*

日本相撲協会の住所は日本人ならどうしても間違えやすい漢字であるという雑学

鞄と靴、なんて漢字はわかっていても一瞬では見分けられないことがあります。日本相撲協会の住所は、同じような理由で一番間違いやすい漢字であると言えるかも。今回はそんな雑学をお届けします。

日本相撲協会の住所が間違いやすい漢字である理由

国技館

日本相撲協会については説明の必要もないかと思います。

財団法人日本相撲協会(にほんすもうきょうかい、英語: Japan Sumo Association)は、大相撲興行の幕内最高優勝者に対して「摂政宮賜杯」(現在の天皇賜杯)を授与するために1925年に設立された財団法人(特例民法法人)である。公益法人としての法人格の取得及び維持のため、相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の保持を名目上の目的としている。

引用元:日本相撲協会 – Wikipedia

公益法人でありながら、営利的かつ職業的な相撲興行を行っている唯一の法人。色々な問題もありましたが、その歴史は江戸時代に遡り、相撲道の維持発展と国民の心身の向上に寄与することを目的として運営がなされています。余談ですが、風男塾の歌うRIKISHI-MANは大相撲の応援ソングとして認定されています。

ところでこの日本相撲協会の住所(国技館)は、日本人ならどうしても間違いやすい漢字であるということ、ご存知でしたでしょうか。

その理由はご覧いただいたらすぐにわかるかと思います。

日本相撲協会(国技館)の住所:
東京都墨田区横網1-3-28

日本相撲協会(国技館)の住所は東京都墨田区横網1-3-28。

この住所、声に出して読んでみてください。
東京都墨田区横網

もう一度。
東京都墨田区横網

いかがでしたでしょうか。

「とうきょうとすみだくよこづな」と読んでしまったのではないでしょうか?

日本相撲協会の住所は東京都墨田区横綱(よこづな)ではありません

「綱」(つな)という字と「網」(あみ)という字は似ている上に、「相撲」というイメージがあるので、どうしても「横綱(よこづな)」と読んで(書いて)しまいそうになりますが、これは誤り。日本相撲協会のある住所の正しい読み方は東京都墨田区横網(とうきょうとすみだくよこあみ)となります。

これは日本人ならどうしても間違いやすい漢字であるといえますよね。相撲や東京の地理に詳しい方であればいざ知らず、馴染みの薄い人間にとってはどうしても誤読しやすいものです。会話やクイズのネタとして知っておくと面白いかもしれません。雑学ネタ、どうぞご活用くださいませ。





関連記事

iPhoneで豆本を作る方法 ~小窓文庫さんの作品とページが素敵

紙には紙の良さ、電子書籍にはない温もり、開く感動、渡す喜び。 たくさんの人の目に触れる機会を作

記事を読む

誤用や避けるべき表現をチェックしてくれる無料校正サービス「日本語文章校正ツール」

どれだけ知識のある人が書いた日本語の文章でも、思い込みやうっかりミスで不適切な表現になってしまうこと

記事を読む

「御の字(おんのじ)」という言葉の誤用と正しい意味 ~満足だったのか、納得だったのか

「貸したお金の半分がようやく戻ってきた、まあいくらか返ってきただけでも御の字(おんのじ)だね」と御の

記事を読む

iPhoneを防水加工してくれるお店、ケースをまとめてみました ~海水浴や入浴でも大丈夫!

防水iPhone![/caption] iPhoneやスマホを防水加工してくれるケース・お店

記事を読む

雪は音もなく降るのに「雪やこんこ霰(あられ)やこんこ」と歌になっている理由は何故か

日本の童謡『雪』。この歌の「雪やこんこ霰(あられ)やこんこ」という歌い出しは馴染みが深いところですが

記事を読む

no image

アドレス帳のなかで見つける価値 ― 与えるということ。

誰でも応援したくなるような人には共通して、教科書も計算機もなく、自分の身近な人がこうなってほしいとい

記事を読む

暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならないその理由

賞状や証書の類を見ていると、その文面に句読点のないことに気がつきます。 日本語には元々

記事を読む

アスベストによる健康被害救済金を、この時期みんなで負担しているという事実

7月10日が期限の「労働保険概算・増加概算・確定保険料」の申告をしてきました。労働保険という

記事を読む

「活を入れる」か「喝を入れる」か ~入るのは活、出すのは喝!

京都南禅寺![/caption] 日曜日の朝の旋律。 サンデーモーニングという番組に流

記事を読む

2018年の松の内はいつまで ~関西と関東で異なる「松の内」の期間と「寒中見舞い」を送る時期と

正月の松飾をしておく期間のことを松の内といいますが、地域によって、その期間は異なるようです。

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑