*

書籍「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」の感想 ~起業する人・経営者も知っておきたいおもてなしの心

ブログ飯 個性を収入に変える生き方[染谷昌利著]を読みました。

2013年6月21日に著書「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」が発売されます(たぶん) | Someya Masatoshi.jp

学ぶことが多かったので、メモもたくさん♪

ブログ飯

ブログ飯

ブログで収益を上げていくノウハウ集かな…と思いきや

ブログ論にありがちなツールやサイトの紹介がほとんどありません。ブログを書くことで家族を養っていくことになった経緯、その後に取り組んだ戦略について冒頭に書かれていますが、ブログ飯 個性を収入に変える生き方ではどちらかといえば、ブログの読者に喜んでもらうために自分が意識することは何なのか。つまり、お客様の気持ちから逆算して継続するべきことは何なのかという、起業家や経営者、サービスに携わるすべての人が知っておくべき基本的姿勢についてヒントとなることが数多くまとめられていました。

商品ひとつを紹介することにしてもそう。「売れたらいいな」ではなく、「読んでいて楽しいと思ってもらうためにはどうすればいいのかな」という発想から始めることは、商売をしている人間にとっても大切な考え方です。

目先を追いかけない・SEOを意識しない

ホームページやブログを運営していると、そのアクセス数が気になってしまうところ。しかしブログ飯 個性を収入に変える生き方では、その暇があれば、読者によって有益な記事を書くことに時間を費やそうと提唱しています。

数は大事だけれど、そこに経験から滲み出る人間性がなければコンテンツとしての面白味がない

文章を読むには検索エンジンというロボットではなく、人間である

挫折をしないために、たとえばブログであれば、最初の一か月はアクセス数を見ない・3か月は続けて記事が100程度出来るまでは継続するという記述も。人間は分相応の失敗しかしないし、失敗し続けることこそ難しい、だから日々のトレーニングで独自性を土台を創っていこうということも書かれています。

一番リスクの少ないお金の使い方とは

商売をしている人間は、お金を回すことが経済を循環させていく一番の方法であることを体感しています。しかし、そのお金の使い方が浪費になってしまっては意味がありません。ブログ飯 個性を収入に変える生き方は、収益は自己投資に回して、お金を使う経験を増やそう。自分への投資は確実に身になり、そしてリスクが少ないと書いています。

また、ブログの中で何かを伝えたいとき、それは足で稼いだ情報、自腹を切った情報を、リアルの友人を思い浮かべながら記述することが大切であるということも。確かにそうですね、その伝えたい情報や商品、サービスの対象がはっきりしないままに表現したところで、それは宙を泳いだ言葉の塊。書くべきテーマと目的が決まったら、「なぜ・だれに・どのように」伝えるか、それを考えることは、まさにマーケティングの視点そのもので、自分のような会社を経営する人間にとっても、はっとさせられる内容でした。

成果を上げる人と上げない人の違いは何?

これもブログに限った話ではありませんが。

成果を上げる人は、情報に自分の見解という価値を添える
成果を上げない人は、情報を横流しする

商売をしていると、実際に名刺交換をした方からメールマガジンやニュースレターの形で様々な情報が寄せられるようになります。毎月いくつもの「情報らしきもの」が届くなかで、印象に残るのは情報そのものではなく、それを取り上げた方の人間性と見解。「こういうことがありました」ではなく「こういうことがあって、私はこんな風に思いました」という一言があるのとないのとでは、その人に対する評価もまるで違ってきます。

ただきっと、そこに添えるものは難しいものである必要はないと思うのです。ほんの一言の感想でもいい、なんらかの喜怒哀楽を添えることが人間性を伝えるうえで重要だと思うのですが、いかがでしょうか。

与えることで与えられる

ブログ飯 個性を収入に変える生き方の中で、ある本屋さんのことが紹介されていました。

読書のすすめ – ショッピング

清水克衛店長をはじめとする各スタッフのみなさんは、ベストセラーでもない書籍に大変精通していらっしゃるのだとか。「こういう本があるよ」という情報を知りたくて、ネット書店全盛のこの時代でも、たくさんのお客さんが足を運ばれるそうです。

これは惜しみなく情報を与えていくことで、結果、商売としての見返りも得ることが出来るという一つの事例ですが、ブログなどの情報発信でも同じことが言えるということを書かれています。与えること、与えること、与えることで、与えらえる。結果を先に求めるのではなく、まずは喜んでもらえることは何かということを突き詰めていく。冒頭でも書いた通り、それがブログを継続する上でも商売をしていくことでも大切なことなのですね。

起業家、経営者、商売をしている人、サービス業のすべての人に

この本はブログを継続するための心がけはもちろんですが、すべての表現はお客さんのためにあるということを教えてくれているようでもあり、ブロガーのみならず、起業を考えている人や経営者、すべての商売を営む人たちにも是非読んでほしいと思いました。そう、これは自分自身がいつも経営者の勉強会に参加していて思うことなのですが、日本の経営哲学は製造業から派生したものが圧倒的に多く、マーケティングやおもてなしの心を採りこんだものは、まだまだ絵に描いた餅であるものが多いような気がするのです。

ブログという発信、そして対話の場所のなかで自己を表現していくことが相手の気持ちに触れていくことなのであれば、これはまさに、モノではなくコトを売る人間にとって最適なトレーニングに他なりません。

相手の気持ちに触れる、届ける。
つまり「思いやる」
そのトレーニングにブログは最適な手段である

ブログというものを継続していく意味と重要性について、改めて考えさせられる一冊となりました。オススメです。

【送料無料】ブログ飯 [ 染谷昌利 ]

【送料無料】ブログ飯 [ 染谷昌利 ]
価格:1,680円(税込、送料込)





↑2016浴衣に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修)




関連記事

NHKの放送用語委員会に、優しさに満ちた言葉たちを見つけた!

NHKには放送文化研究所という組織があります。 本格的なデジタル時代を迎えても、「豊か

記事を読む

RIKISHI-MAN

日本相撲協会の住所は日本人ならどうしても間違えやすい漢字であるという雑学

鞄と靴、なんて漢字はわかっていても一瞬では見分けられないことがあります。日本相撲協会の住所は、同じよ

記事を読む

「地獄の釜の蓋も開く」の意味 ~地獄に繋がる京都のお寺「六道珍皇寺」

正月の16日やお盆の16日は罪人を煮る地獄の釜の蓋も開きっぱなし。「地獄の釜の蓋も開く」とは、鬼たち

記事を読む

「観賞」と「鑑賞」の意味の違いと使い分けについて ~同じ草花でも「観賞」も「鑑賞」も使う

「趣味は?」と問われて返す「映画鑑賞」。この「かんしょう」という言葉には「観賞」と「鑑賞」の2つがあ

記事を読む

「弊社」と「当社」の意味の違いと使い分け ~抗議のときは「当社」を使う!

私たちの会社という意味を表す熟語に「弊社」「当社」という言葉があります。今回はこの「弊社」と「当社」

記事を読む

「黄昏れる」の本来の意味とは ~夕陽の美しい島根県立美術館の閉館時間、ご存知でした?

夕暮れ時、海岸。物思いな顔をした友人に「何を黄昏れてるのー?」なんて話しかけたこともあるのではないで

記事を読む

ブログを書き続けることは、心配りの技術を磨くことなのかも

確かにtwitterやFacebookの方が気軽に書きやすく、反応も得られやすいとは思うのです。それ

記事を読む

money

領収証に貼る印紙について知っておくべき3つのお得な知識 ~クレジット払いと金券ショップ購入と

2014年4月から印紙税法についても改正があり、これまで3万円以上の領収証やレシート、受領証に必要だ

記事を読む

20130514-112832.jpg

咲いて、枯れて、冬を凌ぎながら、また、春を待つ。

抽象的なことを書きます。 咲いて、枯れて、冬を凌ぎながら、また、春を待つ。商いが永続的に存在するべ

記事を読む

「かきいれ時」を漢字で書くとどうなるか? ~「書き入れ時」か「掻き入れ時か」

商売が繁盛して、お客さんがたくさん来店される時期のことを「かきいれ時」と言います。この「かきいれ時」

記事を読む

Google

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻を

「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは

秋刀魚や栗、芋やキノコなど様々な食材が美味しく感じられるようになる季節

「かきいれ時」を漢字で書くとどうなるか? ~「書き入れ時」か「掻き入れ時か」

商売が繁盛して、お客さんがたくさん来店される時期のことを「かきいれ時」

会話で使う「僕も、私も」の「も」(助詞)は、使い方を間違うと主役を奪ってしまうので要注意!

川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われていま

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 見上げている夜空にかざせば、そこにある星や星座たちの詳細を教えてくれるアプリ。昼の空にかざしてもそこに在る星たちの存在を伝えてくれます。
  • 症状を選択していくだけで犬や猫たちの病気や対策を教えてくれます。ペットたちの変化にはどうか動物病院への受診を躊躇しないでくださいね。
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑