*

「混ぜる」と「交ぜる」の違いと使い分けを「さんずい」で覚える!

「絵の具をまぜる」「女の子のグループに男の子が一人まざっている」など「混ぜる」と「交ぜる」という漢字の違いと使い分けも混乱しやすいものです。今回は「混ぜる」と「交ぜる」の使い分けと、どっちがどうだったかを簡単に思い出す方法をご紹介します。

「混ぜる」と「交ぜる」の区別について

enogu

「混ぜる」と「交ぜる」の意味の区別をまとめてみましょう。

「混ぜる」は別々のものを一緒にしたとき、元のものが区別できない
「交ぜる」は別々のものを一緒にしたとき、それぞれ後から見分けがつく

「混ぜる」「交ぜる」はどちらも別々のものを一緒にすることですが、混ぜるは後で区別がつかないのに対して交ぜるは後からでも区別ができる場合に使います。冒頭の絵の具は、後から区別がつかないので混ぜるを使います。女の子と男の子は大抵の場合は見分けがつきやすいと考えられるので交ぜるを使うのが正解です。

「コーヒーにミルクを混ぜる」「白髪が交じる」「雑音が混じる」「カードを交ぜる」など、それぞれ、一つになったあと、区別(分解)が出来るかどうかイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

「混ぜる」と「交ぜる」の違いの覚え方

AとBの二つの区別を覚えるときは、それぞれの意味を覚えるよりも、どちらか一方だけを印象に残しておけばもう片方の意味は自ずと導かれます。「混ぜる」と「交ぜる」の場合は「混ぜる」の水偏(さんずい)を意識しておけばわかりやすいですね。

「混ぜる」の水偏(さんずい)は水を表す。水のなかに違う液体が混ざってしまうと区別がつかなくなるので、「混ぜた」後は区別がつかなくなると覚える

水のなかにお茶を混ぜてしまうと、後から水とお茶の区別がつきにくくなります。水偏(さんずい)は水、混ぜたあとは区別がつかないと覚えておくと、もう一方の「交ぜる」は区別がつくものであると思い出すことができますね。

「交ざる」という字はひとが足を交差する象形文字

「交ざる」の「交」という字は、ひとが足を交差している象形文字(かたちを由来とする文字)。右足と左足がクロスしていても、それぞれの区別がつかなくなるわけではありません。このことからも「交」という字には、一つになったあともそれぞれの形が残っていることがわかります。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます。「遊興費」という言葉、会話で

記事を読む

美魔女になった姥桜(うばざくら) ~綺麗な女性のための言葉

桜![/caption] OLという言葉を定着させたのは週刊誌の「女性自身」なのだそうです。

記事を読む

マクドナルドのドライブスルーに求めるもの 〜お客さんは何を期待しているか

商品やサービスに対する期待値を上げることは大切。たとえばお店の外観、メニュー、パッケージ。それらすべ

記事を読む

no image

【差別化の勘違い】対価を得る以上、お役に立つのは当たり前で。

売り気のある言葉は下心と同じですよー、というお話を先日いたしました。 「余計なお世話じゃ!」

記事を読む

no image

毛布には挑むのではなく。

犬派の西端です。 猫を飼っている人は、部屋の出入りがしやすいようにドアを完全には閉めずに隙間を作っ

記事を読む

no image

好評につき延長、を、繰り返す不誠実。

こんなことも知らないんですかぁ? あははー、遅れてますねぇ、ダメダメですねぇ。 ・・・なんてこ

記事を読む

「黄昏れる」の本来の意味とは ~夕陽の美しい島根県立美術館の閉館時間、ご存知でした?

夕暮れ時、海岸。物思いな顔をした友人に「何を黄昏れてるのー?」なんて話しかけたこともあるのではないで

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

扁桃腺の「扁桃」の由来

疲れがたまってくると扁桃炎に。最近ずっと不調だった喉が爆発して、今日は大人しく寝込んでいます。割り切

記事を読む

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」の誤用と正しい意味と ~おっとりしてません!

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」という表現を「ゆっくり落ち着いて行く」という意味で考えて

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑