*

「恐れ入りますが」と「差し支えなければ」の意味の違いと使い分け ~クッション言葉とは

相手に何かを依頼するとき「恐れ入りますが(おそれいりますが)」「差し支えなければ(さしつかえなければ)」という言葉を用います。「恐れ入りますが」と「差し支えなければ」の使い分けについて整理しておきましょう。

「恐れ入りますが」と「差し支えなければ」の使い分け

shakehands

「恐れ入りますが」「差し支えなければ」という言葉は、直接何かをお願いするよりも印象を柔らかくする効果があります。

「恐れ入りますが」は、相手にある程度の強制力がある。
「差し支えなければ」は、相手は断ってもいい。

「恐れ入りますが」はへりくだった表現ですが、実際は相手にある程度の強制をしています。一方、「差し支えなければ」の場合は相手は断ってもかまいません

たとえば「恐れ入りますが、こちらではお煙草をご遠慮願っております」という表現。これは「ここでは煙草を吸うな」という禁止の意味を「恐れ入りますが」というクッション言葉を用いることで相手の気分を害さないようにお願いしています。また「差し支えなければ、アンケートにご記入くださいませんか」という表現の場合は、相手にYESとNOの選択の余地を与えていることがわかりますね。

依頼する相手に断る権利があるかどうかが「恐れ入りますが」「差し支えなければ」を使い分けるポイントであると言えるでしょう。

クッション言葉とは何か

「やってくれ」「お断りします」「それは違うと思います」など、依頼や断り、相手の意見に対して異を唱える場合にストレートすぎる表現は相手に不愉快な感情を抱かせてしまうことがあります。

クッション言葉とは相手の立場を重んじて心遣いを示すソフトな表現のこと。上手に使うことで、相手との信頼関係をより強化していくことができます。

クッション言葉の例:

恐れ入りますが
差し支えなければ
あいにくですが
今よろしいですか?
失礼ですが
お手数をおかけしますが
早速ですが
せっかくですが
申し上げにくいのですが
もしよろしければ
ご迷惑をおかけしますが
申し訳ございませんが
できましたら

クッション言葉は、お互いがその言葉の行間にある意図を理解できるという前提で用いるもの。これらの表現のニュアンスを相手が理解していない場合に使っても意味がありません、また、使いすぎてしまうこともかえって嫌味になってしまう可能性があります。

相手との円滑なコミュニケーション、信頼関係の強化のために用いるクッション言葉であるにも関わらず、「本音の見えない人だなぁ」と相手にマイナスの印象を与えてしまっては本末転倒。マニュアル的にこれらの言葉を使うのではなく、相手の気持ちを不快にさせないという優しさの延長にクッション言葉を用いるようでありたいですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

omiyage

お裾分け(おすそわけ)の意味と使い方、誤用について ~目上の人に「おすそ分け」って使っていいの?~

「旅行に行ってお土産を買ってきましたので、これ、おすそ分けです」「田舎からたくさん果物が送られてきま

記事を読む

no image

毛布には挑むのではなく。

犬派の西端です。 猫を飼っている人は、部屋の出入りがしやすいようにドアを完全には閉めずに隙間を作っ

記事を読む

「拝見させていただきました」という敬語表現、間違って使っていませんか?

上司や先輩、お客様から「これ確認しておいてくれる?」「よかったら読んでおいて」と書類や書籍を渡される

記事を読む

「海千山千(うみせんやません)」という言葉の意味と誤用に注意! ~褒めるつもりで使うと?

海千山千(うみせんやません)という言葉があります。「社長は海千山千でいらっしゃいますから、さすがです

記事を読む

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

「怖い」と「恐い」の違いを「幽霊」と「お化け」の違いで覚える ~お墓にお化けの出ない理由

幽霊とお化けの違いってご存知ですか? 幽霊は亡くなった人の霊魂 お化けは人以外の物や

記事を読む

no image

質問は、相手の心に自分を置くということ。

これからもお願いしますは自分に関心を向ける言葉。 これからも楽しみにしていますは相手に

記事を読む

no image

好評につき延長、を、繰り返す不誠実。

こんなことも知らないんですかぁ? あははー、遅れてますねぇ、ダメダメですねぇ。 ・・・なんてこ

記事を読む

暑中見舞いと残暑見舞いを送る時期 ~「お身体ご自愛ください」は使わない!

この記事をエントリーしている6月15日は、暑中見舞いの日なのだそうです。昭和25年に郵政省が暑中見舞

記事を読む

上旬中旬下旬の由来となった「旬間・旬(じゅんかん・じゅん)」の意味について

「交通安全週間」という言葉は運転をされる人にとって馴染み深い言葉のような気がしますが、春先に行われる

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑