*

「故障中」という言葉の使い方は誤用 ~「中(ちゅう)」という字の正しい使い方

ようやく見つけたトイレに「故障中」という張り紙。

トイレ

絶望的な気持ちになっているときに「故障中という表現はおかしいなぁ」なんて思う余裕はないかもしれませんが、この「~中(ちゅう)」という言葉の使い方も注意が必要です。「営業中」はOKでも「故障中」は誤用になる、その理由を確認してみます。

「故障中」という言葉は誤用である理由 ~主体は人か物か

故障中という言葉で使われる「~中(ちゅう)」。この「中(ちゅう)」という言葉は、主体が人であるときに使います。

「故障中」という表現は誤用。
「~中(ちゅう)という言葉は、
主体が人であるときに使う

故障中という言葉の主体は人ではなく、モノ。主体がモノになっているときに「~中(ちゅう)」という言葉を使うのはおかしいので、トイレの故障中という表現は誤りであるということになります。一方、「営業中」という言葉はひとが業を営むので正しい使い方になります。「勉強中」も人が行うもの、「仕事中」という言葉も人がその状態にあることを説明していますので誤りではありません。

「故障中」は重複表現 ~故障中が誤用であるもうひとつの理由

故障中という表現は、その主体が人ではないから誤りであるということを説明しました。もう一つ、故障中という言葉が誤用になる理由があります。それは「故障」という言葉はすでにその状態にあることを表現しており、状態を伝える「~中(ちゅう)」という言葉を続けてしまうと重複表現(重語)になってしまうというものです。

橋の橋脚、トーストを焼く、一番最初、最後の切り札、被害を被る… こういった重複表現は慣用化していることもあって誤用ではないという考え方もあるようですが、表現力において大切なことは稀な事例で正義を貫くのではなく、原義を知り大多数にとって無難な言葉を選んでいくことであると考えています。表現力は減点評価、知らないで損をしてしまうことのないようでありたいですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

iPhoneの無料アプリ「正しい日本語!できる大人の美しい言い回し!」が読み物として面白い

「万能な褒め言葉」「話を具体的にさせる切り返し」「うっかり聞いたことを忘れた!」など、様々な場面や対

記事を読む

気が置けない相手はどんな人? ~気の許せない相手との違い

気が置けないという表現も、本来の意味から間違って使われていることが多いような気がします。 ・彼

記事を読む

no image

お得情報は売る側がお得だということを、もう、お客様は知っている。

「アンケートだ、アンケートをとるのだ!アンケートにメールアドレスを書いてもらえ、そしたら後日、ごそー

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

「万障お繰り合わせの上」という表現は招待するときや目上の方、お客様に使うのは失礼なのか?

招待状やDM、あるいは出席を求める呼びかけの文章に「万障お繰り合わせの上、ご参加ください」といった表

記事を読む

「潮時(しおどき)」という言葉の誤用に注意!正しい意味を知るのは、いまが潮時だ!

漁![/caption] 寄せられた期待に期待以上のものを返していくのがプロ。それが叶わなか

記事を読む

なぜ「情けは人のためならず」は正しく使われるようになった? ~反対の意味になる諺は何?

「情けは人のためならず」の正しい意味はひとに対して情けをかけていけば、まわりまわって、自分に戻ってく

記事を読む

「ご査収ください」の意味 ~「ご査収ください」はメールでは使わない方が無難

ビジネスレターやメールでよく使う「ご査収ください」という言葉ですが、本来の意味を送り手・受け手の双方

記事を読む

「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足らない」。どちらの表現もよく見

記事を読む

「うがった見方」とは? ~「穿つ(うがつ)」の誤用と正しい意味と

「君はうがった見方ばかりをするね、素直じゃない」 「うがった」「穿つ(うがつ)」という言葉は、

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑