*

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩など、目上の人に使ってはいけないということがよく書かれています。「了解しました」という表現を目上の人に使うのはどうして失礼になってしまうのでしょうか?

「了解しました」という表現は本当に失礼な表現なのでしょうか?

manners

「了解しました」という表現。実はこれ、目上の方に使っても失礼な表現ではありません。

「了解しました」という表現だけを見た場合、
目上の方に使っても失礼ということにはならない

了解しましたはビジネスマナーとしてはNGであると習うことが多いのですが、日本語の意味としては目上の方に使っても失礼にはあたりません。「了解」という言葉には尊敬の意味が含まれておらず、「承知」という言葉には謙譲の意味が含まれている。だから、目上の方には了解ではなく「承知しました」という表現を使いましょうというのが一応の理屈となっているようですが、小学館の精選版日本国語大辞典などにあたっても、承知が謙譲語であるということは書かれていません。

日本国語大辞典によると、「承知」は「目上の人の命令などをうけたまわること」「相手の願い、要求などを聞き入れること」と書かれています。それに対して「了解」は「はっきりとよくわかること、よく理解すること」と書かれています。

なるほど、ニュアンスとして、承知は「おっしゃっていることはよくわかりました、聞き入れて実行します」、了解は「言っていることを理解するのはしました(実行するかどうかはここからのお話です)」という違いがあるということは分かります。上の方から言われたことだから、断りづらく受け入れざるを得ない。だから「承知する」という言葉は上の人に向けられたものであるということは、理解できるでしょう。では逆に「了解する」という言葉を目上の人に使ったとして、このニュアンスだと失礼だという理由になるでしょうか? 答えは「否」です。「了解する」は目上の人に使っても失礼な意味にはなりません

何故「了解する」という言葉が失礼な表現であるという風潮になってしまったのか

では何故、「了解する」という言葉を目上の人に使うと失礼な意味であるという風潮になってしまったのでしょうか? ひとつには「了解」という言葉の語感が理由に挙げられるのではないかと思います。

上で説明した通り、「承知する」という言葉はそもそも目上の人に対して使われるのに対して「了解する」という言葉は相手が上でも下でも使うことができます。そのため、友人同士の気安さなどで

「明日あれ、貸してくれない?」
「了解、持っていくよー」

と、軽い言葉として使われることがよくあります。友人同士で使うような言葉なのに、それを上下関係をはっきりさせなければならないような場面で使うのはいかがなものか。上と下の関係がはっきりした「承知」という言葉を使った方が誤解や違和感も少ないだろうという気持ちで修正し始めたのものが、いつのまにか「了解は目上の人に使ってはならない」というマナーとして定着してしまったのだと思われます。

確かに、上司や先輩に対して「了解」という一言だけを伝えるのは軽すぎる印象を与えてしまうかもしれません。ですから「了解しました」と、ですます調の語尾を添えて伝えれば、語感としても意味としても、何ら失礼ではないというのが実際のところです。

それでもやっぱり「了解しました」は目上の人に使わない方がいい理由

さて、ここまで「了解しました」という言葉は目上の人に使っても問題ないという話をお伝えしてきました。

それでも、やっぱり、コミュニケーションは相手に対する思いやりと想像力に満ちていてほしいもの。「了解しましたは目上の人に使ってはならない」というマナーが多くの方に定着した今となっては、その誤りを指摘することよりも、本来の意味を頭では思い浮かべながら、素直に「承知いたしました」という言葉を伝えた方が無難な会話になるというものです。

「そういうものだ」と理解している人が多い現状に、知っている側がどう、柔軟に対応するべきか。考えるきっかけにしていただければ幸いです。





↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)




関連記事

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

no image

【差別化の勘違い】対価を得る以上、お役に立つのは当たり前で。

売り気のある言葉は下心と同じですよー、というお話を先日いたしました。 「余計なお世話じゃ!」

記事を読む

「したり顔」「どや顔」の意味と誤用について ~したり顔=知ったかぶりではなかった本当の意味

「したり顔で彼は知識をひけらかしてばかりいる」というように「したり顔=知ったかぶり・よく知っている」

記事を読む

「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足らない」。どちらの表現もよく見

記事を読む

挨拶は上品に

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること

挨拶は上品に[/caption] 壇上、スピーチなどを頼まれた人がよく「高い席から失礼します

記事を読む

「黄昏れる」の本来の意味とは ~夕陽の美しい島根県立美術館の閉館時間、ご存知でした?

夕暮れ時、海岸。物思いな顔をした友人に「何を黄昏れてるのー?」なんて話しかけたこともあるのではないで

記事を読む

「うだる」ような暑さとは? ~蝉の鳴く温度と松尾芭蕉の句と

蝉![/caption] 涼しくなれば蝉が鳴かないのは想像がつきますが、猛暑日のような35℃

記事を読む

「ご持参ください」は本来は誤用である言葉

「履歴書をご持参ください」「弁当をご持参くださいますよう、お願いいたします」と使われる「持参」という

記事を読む

日本相撲協会の住所は日本人ならどうしても間違えやすい漢字であるという雑学

鞄と靴、なんて漢字はわかっていても一瞬では見分けられないことがあります。日本相撲協会の住所は、同じよ

記事を読む

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいります。危険ですから黄色い線の内側

記事を読む

Google

「仰げば尊し」の「今こそ別れめ、いざさらば」は「別れ目」ではない! 「め」の正しい意味について知っておこう!

仰げば尊し 我が師の恩 教えの庭にも はや幾年(いくとせ) 思えば

「目を皿のようにして探す」とは、目をどんな形にして探しているのでしょうか? 「目を皿のように」の意味と誤用と

「目を皿のようにして探す」という表現があります。何かを探していることは

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩な

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいりま

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑