*

「選挙が終わって、悲喜こもごもの各選挙事務所」という表現は間違い!

投票!

投票!

投票を終えてもらう投票済証明用紙。明石では「明るい選挙推進協会」のキャラクターめいすい君が描かれていますが、みなさんのところではいかがでしょうか?

選挙のめいすいくん | 財団法人 明るい選挙推進協会

頭のところに切り込みのあるめいすい君。この縦線は投票用紙挿入口を表していたんですね。シュールです…。

悲喜こもごもの誤用に注意

選挙特番で各選挙事務所を順に映していく場面がありますよね。当選していれば喜び、落選であれば悲しみを滲ませる人もいる。入試の合格発表でもそうです。合格に喜ぶ人もいれば、自分の番号がない人に涙をこぼす人も。そんな様子を、よく「各選挙事務所で、悲喜こもごもの様子がうかがえました」「合格発表の会場では悲喜こもごも、様々な表情がありました」と表現することがありますが、これは誤った使い方です。

「悲喜こもごも」は、1人の人間の心境の変化について使う

1人の人間の心境の変化。たとえばA君が「財布を落として悲しんでいたが、試験には合格できた」という場合はまさに「悲喜こもごも」。しかし、複数の人間の感情が入り交じっている様子を伝えるのに悲喜こもごもという表現を使うのは誤りとなります。

投票用紙は投票箱の中で自動的に開く!

選挙の話題でひとつ。

候補者名を記入する投票用紙は「紙」とは書きますが、その素材はプラスチック。破れにくいだけでなく元の形に戻ろうとする働きがあるので、投票箱のなかで自動的に開き、開票作業の短縮に効果があります。昭和58年ころから試験的に導入が始まって、今ではほぼ、全国の投票所でこれが利用されているのだそうです。

世界には、同じ素材を用いた紙幣もあるのだとか。次の選挙のときには、是非、投票箱に入れる前に、用紙が自動的に開いていく様を観察してみてくださいね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

omiyage

お裾分け(おすそわけ)の意味と使い方、誤用について ~目上の人に「おすそ分け」って使っていいの?~

「旅行に行ってお土産を買ってきましたので、これ、おすそ分けです」「田舎からたくさん果物が送られてきま

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

no image

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

まずは告知です。 会社を経営するなかで、実践してきたこと。 お客様の広告のお仕事を手伝うなか

記事を読む

「御の字(おんのじ)」という言葉の誤用と正しい意味 ~満足だったのか、納得だったのか

「貸したお金の半分がようやく戻ってきた、まあいくらか返ってきただけでも御の字(おんのじ)だね」と御の

記事を読む

自己啓発本ブームに殺されないために「使ってもいい」自分を許す言葉

「起こることには意味がある」 「すべてのことは自分に原因がある」 などなど。

記事を読む

「奇特な人」って変な人? ~「奇特」の誤用と正しい意味と

「彼は天気が良くても傘を持って出掛ける奇特な人だ」という表現。どうやら「変わった人(変な人)」という

記事を読む

「圧巻」の誤用と「圧倒」との違いについて ~「演技は圧巻だ」という表現は正しいのか?

「あべのハルカスの高層階からの眺めは圧巻だ」「フィギュアスケートのA選手の演技は圧巻だった」という表

記事を読む

no image

好評につき延長、を、繰り返す不誠実。

こんなことも知らないんですかぁ? あははー、遅れてますねぇ、ダメダメですねぇ。 ・・・なんてこ

記事を読む

領収書や請求書、手紙やメール、FAXに(株)や(有)という省略形は失礼なので使ってはいけない

うちの会社宛に送ってこられる請求書や手紙などには、株式会社や有限会社を省略した(株)や(有)といった

記事を読む

「万障お繰り合わせの上」という表現は招待するときや目上の方、お客様に使うのは失礼なのか?

招待状やDM、あるいは出席を求める呼びかけの文章に「万障お繰り合わせの上、ご参加ください」といった表

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑