*

「上には上がいる」は間違いで「上には上がある」が正しい使い方だった!

福沢諭吉!

福沢諭吉!

財布が分厚い理由は、中にたくさんのポイントカードが入っているから。福沢諭吉さんがたくさんいるわけではありません。会いたいのに。

今日は「上には上がいる」という使い方は誤用であることを説明します。これ、福沢諭吉さんの「人の上に人を造らず」という言葉が影響を与えているのかもしれませんね。

「上には上がいる」ではなく「上には上がある」を使う

「上には上が」という表現の対象は「モノ」。ヒトではありません。

「上には上がある」とは最高にすぐれていると思っても、さらにすぐれたものがあること。己を戒めるときに使う言葉。

ひとそのものの優劣ではなく、ひとが何かをする・発する、そのモノやコトに対する「上と下」という考え方をします。「いる」という表現は、存在を示すので、比較の対象がヒトになってしまいますよね。曖昧な基準でヒトを比較するのではなく、そのヒトから発せられるモノの優劣を思うことで、自身の足らずを知るために使う。自分を謙虚にするための言葉です。

ところで、「上には上がいる」と「上には上がある」。Googleで検索してみると、たくさんの場所で誤用されていることがわかります。

上には上がいる 約 3,790,000 件
上には上がある 約 9,200,000 件
(2013/6/26 Google検索の結果)

どうして誤用である「上には上がいる」がこんなにも一般的になってしまったのか。それは冒頭にも書いた通り、「学問のすすめ」の冒頭の言葉が原因なのかもしれません。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の本当の意味って?

福沢諭吉さんの学問のすすめの書き出し。引用してみます。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながら貴賤(きせん)上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資(と)り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥(どろ)との相違あるに似たるはなんぞや。その次第はなはだ明らかなり。『実語教(じつごきょう)』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。また世の中にむずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。すべて心を用い、心配する仕事はむずかしくして、手足を用うる力役(りきえき)はやすし。ゆえに医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、身分重くして貴き者と言うべし。

この書き出しは有名ですよね。ところが、この文章の意味そのものも勘違いされていることが多いようです。冒頭の部分だけを読むと「ひとは皆、平等である」と書いてあるように思いますが、実際は「人は不平等なものであり、その差は学の違いによるものだ。だから勉強しましょうね」ということを伝えようとしているんですね。

映画トムとジェリーのデビュー作も「上には上がある」だった

今回の記事を書くにあたって色々調べていると、トムとジェリーのデビュー映画のタイトルも「上には上がある」だったということを知りました。

とある広い屋敷。そこでペットとして飼われている1匹の猫。ジャスパー、後のトムである。
他方この屋敷にはもう1匹、茶色い鼠のジンクス、後のジェリーも穴を作って住み着いていた。ジャスパーはジンクスを食べてしまわず、寧ろ恰好の遊び道具として、追いかけ回すなどしてからかっていた。その過程で、屋敷の台所などは滅茶苦茶にされ、お手伝いの人は頭を悩ませていた。
あまりに度の過ぎる猫の暴れ振りに立腹するお手伝い。「次に何か物を壊すと家を追い出してやるから!」と最終警告を出す。これを聴いてジンクスはジャスパーを家から追い出そうと、ジャスパーに物を壊させる、或いはジンクスが自分から物を壊すことを試みる。ジャスパーはそれを食い止めようと必死だ。こうして2匹はギリギリの攻防を続けていたのだが、その結末は…

引用元:上には上がある – Wikipedia

子どものころ、夢中になって見ていた記憶がありますが、元々は大人向けのコミカルな風刺物だったんですね。こんな風にブログを書いているなかで調べ物をしていると、知らないことに出合える。それが楽しいのは、やらされる勉強ではないからでしょうか。

福沢諭吉さんの伝えるところにしたがって、今日はやはり「勉強って大切だなぁ」をまとめにして、終えたいと思います。上には上がありますねぇ。





↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)




関連記事

パソコンで使うマウスとミッキーマウスの不思議な関係 ~腱鞘炎防止のためのマウス

自分よりもずいぶん若い方と話をしていた時のことです。 「マウスの玉って、すぐにカスが溜

記事を読む

大辞林

「話のさわり(触り)」の誤用と正しい意味と ~最初の部分という意味ではない「さわり」

「時間の関係もあるし、話のさわりの部分だけでも聞かせてよ」という風に頼まれて、伝えるのはどの部分でし

記事を読む

「煮詰まる」「煮詰まった」の意味と誤用 ~「煮詰まった」は「行き詰まった」ではなかった!

集中力を発揮するのに環境は大切。カフェのような場所で読書や勉強が捗りやすいのは、周囲の適度なノイズが

記事を読む

「故障中」という言葉の使い方は誤用 ~「中(ちゅう)」という字の正しい使い方

ようやく見つけたトイレに「故障中」という張り紙。 絶望的な気持ちになっているときに「故

記事を読む

no image

一台のピアノを5人で演奏するオトコたち、その表情と音色に惚れた!

文字で表すこと、沈黙をすることも表現の一つ。 で、あれば。 楽器を奏でる表情や、その音色で誰

記事を読む

ブログを書き続けることは、心配りの技術を磨くことなのかも

確かにtwitterやFacebookの方が気軽に書きやすく、反応も得られやすいとは思うのです。それ

記事を読む

丼!

木の葉丼は関西独自のものだった! ~木っ端微塵と木っ葉微塵、正しいのはどっち?

丼![/caption] 親子丼の鶏をカマボコにしたもの、それが木の葉丼。これって関西の食文

記事を読む

「破天荒」の誤用と正しい意味と ~実は褒め言葉だった「破天荒」

破天荒という漢字のイメージから「めちゃくちゃ」「豪快」「型破りである」という否定的な意味合いで使われ

記事を読む

「葬式、結婚式は恙なく(つつがなく)無事に終了しました」と書いてはいけない理由

誤用と呼ばれるような表現であっても、最近はその誤りが一般化してきていることもあって耳に入ってくる音だ

記事を読む

no image

他を蔑むことが差別化なのだとすれば。

自分の父も商売人でした。 決して他のお店や、誰か他の人の悪口を言うこともありませんでした。自分

記事を読む

Google

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もは

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻を

「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは

秋刀魚や栗、芋やキノコなど様々な食材が美味しく感じられるようになる季節

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑