*

「上には上がいる」は間違いで「上には上がある」が正しい使い方だった!

福沢諭吉!

福沢諭吉!

財布が分厚い理由は、中にたくさんのポイントカードが入っているから。福沢諭吉さんがたくさんいるわけではありません。会いたいのに。

今日は「上には上がいる」という使い方は誤用であることを説明します。これ、福沢諭吉さんの「人の上に人を造らず」という言葉が影響を与えているのかもしれませんね。

「上には上がいる」ではなく「上には上がある」を使う

「上には上が」という表現の対象は「モノ」。ヒトではありません。

「上には上がある」とは最高にすぐれていると思っても、さらにすぐれたものがあること。己を戒めるときに使う言葉。

ひとそのものの優劣ではなく、ひとが何かをする・発する、そのモノやコトに対する「上と下」という考え方をします。「いる」という表現は、存在を示すので、比較の対象がヒトになってしまいますよね。曖昧な基準でヒトを比較するのではなく、そのヒトから発せられるモノの優劣を思うことで、自身の足らずを知るために使う。自分を謙虚にするための言葉です。

ところで、「上には上がいる」と「上には上がある」。Googleで検索してみると、たくさんの場所で誤用されていることがわかります。

上には上がいる 約 3,790,000 件
上には上がある 約 9,200,000 件
(2013/6/26 Google検索の結果)

どうして誤用である「上には上がいる」がこんなにも一般的になってしまったのか。それは冒頭にも書いた通り、「学問のすすめ」の冒頭の言葉が原因なのかもしれません。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の本当の意味って?

福沢諭吉さんの学問のすすめの書き出し。引用してみます。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながら貴賤(きせん)上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資(と)り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥(どろ)との相違あるに似たるはなんぞや。その次第はなはだ明らかなり。『実語教(じつごきょう)』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。また世の中にむずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。すべて心を用い、心配する仕事はむずかしくして、手足を用うる力役(りきえき)はやすし。ゆえに医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、身分重くして貴き者と言うべし。

この書き出しは有名ですよね。ところが、この文章の意味そのものも勘違いされていることが多いようです。冒頭の部分だけを読むと「ひとは皆、平等である」と書いてあるように思いますが、実際は「人は不平等なものであり、その差は学の違いによるものだ。だから勉強しましょうね」ということを伝えようとしているんですね。

映画トムとジェリーのデビュー作も「上には上がある」だった

今回の記事を書くにあたって色々調べていると、トムとジェリーのデビュー映画のタイトルも「上には上がある」だったということを知りました。

とある広い屋敷。そこでペットとして飼われている1匹の猫。ジャスパー、後のトムである。
他方この屋敷にはもう1匹、茶色い鼠のジンクス、後のジェリーも穴を作って住み着いていた。ジャスパーはジンクスを食べてしまわず、寧ろ恰好の遊び道具として、追いかけ回すなどしてからかっていた。その過程で、屋敷の台所などは滅茶苦茶にされ、お手伝いの人は頭を悩ませていた。
あまりに度の過ぎる猫の暴れ振りに立腹するお手伝い。「次に何か物を壊すと家を追い出してやるから!」と最終警告を出す。これを聴いてジンクスはジャスパーを家から追い出そうと、ジャスパーに物を壊させる、或いはジンクスが自分から物を壊すことを試みる。ジャスパーはそれを食い止めようと必死だ。こうして2匹はギリギリの攻防を続けていたのだが、その結末は…

引用元:上には上がある – Wikipedia

子どものころ、夢中になって見ていた記憶がありますが、元々は大人向けのコミカルな風刺物だったんですね。こんな風にブログを書いているなかで調べ物をしていると、知らないことに出合える。それが楽しいのは、やらされる勉強ではないからでしょうか。

福沢諭吉さんの伝えるところにしたがって、今日はやはり「勉強って大切だなぁ」をまとめにして、終えたいと思います。上には上がありますねぇ。





↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)




関連記事

「とんでもございません」はとんでもない誤用

「とんでもございません」という言葉を耳にすることが増えてきたように思います。目上の方に対して、そして

記事を読む

「共存」を「きょうぞん」と読んでいませんか? ~「存」の正しい読み方と区別の仕方

「争いを避けて共存していく道を探る」というような表現のときに使われる、この「共存」という言葉。「きょ

記事を読む

成長と生長の使い分け ~5年でこんなに伸びる木と犬と

成長する木々![/caption] 先日、別ブログでこんな川柳を詠んでみました。 川柳

記事を読む

会話で使う「僕も、私も」の「も」(助詞)は、使い方を間違うと主役を奪ってしまうので要注意!

川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われています。 [/captio

記事を読む

no image

質問は、相手の心に自分を置くということ。

これからもお願いしますは自分に関心を向ける言葉。 これからも楽しみにしていますは相手に

記事を読む

「姑息」には「卑怯」という意味はなかった! ~姑息の誤用と正しい意味と

「姑息な手段を使いやがって」という言い方を聞くと、卑怯な方法で解決に至ったことに憤っているような印象

記事を読む

牧師と神父の違い ~プロテスタントとカトリックの区別

宗教的な区別、違いの言及は誤解を招いてしまう可能性があります。 コトバノでお伝えすることは、あ

記事を読む

「御社」と「貴社」の違いと使い分け ~就活のときに覚えたルールで大丈夫? 履歴書のコツとは?

就職や転職活動のときに履歴書を書いて送るのは一般的。応募先企業のことは「御社」か「貴社」か、どちらで

記事を読む

「世間ずれ」の意味と誤用 ~「世間ずれ」の反対語は「世間知らず」

「彼は世間ずれしている」「彼女は世間ずれしていないよね」という表現が、誤った意味で使われることが増え

記事を読む

95歳と97歳と102歳の場所取り合戦 ~タイトルに数字を入れる効果

本屋さんで、95歳と97歳、そして102歳が戦ってました。ユニークな並びですよね。 【

記事を読む

Google

「目を皿のようにして探す」とは、目をどんな形にして探しているのでしょうか? 「目を皿のように」の意味と誤用と

「目を皿のようにして探す」という表現があります。何かを探していることは

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩な

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいりま

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もは

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑