*

成長と生長の使い分け ~5年でこんなに伸びる木と犬と

成長する木々!

成長する木々!

先日、別ブログでこんな川柳を詠んでみました。

川柳 20130725 | 短歌と川柳とマカロニと

伸びた朝顔、まだ、低学年の子には小さすぎて。それでも、来年になれば簡単に抱えられるようになっているのかもしれません。時間が過ぎて、見覚えのある景色が変化していくのは一瞬。去年の今はどんなだったかな、と、思い出しながら、今年の、来年の夏を思っては今を過ぎていく。その時々の景色、想いを大事にして生きていきたいですね。

成長と生長の違いについて

去年から今年にかけて、どんな変化があったでしょうか。夏になれば冷たいものばかり、だれるばかり。人間として何の成長もない自分を戒めるべく、今日は「成長」と「生長」の違いについてまとめてみたいと思います。

成長は人や動物の成育、物事の発展を表す
生長は植物が伸びていくさまを表す

生長という漢字は植物が伸びる様子についてのみ使うのですね。ひまわりや朝顔、夏を見上げるこの花たちは「生長」という言葉を使うことが適切であることがわかります。

ただし!
専門用語を教科書などで使う場合は、文部科学省の学術用語集に従うものとされています。

学術用語集 – Wikipedia

この学術用語集では、今は植物の生長も「成長」と表記することとされています。植物の生長については成長と書いても間違いではない(むしろ好ましい)のですね。人の背も植物も、生きた分だけ成長していくという漢字の使い方でOKです。

5年で成長する木と犬の様子を1分動画で!

毎日見ていると気付かない成長も、こうして1分の動画にまとめてみるとよくわかりますね。時々現れるわんちゃんも和みます(^^)

//www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=fA-l1t_Aotw

ほんの少しずつ、積み重ね。それが成長。
反省ばかりの毎日ではありますが、「前と比べたら、こんな風になったな」と思える自分も発見できるようでありたいものです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

豹変するという言葉に悪い意味はなかった! ~送り狼とは何か?

豹![/caption] 太陽に焦げていたアスファルトがひとやすみ。忙しそうに行き交う人たち

記事を読む

牧師と神父の違い ~プロテスタントとカトリックの区別

宗教的な区別、違いの言及は誤解を招いてしまう可能性があります。 コトバノでお伝えすることは、あ

記事を読む

「お愛想をお願いします」の意味とお客さんが言うと失礼になってしまう理由と

飲食店で席を立って会計をするとき、店員さんに「お愛想をお願いします」と言うお客さんがいますが、この言

記事を読む

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいります。危険ですから黄色い線の内側

記事を読む

wakaba

初夏の時期っていつからいつまで? 「初夏の候」という挨拶を使っていい時期と「立夏」との意味の違いについて。2018年の立夏はいつ?

「初夏の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます」ですとか「今日はまるで初夏の陽気」という風に使われ

記事を読む

「大地震」「大震災」「大災害」 ~正しい読み方は「おおじしん」か「だいじしん」か?

「阪神淡路大震災」という表記の仕方だと、「大阪~神戸~淡路島」の被害が甚大で、明石は被害がなかったよ

記事を読む

「仰げば尊し」の「今こそ別れめ、いざさらば」は「別れ目」ではない! 「め」の正しい意味について知っておこう!

仰げば尊し 我が師の恩 教えの庭にも はや幾年(いくとせ) 思えばいと疾(と)し この年月 今

記事を読む

「不肖(ふしょう)」という言葉の意味と使い方に要注意!

「不肖(ふしょう)」という言葉は、「不肖山田太郎、一生懸命務めさせていただきます」という風に「私のよ

記事を読む

「やるせない思い」を「やるせぬ思い」と書いていませんか? ~やるせないの意味と誤用と

片思いの気持ちなどを表現するときに「やるせない気持ち」と書くことがあります。「やるせない」とは「思い

記事を読む

「お日柄も良く」は雨でも使っていい言葉 ~お日柄の意味と六曜の意味・読み方

結婚式のスピーチの冒頭などで「お日柄もよく」という挨拶が使われることがあります。この「お日柄」とはど

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑