*

駅のホームで領収証を破り捨てることに決めた ― 本気には動詞の伴うものだから。

経営者が経営者の話を聞くと、どんな話も素晴らしいものに思えてしまって危険なので、自分はいつも、経営者の話を聞くときはこの会社の従業員として働きたいかどうかという問題意識で耳を傾けることにしています。

・銀行との上手な付き合い方、銀行からの融資の受け方セミナー

「借りられた」ことを羨む経営者。
「借りているんだ」という事実を不安に思う、従業員とその家族。

・本気の想いが会社を変える!

「覚悟を決めて経営に取り組んでいる、すばらしい」と称賛する経営者。
「そうは言っても、結局は飲み会に参加したいだけでしょ、経費でしょ」と思う従業員。

同じ立場で聞くことが、問題意識を薄くしてしまう

どんな時間に臨むときも、現状をより良くしようとするときは問題意識を持って取り組むことが大切。ところが、経営者なら経営者の、営業マンなら営業マンの立場で話を聞いてしまうと、その時点で「何かを得たい」という想いが強くなりすぎて、その時間に対する評価は「すばらしかった」「実践してみようと思った」と、借り物の言葉になってしまいがちです。

向き合う相手の立場で話を聞けば、「すばらしい」という称賛ではなく「本当かな」の問題意識が強くなるので、自分の信念に照らし合わせて行動を決めることが出来る。

本当の答えは、鏡のなかにあるもの
経営者なら従業員の方の、営業マンならお客さんの・・・ たとえば、そういう気持ちになりきって臨むようにすると、「刺激になった」「学びになった」という安っぽい感想で、その時間は終わらないようになるのではないでしょうか。

駅のホームで捨てて帰る領収証

「いい話だった」
「刺激になった」
「学びになった」

何をやるという動詞の伴わないこれらの言葉は、時間を無駄に費やしたことの証
自分ルールとして、一日を過ごしたあとに動詞を伴なうことが出来なかった場合は、帰りの駅のホームで、そのセミナーや勉強会でもらった領収証を破いて捨てて帰ることにしています(=経費にはしません)。

本気とは動詞を伴うこと。

「その気になった」と「これをする」のあいだには、大きな大きな違いがあることを知っておかなければ、時間という貴重な財産を無駄に費やすことになってしまいます。

向かい風、追い風、さて、動詞を決めて進み始めた先がどうなるのかはその人次第ではありますが、こんな風が吹くだろうと思っていたんだと評論家ぶっている人の背中には誰もついてこないということ、それはもう、説明する必要もありませんよね。

失敗という財産も、それは、動詞を決めた人が得ることの出来る宝物。

今日を明日にリレーするために、明日の自分へどんな動詞を渡すことが出来たかどうか
一日の終わりにそれを考えて、これからも本気でありたいと思うものです。





↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)




関連記事

「お得な情報を配信します」と「売り言葉ばかりがウンザリするほどやってきます」の紙一重。

来店されたお客様にリピーターになってほしい。その想いから、メール会員募集という貼り紙や告知を店内で見

記事を読む

no image

アドレス帳のなかで見つける価値 ― 与えるということ。

誰でも応援したくなるような人には共通して、教科書も計算機もなく、自分の身近な人がこうなってほしいとい

記事を読む

no image

スネ夫くんが好かれない本当の理由。

  他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 こちらの記事のなかで他を蔑んでまで、自分

記事を読む

「弊社」と「当社」の意味の違いと使い分け ~抗議のときは「当社」を使う!

私たちの会社という意味を表す熟語に「弊社」「当社」という言葉があります。今回はこの「弊社」と「当社」

記事を読む

no image

スーパーで見つけてほしい、「2,3の法則」。

スーパーでラップに包まれて売っている魚。 よーく見てみると、「2匹」でパックされているものと「

記事を読む

no image

【問題】ある回転寿司屋さんから届いたDMハガキの謎【考えてね】

今日は、問題をひとつ。 ある回転寿司屋さんは、これまで、アンケートにお答えいただいたお客様に定

記事を読む

no image

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

まずは告知です。 会社を経営するなかで、実践してきたこと。 お客様の広告のお仕事を手伝うなか

記事を読む

no image

二冊目の本は二倍の効用にならない ― 限界効用理論。

ビールは1杯目がうまい! けれども、2杯目3杯目と続くと、最初と同じくらいの美味しさは得られなくな

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

「ご進言ありがとうございました」と使っていませんか? ~「進言」の誤用と意味に注意

「ご進言(しんげん)ありがとうございました」というフレーズを使ったり聞いたりしたことはないでしょうか

記事を読む

Comment

  1. Inazawa より:

    ばたさん。想いも生き方もアートやね。
    この文字からも、熱い想いを感じる。
    その先にいる人になって聴く。
    売り手理論になってないか?
    自分への問いかけ続けられる、問いで人は、変化していくように思っています。
    熱いバタさんには、熱いファンが多くなるんやろね。
    ありがとう。

  2. 満足を量る仕組みに感動を。

    昨日は、兵庫県中小企業家同友会、
    西神戸支部、北播支部、青年部の合同例会。

    報告は株式会社ディライト代表取締役 入江伸悟氏。
    20歳で焼肉亭を開業され、紆余曲折の後、現在は3店…

Google

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩な

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいりま

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もは

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻を

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑