*

「欲張りメニュー」という言葉の使い方に注意! ~「欲張り」と「貪欲」の違い

公開日: : 最終更新日:2014/03/20 140文字で変わる経営, 140文字で変わる表現力 ,

レストランのメニューを眺めていてもなかなか決めることが出来ない優柔不断な自分にとって、「欲張りコース」「欲張りメニュー」というアレもコレも盛られた商品はとても魅力的なものに感じられます。ところでこの「欲張り」という言葉の意味、実はお客様に向けて使うのは失礼になる可能性があるので注意が必要です。

「欲張り」という言葉は悪い意味だった

menu

「欲張り」という言葉は、今では「欲張りさんだなぁ」「もう欲張りなんだから」などと冗談めかした口調で使われるようになってきていますが、元々は相手に対して使うと不遜な意味合いになってしまう言葉でした。

「欲張り」とは「欲が深い」という悪い意味
→「がめつい」と同意である

「欲張り」とは「欲が深い」という悪い意味で使われる言葉、「がめつい」という言葉と同意であると知っておくと、お客様に使うべきメニュー名として「欲張りランチ」「欲張りコース」などといった表現が適切でないことはご理解いただけるかと思います。

「がめつい」という言葉自体のニュアンスは感じ取っていただけると思いますが、「ケチ」「利に執着するさま」「利益に抜け目がない」などの意味があります。「欲張りコース」という言葉を直訳すると「利益に執着するどうしようもないケチなあなたのためのコース」なんて意味になってしまう可能性も!? 「欲張り」という言葉自体が一般的に使用されるようになっていますので、さすがにこんな極端な印象を与える可能性は稀でしょうが、心に留めておきたい言葉の一つではあります。

「欲張り」と「貪欲」の違い、使い分けについて

「欲張り」という言葉は「欲が深い」という悪いニュアンスを持つ言葉でした。似た言葉で「貪欲」という言葉がありますが、欲張りとは違って貪欲は良い意味でも使われることがあります

「貪欲に知識を吸収する」「勉強会に参加する彼は、貪欲にインプットを積み重ねていった」など、プラスの意味合いのものを自分の知識や財産として得ていこうとする姿勢を表現するときに、この「貪欲」という言葉は用いられますね。「欲張り」は相手に対して使うと不遜で否定的な意味、「貪欲」は否定的な意味の場合にも肯定的な意味の場合にも用いられることを覚えておくと良いでしょう。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「存じ上げております」と「存じております」という言葉の使い分けについて ~「ご存じ」の色々

「存ずる」という言葉は「思う、考える」「知る、承知する」意の謙譲語。「こちらの服の方がお似合いかと存

記事を読む

「弊社社長が逝去いたしました」という言葉を使ってはいけない理由

仏像![/caption] 「死」は忌み嫌うべき言葉で、直接的な表現は避けるべきとされてきま

記事を読む

「彼は涼しい顔をしている」という表現に注意 ~「涼しい顔」の誤用と正しい意味と

「皆が怒られていても、彼だけは涼しい顔をしている」「彼女はどれだけ罵倒されても涼しい顔だ」と、涼しい

記事を読む

「失笑」と「爆笑」の笑い方の違いについて ~誤用の多い失笑と爆笑の正しい意味は

「笑いを失う」と書くため「失笑」の意味を「笑いも出ないくらいに呆れる」「あざ笑う」と考えてしまうこと

記事を読む

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け

多忙[/caption] 「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理

記事を読む

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

kagetsu

「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は、「みかんの収穫がもっとも忙し

記事を読む

「やさぐれ」に「投げやりになる」という意味はなかった! やさぐれぱんだで覚える「やさぐれ」の意味と由来

やさぐれぱんだという漫画が流行したことがありますが、この「やさぐれ」という言葉には「投げやりになる」

記事を読む

暑中見舞いと残暑見舞いを送る時期 ~「お身体ご自愛ください」は使わない!

この記事をエントリーしている6月15日は、暑中見舞いの日なのだそうです。昭和25年に郵政省が暑中見舞

記事を読む

「謹んでお詫びいたします」か「慎んでお詫びいたします」か!? ~謹むと慎むの違いについて

新聞[/caption] 新聞の購読部数が減っていることはみなさんもご存知かと思います。また

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑