*

新幹線、海側の窓から富士山を見る方法 ~1分間の奇跡!

富士山!

富士山!

新幹線の楽しみのひとつが、車窓から眺める富士山。

美しく壮大な富士山が浮かんだときの車内の高揚感、一体感は独特のものがありますよね。何かと便利な通路側の席、そして、富士山の見える山側の窓際の席はやはり人気が高いらしく、指定席も先に埋まっていくことが多いのだそうです。

実は海側の窓から富士山が見える瞬間があった!

新幹線の車窓から富士山を眺めようと思うと、ほとんどの人は山側の席を想像されると思います。ところが、この富士山、実は東京~大阪間のほんの一瞬、時間にして1分程度、海側の席から眺めることも出来るのです。


大きな地図で見る

東京から大阪方面へ向かう下りの新幹線。

上記マップの中央に安部川が位置します。ちょうどこの安部川を越えたあたり(マップの下側)で、線路が南北になっている箇所があるのがわかりますよね。この瞬間、海側の席からほんの一瞬だけ、富士山を眺めることが出来るのでした。ただし条件は限られます。

新幹線の窓側の席から富士山が見える条件
・よく晴れている日であること
・窓側の席で、かつ、進行方向と反対向きに座ること(下りの場合)
・寝ていないこと(当り前ですね)

下りの場合、静岡駅を過ぎてすぐに安部川を通過します。静岡のあたりで、あえて海側の席から進行方向と反対(東京方面)を眺めてみると、運が良ければいつもと反対の窓から富士山を眺めることができるんですね。

上りでも同じように海側の窓から富士山を見つけることもできますが、ほんのわずかな区間で、下りの新幹線とすれ違ってしまう可能性もあります。また、直前がトンネルになるので「そろそろだな」という勘が働きにくいのも事実。新幹線のもたらすわずか1分間の奇跡に出逢うのは、やはり下りの方が有利であるといえるでしょう。

東京大阪間はのぞみ号で約150分。150分の1の奇跡を意識してみることも、また、旅を面白く、富士山のスケールを感じさせるきっかけになるかもしれませんね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「黄昏れる」の本来の意味とは ~夕陽の美しい島根県立美術館の閉館時間、ご存知でした?

夕暮れ時、海岸。物思いな顔をした友人に「何を黄昏れてるのー?」なんて話しかけたこともあるのではないで

記事を読む

no image

読む能力ではなく、読み飛ばす能力が大切。

年間に本を300冊以上は読むことにしています。 勿論、堅苦しい本だけ読めるわけもないので、カバチ

記事を読む

郵便局のシンボルツリー「タラヨウ(多羅葉)」が「葉書の木」とも言われている理由とは?

郵便局にはシンボルツリーがあることをご存じでしょうか? あちこちに存在する郵便局ですが、その敷

記事を読む

iPhoneの無料アプリ「ライフハックニュース」で動き出すきっかけを作る

効率よく物事や仕事を進めていくのに役立つライフハック。先人のノウハウを上手に採り入れていくことで、イ

記事を読む

no image

二冊目の本は二倍の効用にならない ― 限界効用理論。

ビールは1杯目がうまい! けれども、2杯目3杯目と続くと、最初と同じくらいの美味しさは得られなくな

記事を読む

no image

暗殺教室(5巻)、出てますよー。

いま、一番楽しみにしていると言っても過言ではない漫画。殺せんせーの温かいキャラクターが大好き。単なる

記事を読む

「観賞」と「鑑賞」の意味の違いと使い分けについて ~同じ草花でも「観賞」も「鑑賞」も使う

「趣味は?」と問われて返す「映画鑑賞」。この「かんしょう」という言葉には「観賞」と「鑑賞」の2つがあ

記事を読む

no image

アイデアは、飲み会よりもドリンクバーで生まれるものだ。

お酒を飲みながらの打ち合わせ。 おいしい食事もいただけます。うまいお酒もいただけます。

記事を読む

「号泣」の誤用と本当の意味 ~映画館で号泣したら怒られます

犬が大好きなのですが、犬の出てくる映画は予告編で涙が止まらなくなってしまいます。 南極

記事を読む

国立国会図書館の意外な活用方法 ~与謝野晶子自身が朗読する短歌が聴ける!

国立国会図書館とは日本国内で出版されたすべての出版物が保存されている日本唯一の法定納本図書館のこと。

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑