを切り捨てるという意味で使っていました。本来の「惜しいと思っているものを手放す」という意味で使っている人は、実に2割以下になるんですね。

文化庁 | 文化庁月報 | 連載 「言葉のQ&A」

こういった事情から考えると、「割愛する」という言葉は色々な誤解を招いてしまう可能性のあることがわかります。

たとえば「関西に旅行に来たけれど、明石焼きのお店への訪問は時間の都合上割愛します」という文章があった場合、「神戸牛も食べたいし、大阪で串カツも食べたい。京都ではおばんざいも食べたいから、明石のお店はどっちでもいいや」という意味で使う人もいるでしょうし、「前からずっと訪れたくて、何が何でも食べたかった明石の名物だけれど、帰りの新幹線に間に合わなくなってしまう。本当に残念だけれど、今回は明石焼きは我慢する」という本来の意味で使われる方もいると思います。

いつもお伝えしている通り、コトバノでは「本来の意味はこちらで、あれは誤用。だから使わないようにしましょう」と知識の正誤を押し付けるのではなく、知っている側が、知らない人もいるかもしれないという配慮をすることで、ひとに優しいコミュニケーションを図ってほしいという願いで更新を続けています。今回の「割愛する」という言葉の場合は、こういった誤解となるケースがあることも理解したうえで、

「関西の食べ歩きは色々できたので、明石焼きは次回の楽しみにとっておくよ」

という風に、誰にとっても不快感のない文章で表現できるようになると素敵なのではないでしょうか。





↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)




関連記事

「拝見させていただきました」という敬語表現、間違って使っていませんか?

上司や先輩、お客様から「これ確認しておいてくれる?」「よかったら読んでおいて」と書類や書籍を渡される

記事を読む

Spending All My Time - EP

授賞式と受賞式はどっちが正しい? ~Perfumeの銀賞じゅしょうのニュースに触れて

Perfumeがカンヌ国際広告祭で銀賞を受賞したパフォーマンスが話題になっていますね。 htt

記事を読む

no image

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

まずは告知です。 会社を経営するなかで、実践してきたこと。 お客様の広告のお仕事を手伝うなか

記事を読む

「苦渋を味わう」「苦渋をなめる」「苦汁をなめる」「苦汁を味わう」の誤用と正しい使い方

「苦渋」も「苦汁」もどちらも「くじゅう」と読むため、会話で使う限りはその後に続くのが「味わう」でも「

記事を読む

「不肖(ふしょう)」という言葉の意味と使い方に要注意!

「不肖(ふしょう)」という言葉は、「不肖山田太郎、一生懸命務めさせていただきます」という風に「私のよ

記事を読む

「彼は涼しい顔をしている」という表現に注意 ~「涼しい顔」の誤用と正しい意味と

「皆が怒られていても、彼だけは涼しい顔をしている」「彼女はどれだけ罵倒されても涼しい顔だ」と、涼しい

記事を読む

no image

ラーメン屋さんの入口で、僕の背後霊を数えられたら。

病院にて。 「さ、今日はどこ診察させてもらいまひょかー?」と、言われるのと、 「お、顔色悪

記事を読む

「煮え湯を飲まされる」の誤用と正しい意味と ~誰に煮え湯を飲まされるのか

「ライバルに煮え湯を飲まされた」という風に、相手からひどい目に遭わされる、悔しい思いにさせられるとい

記事を読む

上旬中旬下旬の由来となった「旬間・旬(じゅんかん・じゅん)」の意味について

「交通安全週間」という言葉は運転をされる人にとって馴染み深い言葉のような気がしますが、春先に行われる

記事を読む

「御の字(おんのじ)」という言葉の誤用と正しい意味 ~満足だったのか、納得だったのか

「貸したお金の半分がようやく戻ってきた、まあいくらか返ってきただけでも御の字(おんのじ)だね」と御の

記事を読む

Google

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もは

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻を

「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは

秋刀魚や栗、芋やキノコなど様々な食材が美味しく感じられるようになる季節

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑