*

日本相撲協会の住所は日本人ならどうしても間違えやすい漢字であるという雑学

鞄と靴、なんて漢字はわかっていても一瞬では見分けられないことがあります。日本相撲協会の住所は、同じような理由で一番間違いやすい漢字であると言えるかも。今回はそんな雑学をお届けします。

日本相撲協会の住所が間違いやすい漢字である理由

国技館

日本相撲協会については説明の必要もないかと思います。

財団法人日本相撲協会(にほんすもうきょうかい、英語: Japan Sumo Association)は、大相撲興行の幕内最高優勝者に対して「摂政宮賜杯」(現在の天皇賜杯)を授与するために1925年に設立された財団法人(特例民法法人)である。公益法人としての法人格の取得及び維持のため、相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の保持を名目上の目的としている。

引用元:日本相撲協会 – Wikipedia

公益法人でありながら、営利的かつ職業的な相撲興行を行っている唯一の法人。色々な問題もありましたが、その歴史は江戸時代に遡り、相撲道の維持発展と国民の心身の向上に寄与することを目的として運営がなされています。余談ですが、風男塾の歌うRIKISHI-MANは大相撲の応援ソングとして認定されています。

ところでこの日本相撲協会の住所(国技館)は、日本人ならどうしても間違いやすい漢字であるということ、ご存知でしたでしょうか。

その理由はご覧いただいたらすぐにわかるかと思います。

日本相撲協会(国技館)の住所:
東京都墨田区横網1-3-28

日本相撲協会(国技館)の住所は東京都墨田区横網1-3-28。

この住所、声に出して読んでみてください。
東京都墨田区横網

もう一度。
東京都墨田区横網

いかがでしたでしょうか。

「とうきょうとすみだくよこづな」と読んでしまったのではないでしょうか?

日本相撲協会の住所は東京都墨田区横綱(よこづな)ではありません

「綱」(つな)という字と「網」(あみ)という字は似ている上に、「相撲」というイメージがあるので、どうしても「横綱(よこづな)」と読んで(書いて)しまいそうになりますが、これは誤り。日本相撲協会のある住所の正しい読み方は東京都墨田区横網(とうきょうとすみだくよこあみ)となります。

これは日本人ならどうしても間違いやすい漢字であるといえますよね。相撲や東京の地理に詳しい方であればいざ知らず、馴染みの薄い人間にとってはどうしても誤読しやすいものです。会話やクイズのネタとして知っておくと面白いかもしれません。雑学ネタ、どうぞご活用くださいませ。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

雪は音もなく降るのに「雪やこんこ霰(あられ)やこんこ」と歌になっている理由は何故か

日本の童謡『雪』。この歌の「雪やこんこ霰(あられ)やこんこ」という歌い出しは馴染みが深いところですが

記事を読む

fukuro

祝儀袋と不祝儀袋(香典袋)の折り方はどちらが上でどちらが下か

祝儀袋や不祝儀袋(香典袋)についていた水引きを外してお金を入れる、自分の名前を書く。そうして元の形に

記事を読む

no image

暗殺教室(5巻)、出てますよー。

いま、一番楽しみにしていると言っても過言ではない漫画。殺せんせーの温かいキャラクターが大好き。単なる

記事を読む

no image

ラーメン屋さんの入口で、僕の背後霊を数えられたら。

病院にて。 「さ、今日はどこ診察させてもらいまひょかー?」と、言われるのと、 「お、顔色悪

記事を読む

土用の丑の日 ~ウナギが関東は背開き、関西は腹開きである理由

ウナギ![/caption] 土用の丑の日に食べる鰻。最近ニホンウナギの極度の不漁により、環

記事を読む

「粗品」「つまらないものですが」という言葉は使わないほうがいいのか? ~選んで贈る緊張に

贈り物をするときに「粗品(そしな)ではございますが」と言いながら渡すことが多いのではないかと思います

記事を読む

陳謝と謝罪の違いと使い分け ~泣いて謝るだけでは陳謝(ちんしゃ)とは言わない?

国会議員の国会での答弁や質問、記者会見が行われるたびに「遺憾に思う」「遺憾の意」に謝罪の意味は含まれ

記事を読む

他を蔑むことが差別化なのだとすれば。

自分の父も商売人でした。 決して他のお店や、誰か他の人の悪口を言うこともありませんでした。自分

記事を読む

「一段落(いちだんらく)」の誤読に注意 ~「ひとだんらく」と読んでいませんか?

「作業が一段落したら休憩しよう」という風に使われる「一段落」。誤読されることの多い漢字なので、しっか

記事を読む

050番号が無料でもらえるIP電話「FUSION IP-Phone SMART」正式開始!

楽天グループフュージョン・コミュニケーションズが行うスマホ向け月額基本料0円のIP電話サービ

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑