*

「破天荒」の誤用と正しい意味と ~実は褒め言葉だった「破天荒」

公開日: : 140文字で変わる表現力 ,

破天荒という漢字のイメージから「めちゃくちゃ」「豪快」「型破りである」という否定的な意味合いで使われることが多いようですが、実は全て誤用。「破天荒」という言葉の正しい意味についてまとめてみます。

「破天荒」の正しい意味 ~否定的な意味はなく、褒め言葉である

stadium

破天荒には「乱暴」「豪快」といった強引に物事を推し進める意味はありません。

「破天荒」とは、今まで誰も成し得なかったことを行うこと
=前人未到の境地を切り開くこと

破天荒とは、今まで誰も成し得なかったことを行うこと。たとえば、まだ誰も登ったことのない山を登頂したとき、かつて名選手たちが作り上げてきた記録を上回ったとき、その偉業は称賛に値するものです。このように前人未到の境地を切り開き、その頂(いただき)に立つような行為のことを破天荒といいます。

「破天荒な記録」「破天荒な試み」「破天荒な会社経営」、これらはすべて、プラスの意味合いで名詞を修飾しています。「彼の経営手腕は破天荒で、倒産は間違いない」という書き方をよく見かけますが、これは誤りです。

破天荒の「天荒を破る」とは何か ~破天荒とはヒーローのこと

かつて中国で行われていた科挙という試験のことを「天荒」といい、その試験に、ある土地からはじめて合格した人間が現れたので「天荒を破った」と書くようになったと言われています。また、混沌とした状態、未開の地という意味としても天荒という言葉は使われ、その地を切り開いたという意味でも「破天荒」という言葉は成り立っていったとも考えられています。

いずれにしても、破天荒には事実や概念、前例の存在しない世界に向かって果敢に挑んでいき、見事にその大願を成就させた人間の姿が浮かぶのではないでしょうか。それはまさにヒーローそのもの。どちらかというと悪党や乱暴者の意味で使われてしまいがちですが、180度逆の意味があるということを確認しておきたいですね。

破天荒は6割以上の人が間違える言葉 ~パイオニア・前人未到という言葉を使えば無難

平成20年度に文化庁が行った国語に関する世論調査では、破天荒という言葉の意味を6割以上の人が誤って認識していました。

文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語に関する世論調査 | 平成20年度

破天荒という言葉はつまり、ほとんどの年代で誤った意味が一般化しつつあるということ。日本語は時代とともに変化していきますので、この誤用例が辞書に掲載されるのもそう遠くはないのかもしれません。ただ、「正しい意味を知る人」と「正しい意味を知らない人」の両方が存在する状況では、やはり正しい意味を知る側が知らない側に配慮をすることが好ましいのではないでしょうか。

「破天荒という言葉の使い方、誤っていますよ」と指摘して会話を気まずくしてしまうのではなく、前後の文脈から相手が本来の褒め言葉として使っているのか否定的な意味合いで使っているのかを察する、また、自分自身が使うときは相手を混乱させないよう「彼は前人未到のことをやってのけた」「彼はこの世界のパイオニアだ」と類語に置き換えてみる。この配慮こそが、表現力を学んでいく目的の一つであると私は考えています。

日本語の変化を否定せず、また、日本語を狩るのでもない。正しい知識は、相手に自分に優しくなるためのもの。いつもお願いしていることですが、コトバノでお伝えしている知識情報が皆さんの円滑なコミュニケーションの一助になれば幸いです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

続柄の正しい読み方は? ~叔父と伯父、叔母と伯母の違いについて

犬も家族![/caption] 阪神淡路大震災後、神戸では「ペットのしつけ」への意識が高まり

記事を読む

「御社」と「貴社」の違いと使い分け ~就活のときに覚えたルールで大丈夫? 履歴書のコツとは?

就職や転職活動のときに履歴書を書いて送るのは一般的。応募先企業のことは「御社」か「貴社」か、どちらで

記事を読む

台風の当たり年なんて100%あり得ないその理由

台風の上陸って、北海道・本州・四国・九州の本土の場合のみを言うのだそうです。それ以外の島々については

記事を読む

dogeza

「不徳の致すところ」の意味と使い方 ~不徳がするからごめんなさい(謝罪)とは? ちゃんと謝罪の意味は含まれてるのか?

政治家や企業の不祥事、その謝罪の記者会見などで「不徳の致すところです」という表現をよく耳にします。「

記事を読む

no image

一台のピアノを5人で演奏するオトコたち、その表情と音色に惚れた!

文字で表すこと、沈黙をすることも表現の一つ。 で、あれば。 楽器を奏でる表情や、その音色で誰

記事を読む

「大地震」「大震災」「大災害」 ~正しい読み方は「おおじしん」か「だいじしん」か?

「阪神淡路大震災」という表記の仕方だと、「大阪~神戸~淡路島」の被害が甚大で、明石は被害がなかったよ

記事を読む

配布と配付の違い ~答案用紙を配るときに使うのは?

テスト![/caption] 参議院選挙が近づいてきました。 参院選:道選管、選挙公報

記事を読む

「T字路」と「丁字路」、正しいのはどっち? ~ワイシャツのワイは「Y」ではなかった!

Tシャツ![/caption] その形が「Y」の字に見えるからワイシャツだと思っていたのです

記事を読む

syuuha

政治の世界のニュースでよく使われる「秋波を送る」の意味と読み方、由来について

政治の世界のニュースでは、よく「秋波を送る」という表現が使われます。 「議員のAさんは若い世代

記事を読む

waraji

「二足の草鞋(わらじ)を履く」の意味と誤用と ~否定的な印象を抱かれないようにする複業時代の自己紹介のコツ

働き方革命が進み、副業(複業)を認める会社も増えてきました。 たとえば昼間は会社勤め、夕方から

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑