*

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」の誤用と正しい意味と ~おっとりしてません!

公開日: : 最終更新日:2014/10/09 140文字で変わる表現力 , , ,

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」という表現を「ゆっくり落ち着いて行く」という意味で考えてしまうと誤用。「おっとり」という言葉は「ゆったり」「ゆっくり」「落ち着いている」という意味を持つ副詞ですが、「押っ取り刀」と書くときは違う意味になるので注意が必要です。

誤用されることの多い「押っ取り刀(おっとりがたな)」の正しい意味は

katana

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」は「急いで駆けつける」という意味。「ぶらぶらと行く」「ゆっくりと向かう」という意味ではありません。

「押っ取り刀で駆けつける」とは「取るものも取りあえず急いで駆けつける」という意味。ゆっくり向かうという意味で使うのは誤り。

「押っ取り刀」の「押っ」の部分は「押し」という接頭辞が変化したもの。「押し」には「無理に~する」「強いて~する」という意味があります。

「嫌なことを他人に押し付ける」や「この意見で押し切った」という表現で用いる「押し」ですね。「おっ」に変化した表現で馴染み深いものといえば「おっぱじめる」「おったまげる」などがあります。「押し」が「おっ」という形に変化すると動詞に勢いがつくのはイメージしやすいのではないでしょうか。「押し」が「おっ」に変化した場合は、動詞を強調して「勢いよく~する」という意味になるということを確認しておいてください。

「押っ取り刀で駆けつける」が「急いで行く」という意味になる理由

「押っ」が「勢いよく」という意味、「取る」が「刀を取る」ことはわかりました。では、勢いよく刀を取ることが急いで行く意味になるのはどうしてなのでしょうか。

時代劇を思い浮かべると、通常、武士たちは刀を左腰にさしています。これは利き腕が右手であるため、左側にさしていたほうが抜き差しを行いやすいという理由によるもの。余談ですが武家に生まれると、左利きであっても必ず右利きに矯正されたそうです。

そして、人の集まる場では敵意がないことを周囲に示さねばなりません。つまり、刀を扱いにくい身体の右側に置くことが作法とされたのです。この状態で有事になると、武士たちは左腰に刀をさし直す時間も勿体なく、右手に持ったまま(取るものを取ったまま差すことなく)急いで立ち上がり場に向かっていきました。本来は腰にさすものを、右手で掴んだままに走り出すから「取るものも取りあえず」。そうして「押っ取り刀」が「急いでいる」「慌てている」様子を表すようになったわけです。

そういえば、武士は身体を横にして眠るとき、利き腕(右手)を枕にしていたそうです。これでは急襲されたとき、右手が痺れて使い物にならない気がするのですが、武士にとって利き腕を斬られるということは当時致命的なことでした。武士として生きていくため、万が一斬られるとしても利き腕ではない方を…という意味で左手を上にして身体を休めたというのは考えさせられる話ですね。





関連記事

「ご査収ください」の意味 ~「ご査収ください」はメールでは使わない方が無難

ビジネスレターやメールでよく使う「ご査収ください」という言葉ですが、本来の意味を送り手・受け手の双方

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

no image

【気付きの法則】誰でも知っているようなことが、まだ見ぬお客様に届いた日。

JRの車内広告で、こんなものを見つけました。 制汗剤というと、夏のイメージ。 冬の売れ行きを

記事を読む

kagetsu

「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は、「みかんの収穫がもっとも忙し

記事を読む

wakaba

初夏の時期っていつからいつまで? 「初夏の候」という挨拶を使っていい時期と「立夏」との意味の違いについて。2018年の立夏はいつ?

「初夏の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます」ですとか「今日はまるで初夏の陽気」という風に使われ

記事を読む

「酒の肴(さかな)」と書いてはいけない理由と「酒池肉林」の誤解と正しい意味と

今日はお酒の話題で誤って使われることの多い「酒の肴(さかな)」という書き方と「酒池肉林」の意味につい

記事を読む

「うだる」ような暑さとは? ~蝉の鳴く温度と松尾芭蕉の句と

蝉![/caption] 涼しくなれば蝉が鳴かないのは想像がつきますが、猛暑日のような35℃

記事を読む

「一段落(いちだんらく)」の誤読に注意 ~「ひとだんらく」と読んでいませんか?

「作業が一段落したら休憩しよう」という風に使われる「一段落」。誤読されることの多い漢字なので、しっか

記事を読む

no image

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

まずは告知です。 会社を経営するなかで、実践してきたこと。 お客様の広告のお仕事を手伝うなか

記事を読む

「英気を養う」か「鋭気を養う」か。正しいのはどっち? ~ドラゴンクエストで覚える英気と鋭気

「英気を養う」か「鋭気を養う」か。「えいきをやしなう」という表現は会話でもよく耳にしますが、実際に書

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


jyunen
「順延」という言葉の意味と誤用に要注意! 「順延」と「延期」の違い、使い分けを知っておこう!

「雨のため本日の試合は順延になりました」「今日の試合は天候不良により延

kagetsu
「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は

omiyage
お裾分け(おすそわけ)の意味と使い方、誤用について ~目上の人に「おすそ分け」って使っていいの?~

「旅行に行ってお土産を買ってきましたので、これ、おすそ分けです」「田舎

syuuha
政治の世界のニュースでよく使われる「秋波を送る」の意味と読み方、由来について

政治の世界のニュースでは、よく「秋波を送る」という表現が使われます。

line-iphone-repair-5
iPhoneのLINEが開かなくなった! 起動しても画面が真っ暗になってしまったときに、データを削除せずに直す方法

iPhoneのLINEが開かなくなった、起動しても画面が真っ暗になって

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑