*

アンデスメロンの名前の由来 ~アンデス産ではなくダジャレだった

熱を出して苦しんでいた、子どもの頃のある日。

枕元にプラレールを並べて、甘いメロンを食べさせてくれた両親の記憶が鮮明にあります。布団のなかから眺める列車、火照りを冷ます甘い果汁、両親の優しい言葉。病気だとか、人生で起こる様々や嫌なことだとか。そんなときに初めて気付く、優しさや甘さの記憶って永遠ですよね。いま、当たり前に構成されている日常のなかに、過ぎてみてわかる特別があるのだということは本当に有り難いことです。しみじみ、メロンメロン。

アンデスメロンの名前の由来

メロン

アンデスメロンはアンデス産でもなんでもなく、実はダジャレに由来するネーミングなのでした。

アンデスメロンの名前の由来
「作って安心」「売って安心」「買って安心」
→安心です
→→メロンは芯(しん)を取って食べるから
→→→安心ですメロン→アンデスメロン

メロンは高級なイメージがあって買うのも躊躇してしまいがちですが、アンデスメロンの名前の由来はダジャレだということを知ると、途端に親しみやすい印象になりますね。

そして意外だったメロンの保存方法。

メロンは収穫後追熟させて食べます。まだ固く香りが弱い物は冷蔵庫に入れないでください。低温下では追熟せず傷みを早めてしまいます。お尻を押してみて少し弾力を感じるようになるまでは冷暗所に置いておきましょう。

引用元:メロンの選び方と保存方法、食べ方:旬の果物百科

なんとなく買ったらすぐに冷蔵庫に入れておくイメージのあるメロンですが、まだ固いうちは冷蔵庫に入れずに置いておくのが良いそうです。

T字型のツルがあるメロンとないメロンと

ツルがあるのとないのとでは、高級感の印象が違いますね。あえてツルを残すか残さないか、それも合理的な都合と意図的な戦略があるようです。

ツル付きで出荷するにはそれなりに大きな箱が必要だったり、ツルを傷めない配慮が必要になったりとコストがかかってしまいます。そういったコストが安いメロンにとって割高になってしまうため、扱いやすいボール状で出荷されていると言うわけです。また、そういう違いを付けることで、T字ツル付きのメロンは付加価値を付けているということです。

引用元:メロンの主な品種一覧:旬の果物百科

メロンを選ぶときは、重さが均等に左右対称になっているものが良いのだとか。その微妙な違い、意識して区別出来るのでしょうか。メロンの一番の旬は春から初夏にかけてということですが、通年いただくことのできるマスクメロンなどの種もあります。今度お店で試して、食べてみたいと思います。違いを知るためには食べ比べる必要があるのかな(^^)





関連記事

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻をまくって逃げ出した」という風に

記事を読む

calendar

「抱負」と「目標」の意味の違いと使い分けは何? 「抱負」にはなぜ「負」という字があるのか?

新年にあたって抱負を語る、今年の目標を決めるという風に「はじまり」のときに使われることの多いこの「抱

記事を読む

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い

結婚式でピアノの演奏を頼まれたことがあります。 ピアノ演奏[/caption] 演奏直

記事を読む

こだわりのあるお店に行ってはいけないその理由! ~こだわりのないお店の方がいい!?

こだわりのある紅茶!こだわりのない紅茶![/caption] 神戸の西区にある、紅茶専門店ア

記事を読む

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいります。危険ですから黄色い線の内側

記事を読む

「かきいれ時」を漢字で書くとどうなるか? ~「書き入れ時」か「掻き入れ時か」

商売が繁盛して、お客さんがたくさん来店される時期のことを「かきいれ時」と言います。この「かきいれ時」

記事を読む

「海千山千(うみせんやません)」という言葉の意味と誤用に注意! ~褒めるつもりで使うと?

海千山千(うみせんやません)という言葉があります。「社長は海千山千でいらっしゃいますから、さすがです

記事を読む

「失笑」と「爆笑」の笑い方の違いについて ~誤用の多い失笑と爆笑の正しい意味は

「笑いを失う」と書くため「失笑」の意味を「笑いも出ないくらいに呆れる」「あざ笑う」と考えてしまうこと

記事を読む

「混ぜる」と「交ぜる」の違いと使い分けを「さんずい」で覚える!

「絵の具をまぜる」「女の子のグループに男の子が一人まざっている」など「混ぜる」と「交ぜる」という漢字

記事を読む

no image

その文章、相手の想像力に委ねていますか?

強いサッカーチームは、味方たちを信じて、フォワードは前線に残ったままであるといいます。 言葉の世界

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑