*

日本語の雑学! 一から十までを声に出して読むときに起こる不思議現象とは?

円滑なコミュニケーションを行うために、ちょっとした雑学やクイズは有効的ですね。今日は是非、皆さんにまず声に出していただき、その後、周囲の人の反応を確かめてほしい日本語の読み方に関する雑学をお届けします。

一(いち)から十(じゅう)まで、声に出して読んでみてください

number

1、2、3、4、5、
6、7、8、9、10

この数字を順に、1(いち)から10(じゅう)まで読んでみてください。「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう」になりましたでしょうか? 

地域によって読み方やイントネーションが多少異なることもあるかもしれませんが、ほとんどの方はこの通りの読み方になったのではないかと思います。では、次。

十(じゅう)から一(いち)まで、声に出して読んでみてください

10、9、8、7、6、
5、4、3、2、1

今度は逆に、10(じゅう)から1(いち)まで声に出して、先ほどの読み方と比較してみてください。さて、何かお気づきになりましたでしょうか。「じゅう、きゅう、はち、なな、ろく、ご、よん、さん、に、いち」と、「7(なな)」と「4(よん)」だけ先ほどとは違う読み方なっていたのではないでしょうか。同じ数字なのに、昇順と降順が入れ替わるだけで読み方を勝手に変化させてしまう。こういう風に読むようにと教えられたわけでもないのに、実に不思議な現象ですよね。

降順のときに7の読み方が「なな」になるのは、その先にある「1(いち)」との区別を無意識に行っているという考え方もありますが、その理由は定かではありません。皆さんの周囲ではいかがでしょうか? 日本語のちょっと不思議な話でした。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

カタカナを日本語にするだけで得られるコミュニケーションの効果

iPhoneの無料アプリ「サラリーマン川柳」で想像力のトレーニングをする!では上手な文章は引き算にな

記事を読む

「拝啓と敬具」「前略と草々」、ところで「拝啓」や「草々」の意味って何? ~手紙のマナー

手紙には色々なマナーがあります。「拝啓」で始まれば「敬具」で結ぶ、そして「前略」で始まって「草々」で

記事を読む

no image

ラーメン屋さんの入口で、僕の背後霊を数えられたら。

病院にて。 「さ、今日はどこ診察させてもらいまひょかー?」と、言われるのと、 「お、顔色悪

記事を読む

no image

質問は、相手の心に自分を置くということ。

これからもお願いしますは自分に関心を向ける言葉。 これからも楽しみにしていますは相手に

記事を読む

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意

年賀状には句読点を用いてはならないという記事を以前書きましたが、今回は「去年」という言葉を使ってはい

記事を読む

fukuro

祝儀袋と不祝儀袋(香典袋)の折り方はどちらが上でどちらが下か

祝儀袋や不祝儀袋(香典袋)についていた水引きを外してお金を入れる、自分の名前を書く。そうして元の形に

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い

結婚式でピアノの演奏を頼まれたことがあります。 ピアノ演奏[/caption] 演奏直

記事を読む

no image

主張のなかの「ありがとう」に、人の器を見た。

「自分はこんなにすごいんですよ、自分はこんなに頑張ったんですよ」 そんな風に伝えたくなるようなとき

記事を読む

雪は音もなく降るのに「雪やこんこ霰(あられ)やこんこ」と歌になっている理由は何故か

日本の童謡『雪』。この歌の「雪やこんこ霰(あられ)やこんこ」という歌い出しは馴染みが深いところですが

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑