*

上旬中旬下旬の由来となった「旬間・旬(じゅんかん・じゅん)」の意味について

公開日: : 140文字で変わる表現力 , ,

「交通安全週間」という言葉は運転をされる人にとって馴染み深い言葉のような気がしますが、春先に行われるそれは現在では「全国交通安全運動」という名称になっています。交通安全を啓蒙する運動の期間が一週間だったのは1948年から5年ほどで、その後運動は7日間から10日間に延長され、1953年に全国交通安全週間は全国交通安全旬間(じゅんかん)という名称に改められました。1961年に10日間の期間はそのままで「全国交通安全運動」というキャンペーン名称になったので、8年ほど「旬間」という言葉が使われていた期間のあることが記録に残っています。

旬間・旬とは10日間のこと、上旬中旬下旬の由来である

cars

全国交通安全旬間が10日間であった(名称が全国交通安全運動になった現在も10日間)ことから分かる通り、旬間(じゅんかん)という言葉は10日間という時間を表す単位のことで旬(じゅん)とも表現します。

旬間・旬(じゅんかん・じゅん)とは10日間という時間の単位を表す。一つの月を3つに分けた期間のことも意味する

旬という言葉は10日間の単位なので上旬は1日から10日まで、中旬は11日から20日。下旬は21日から末日までを表します。ただし、下旬は月によって異なりますので10日間か11日間、または8日間か9日間(2月)ということになります。

一週間や一か月という単位で行事の設定されることが一般化してきたため、週間や月間という言葉と比較すると旬間という言葉は聞きなれないかもしれませんが、上旬や中旬、下旬という言葉の由来であると知れば「なるほど」となるのではないでしょうか。十干(じっかん)という甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素の順列が「旬(じゅん)」の起源であるとされています。

「森と湖に親しむ旬間」について

国土交通省では毎年7月21日から7月31日までを「森と湖に親しむ旬間」と定めて、全国の多くのダム等において見学会や森林学習といったイベントを行っているそうです。7月の下旬といえば夏の盛り。涼を感じられる水辺や森を訪れて心身のリフレッシュをはかるのも良いかもしれませんね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

jyunen

「順延」という言葉の意味と誤用に要注意! 「順延」と「延期」の違い、使い分けを知っておこう!

「雨のため本日の試合は順延になりました」「今日の試合は天候不良により延期になりました」という使い方は

記事を読む

「不肖(ふしょう)」という言葉の意味と使い方に要注意!

「不肖(ふしょう)」という言葉は、「不肖山田太郎、一生懸命務めさせていただきます」という風に「私のよ

記事を読む

「天高く馬肥ゆる秋」の本当の意味は、のんびりしたものではなかった!

食欲の秋を象徴する言葉に「天高く馬肥ゆる秋」というものがあります。秋の高い空、馬たちが草を食べている

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

iPhoneの無料アプリ「正しい日本語!できる大人の美しい言い回し!」が読み物として面白い

「万能な褒め言葉」「話を具体的にさせる切り返し」「うっかり聞いたことを忘れた!」など、様々な場面や対

記事を読む

wakaba

初夏の時期っていつからいつまで? 「初夏の候」という挨拶を使っていい時期と「立夏」との意味の違いについて。2018年の立夏はいつ?

「初夏の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます」ですとか「今日はまるで初夏の陽気」という風に使われ

記事を読む

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻をまくって逃げ出した」という風に

記事を読む

summer

夏日と真夏日、猛暑日と酷暑日、熱帯夜の定義と違いについて

自分が子どもだったころ、夏休みは「朝の涼しいうちに宿題をすませるように」という学校からの指導が一般的

記事を読む

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は「残念で仕方がない」という意味ではなかった!

「慚愧に堪えない(ざんきにたえない)」「慚愧の念に堪えない(ざんきのねんにたえない)」という言い回し

記事を読む

kagetsu

「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は、「みかんの収穫がもっとも忙し

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑