*

忸怩たる思い(じくじたるおもい)ってどんな意味? ~忸怩の誤用で忸怩たる思い

「忸怩たる思い(じくじたるおもい)」という言葉の響きって独特ですよね。

「さわり」を感じで書くと「触り」。触れるという語感から「深く突っ込むのではなく、最初の部分だけさらっと触れる」と捉えられることが多いようですね。

引用元:「話のさわり(触り)」の誤用と正しい意味と ~最初の部分という意味ではない「さわり」 | コトバノ

言葉の響き、語感から意味を誤用してしまうことが多いということは以前「話のさわり(触り)」でも話題にしましたが、「ぐじぐじとする、ぐじぐじと悩む」と音の響きが似ているためか、この「忸怩たる思い(じくじたるおもい)」という言葉の意味を「ぐじぐじ悩む」と誤用しているケースが多くみられます。また、他の行いに対して腹立たしいという用いるのも誤用です。

「忸怩たる思い」とは「ぐじぐじ悩む」意味ではない

kangaeru-

「忸怩たる思い(じくじたるおもい)」と「ぐじぐじ悩む」。音の響きが似ていますが、意味は異なります。

「忸怩たる思い(じくじたるおもい)」とは「深く反省して恥ずかしいと思っている様子」のこと

「忸怩たる思い(じくじたるおもい)」とは「深く反省して恥ずかしいと思っている様子」をいいます。明鏡国語辞典第2版では「このような事態を招き、内心忸怩たるものがある」「力及ばず、忸怩たる思いだ」を用例としてあげていますね。

じくじたるという音の響きだけを聞いていると「ぐじぐじする」「腹立たしい」というイメージを膨らませてしまいますが、実際には「恥ずかしい」という意味で用いるのが正解です。言葉は時代によって変化もしますが、忸怩たるを「恥ずかしい」以外の用例で認める辞書はまだ存在しません。

忸怩たる思いを「腹立たしい」と誤用しないように

繰り返しになりますが「忸怩たる(じくじたる)」という言葉は「恥ずかしい」という意味。明鏡国語辞典第2版では使ってはいけない文例として「×連日報道される汚職事件に忸怩たる思いだ」をあげています。

私たちは、この「忸怩たる」という言葉を日常的に用いることはあまりないかもしれません。しかし改まった場や文書などで使うときに「悩む」「腹立たしい」と誤用してしまうと、かえって恥ずかしい思いをしてしまうことになりかねません。役所からの発表や政治家のスピーチなどで耳にすることの多いこの表現、使い慣れない言葉だからこそ、耳にするたび、本来の意味にあった使い方をしているかどうか確認するようにしておきたいものです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

領収書や請求書、手紙やメール、FAXに(株)や(有)という省略形は失礼なので使ってはいけない

うちの会社宛に送ってこられる請求書や手紙などには、株式会社や有限会社を省略した(株)や(有)といった

記事を読む

「下さい」と「ください」の意味の違いと使い分け ~英語にすると区別しやすい!

「神戸のコピーライターです、言葉や表現のお仕事がありましたらご用命ください」と書くとき、この「くださ

記事を読む

「彼は涼しい顔をしている」という表現に注意 ~「涼しい顔」の誤用と正しい意味と

「皆が怒られていても、彼だけは涼しい顔をしている」「彼女はどれだけ罵倒されても涼しい顔だ」と、涼しい

記事を読む

「活を入れる」か「喝を入れる」か ~入るのは活、出すのは喝!

京都南禅寺![/caption] 日曜日の朝の旋律。 サンデーモーニングという番組に流

記事を読む

「一時雨」と「時々雨」、「のち雨」の違いは何か ~天気予報の当たる確率

傘[/caption] 雨、続く関西。体調を崩している方もたくさん。低気圧が近づくとうちの熱

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

牧師と神父の違い ~プロテスタントとカトリックの区別

宗教的な区別、違いの言及は誤解を招いてしまう可能性があります。 コトバノでお伝えすることは、あ

記事を読む

「T字路」と「丁字路」、正しいのはどっち? ~ワイシャツのワイは「Y」ではなかった!

Tシャツ![/caption] その形が「Y」の字に見えるからワイシャツだと思っていたのです

記事を読む

「探す」と「捜す」の意味の違いと使い分けについて ~さがしたいものが見えているかどうか

「探す」と「捜す」という言葉は、どちらも読み方が同じであるため、その意味の違いと使い分けが紛らわしい

記事を読む

「一段落(いちだんらく)」の誤読に注意 ~「ひとだんらく」と読んでいませんか?

「作業が一段落したら休憩しよう」という風に使われる「一段落」。誤読されることの多い漢字なので、しっか

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑