*

「号泣」の誤用と本当の意味 ~映画館で号泣したら怒られます

犬が大好きなのですが、犬の出てくる映画は予告編で涙が止まらなくなってしまいます。

dogs

南極物語はそれこそ「号泣」しましたが、今日は何故映画館で号泣してしまうと怒られるのか、その理由についてご紹介します。

号泣の「号」の字の意味? ~誤用の多い号泣

号泣の「号」という字を使う熟語には「号令・呼号・怒号」などがありますね。号のつく熟語に共通しているのは大声を上げるということがわかります。

号泣の「号」には大声を上げるという意味があるので、号泣とは大声を上げて泣くことを表す

「号泣」とは大声を上げて泣くこと。単に涙が止まらない状態を表すのではなく、声を出して泣くことを言いますので「映画館で号泣した」のであれば、これは周囲の人に迷惑をかけて怒られてしまうことになりますね。

「声を押し殺して号泣した」「周りにばれないように号泣する」という表現をされることがありますが、これらの表現は誤りであるということがわかります。

「大声を上げて号泣した」という表現は誤りか?

それでは「大声を上げて号泣した」という表現はどうでしょうか。

上述した通り、号泣そのものに「大声を上げて泣く」という意味があり、大声を上げて号泣したと書いてしまうと意味が重複してしまうことになります。一部の重複表現は慣用句として認められてきていますが、「大声を上げて号泣した」という表現を認める動きは今のところないようです。

平成22年に行われた国語に関する世論調査では、この号泣という言葉の意味を半数近くの人が「激しく泣く」という意味で覚えていて、本来の「大声を上げて泣く」という意味で理解している人を大きく上回りました。

文化庁 | 文化庁月報 | 連載 「言葉のQ&A」
国語に関する世論調査 …

号泣するほどの悲しみ、心の痛み。大人になってからは愛別離苦によるものがほとんどですが、周囲の涙に心寄り添うことのできるようでありたいものです。

南極物語のタロとジロと大阪府堺市の大浜公園の不思議

南極物語のタロとジロ。その樺太犬たちを供養するために建立された樺太犬慰霊像が大阪府堺市の大浜公園にあります。


大きな地図で見る

この慰霊像は、まだ、タロとジロの生還判明前に建立されたもので、こんな不思議なエピソードがあるのだそうです。

犬への弔辞を述べていた観測隊員が、犬の名前を読み上げていて、13頭目で突然絶句した。どうしても残り2頭の名前を思い出せなかったのだという。やむを得ず、そのまま「やすらかに眠れ」と弔辞を結んだ。そして、その半年後にタロとジロの生存が確認されるのである。(『南極外史』1981年)

引用元:博物月報 – 南極観測犬タロ、ジロ生還50周年
[大浜公園]

まさに号泣してしまいそうな話ですね。犬たちの不思議、犬たちの強さ。マリリンに逢いたい南極物語は、何度観ても泣いてしまう素敵な作品なので、号泣したい方にオススメです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「御の字(おんのじ)」という言葉の誤用と正しい意味 ~満足だったのか、納得だったのか

「貸したお金の半分がようやく戻ってきた、まあいくらか返ってきただけでも御の字(おんのじ)だね」と御の

記事を読む

「ご賞味ください」は使ってはいけない言葉 ~「お召し上がりください」の意味と使い分け

飲食店や土産屋さんで「どうぞご賞味ください」と言いながらお客様に商品や試食品を提供している場面を見か

記事を読む

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます。「遊興費」という言葉、会話で

記事を読む

蜘蛛の巣!

「リンクを貼る」と「リンクを張る」、正しいのはどっち?

蜘蛛の巣![/caption] 蜘蛛の糸、巣。 鉛筆程度の太さの糸で作られた巣を用いれ

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

ツッコミを意識した言葉の選び方が会話を生み出す、その実践

新しいクラス、職場、組織。最初はお互いのことがよくわからないなかで、次第に自分の居場所を見つけていく

記事を読む

no image

金子哲雄さんの遺著「僕の死に方 エンディングダイアリー500日 」を読んで。

「トップに立って妬まれるより、5,6番手がいい」とは金子哲雄さんの言葉。ポジショニングを意識すれば、

記事を読む

「地獄の釜の蓋も開く」の意味 ~地獄に繋がる京都のお寺「六道珍皇寺」

正月の16日やお盆の16日は罪人を煮る地獄の釜の蓋も開きっぱなし。「地獄の釜の蓋も開く」とは、鬼たち

記事を読む

知識の受け売りをする人に多く見られる語尾の特徴

成功しているように見える誰かは、そこに至るまで、きっといろんな失敗をしてきたと思うのです。本当に何の

記事を読む

「混ぜる」と「交ぜる」の違いと使い分けを「さんずい」で覚える!

「絵の具をまぜる」「女の子のグループに男の子が一人まざっている」など「混ぜる」と「交ぜる」という漢字

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑