*

「煮え湯を飲まされる」の誤用と正しい意味と ~誰に煮え湯を飲まされるのか

「ライバルに煮え湯を飲まされた」という風に、相手からひどい目に遭わされる、悔しい思いにさせられるという意味で「煮え湯を飲まされる」を使うのは誤用。若い世代を中心に「煮え湯を飲まされる」を誤った意味で使う人たちが増えてきているようです。

「煮え湯を飲まされる」の正しい意味は

hot

「煮え湯を飲まされる」という表現は、誰に煮え湯を飲まされるのかというのがポイントになります。

「煮え湯を飲まされる」とは、信頼している相手や身内から裏切られること。敵やライバルにひどい目に遭わされるという意味ではない。

「煮え湯を飲まされる」の正しい意味は、信頼している相手や身内から裏切られること。他の諺でいうと「飼い犬に手を噛まれる」と同じ意味になります。

差し出されたものが水だと信じていたのに、それが煮えたぎったお湯だった。たとえば敵から差し出されたものであれば、それは本当に水だろうかと疑ってかかることでしょう。水以外のものであるはずがないと信じて口にしたところ、煮え湯だった。差し出されたものに何の疑いも持たない相手、それは普段から信頼している存在であるということ。言葉の意味に迷ったら「敵に手渡された水を、水だと信じて飲むだろうか」と思い出せば良いでしょう。

文化庁の調査でも「煮え湯を飲まされる」は誤って使われていることが多いとわかった

文化庁の国語に関する世論調査でも「煮え湯を飲まされる」という表現が、若い世代を中心に誤用されてきていることがわかります。

文化庁 | 文化庁月報 | 連載 「言葉のQ&A」

平成23年度の国語に関する世論調査では、全体の2割程度の人が「敵からひどい目に遭わされる」という誤った意味で「煮え湯を飲まされる」を使っていることがわかります。20代になると4割以上の人が誤用、または正しい意味を知らないと回答しています。言葉は変化していくもの、「煮え湯を飲まされる」の誤用例もいつかは意味の一つとして容認されていくときが訪れるかもしれませんが、いまのところ、この誤用例を掲載している辞書などはないようです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「世間ずれ」の意味と誤用 ~「世間ずれ」の反対語は「世間知らず」

「彼は世間ずれしている」「彼女は世間ずれしていないよね」という表現が、誤った意味で使われることが増え

記事を読む

jyugyou

「べき」を文末に使うのは誤り ~「あなたは毎日努力するべき」という使い方をしていませんか?

古文の授業でならった「べし」という言葉は、今日でも、意志や教訓を表す文章に用いられることがよくありま

記事を読む

「ご査収ください」の意味 ~「ご査収ください」はメールでは使わない方が無難

ビジネスレターやメールでよく使う「ご査収ください」という言葉ですが、本来の意味を送り手・受け手の双方

記事を読む

no image

お得情報は売る側がお得だということを、もう、お客様は知っている。

「アンケートだ、アンケートをとるのだ!アンケートにメールアドレスを書いてもらえ、そしたら後日、ごそー

記事を読む

上旬中旬下旬の由来となった「旬間・旬(じゅんかん・じゅん)」の意味について

「交通安全週間」という言葉は運転をされる人にとって馴染み深い言葉のような気がしますが、春先に行われる

記事を読む

dogeza

「不徳の致すところ」の意味と使い方 ~不徳がするからごめんなさい(謝罪)とは? ちゃんと謝罪の意味は含まれてるのか?

政治家や企業の不祥事、その謝罪の記者会見などで「不徳の致すところです」という表現をよく耳にします。「

記事を読む

命あっての物種 ~「命あってのものだね」は諺だった

「早く秋になってほしいものだね」という表現には何の説明も必要ないと思いますが、「命あってのものだね」

記事を読む

俳句と川柳の違いとは ~行間を想像させるスキルを磨く川柳

短歌と川柳とマカロニとというブログも始めました@bataです。どうか川柳ブログもお付き合いいただけま

記事を読む

「苦渋を味わう」「苦渋をなめる」「苦汁をなめる」「苦汁を味わう」の誤用と正しい使い方

「苦渋」も「苦汁」もどちらも「くじゅう」と読むため、会話で使う限りはその後に続くのが「味わう」でも「

記事を読む

「やさぐれ」に「投げやりになる」という意味はなかった! やさぐれぱんだで覚える「やさぐれ」の意味と由来

やさぐれぱんだという漫画が流行したことがありますが、この「やさぐれ」という言葉には「投げやりになる」

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑