*

「存じ上げております」と「存じております」という言葉の使い分けについて ~「ご存じ」の色々

「存ずる」という言葉は「思う、考える」「知る、承知する」意の謙譲語。「こちらの服の方がお似合いかと存じます」「よく存じております」という使い方をします。

では問題。「明石という土地の地名の由来をご存じでしょうか?」と相手から問われて「はい、存じ上げております」と回答するのは正しいでしょうか、間違っているでしょうか・

「存じ上げる」と「存じる」の使い分け ~「上げる」という言葉の使い方

akashi

「存じ上げる」という言葉は対象が「ひと」であるときに用いるので、「もの」に対して用いるには違和感があります。「○○さんのことは存じ上げております」という表現と「○○のことは存じております」という表現の違いを理解しておきましょう。

「存じ上げる」は対象が「ひと」のときに用いる表現、「存じる」は「ひと」にも「もの」にも用いる表現

「上げる」という言葉は謙譲の意を表す動詞について、その謙譲の意味を強めます。上でも書いた通り「存ずる」という言葉は謙譲の意味を表す動詞。「存じ上げる」という言葉は文法上は問題ありませんが、自分が一歩さがって対象を高める表現が謙譲語であるのに、対象となる「もの」にまで敬意を向けるのはあまりにもへりくだり過ぎてしまうことになります。過剰な敬意は嫌味になってしまうということについては解説の必要はないでしょう。

「存じ上げる」「申し上げる」という「謙譲語+上げる」の表現は「ひと」を敬うために用いる、その理由は「もの」にまで敬意を示すのは過剰であるからだ、と理解しておいてください。

(※ただし、相手の名前などは「そのひと」そのものと考えますので、「お名前は存じ上げております」と書いても問題ありません)

「ご存じですか?」という表現は誤りか

会話例として「ご存じですか?」という表現を書きました。

「存ずる」という言葉が謙譲語であるのなら、「ご存じですか?」と相手に対する尊敬語として用いるのはおかしいのではないのかという意見もあるのではないかと思います。このあたりは色々と争いもあるようですが、「ご存じ」という言葉を「存じ」の尊敬語であるとして一応の解決を見ています。現在の一般的な解釈としては「ご存じですか」という表現は誤りではないということです。

「ご存知」と書いてしまうのは誤りでしょうか

さて、今回の記事で話題にした「存じ上げております」「存じております」という表現は「存ずる」という言葉が変格したものでした。少し難しい言い方をすれば「存ずる」というサ行変格活用動詞の上一段化したものが「存じる」という言葉になります。

つまり、「存ずる」という言葉が変化しただけのものであって、「存ずる」という言葉に「知る」という意味が含まれていることから「ご存知」という書き方になった、元々「ご存知」と書いてしまうのは誤りであったということです。

ところがこの「存知」という書き方があまりにも一般的になってきたため、最近の辞書では「存知」と当てて書くと説明しているものがほとんどになっています。さらにややこしいことに「ご存じですか」という意味で書くときに当てる「存知」という表現とは別に「存知」という言葉が辞書には載っています。この「存知」は「ぞんじ」ではなく「ぞんち」と読むのが正解。意味は変わらず「知っていること、心得ていること」になります。古くは平家物語でもこの「存知(ぞんち)」という言葉は使われているんですね。

長くなりましたが「存ずる」という言葉は使い方に注意の必要な言葉。へりくだり過ぎた表現にならないよう、今回もしっかり声に出して使い方をマスターしてください。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

no image

スネ夫くんが好かれない本当の理由。

  他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 こちらの記事のなかで他を蔑んでまで、自分

記事を読む

NHKの放送用語委員会に、優しさに満ちた言葉たちを見つけた!

NHKには放送文化研究所という組織があります。 本格的なデジタル時代を迎えても、「豊か

記事を読む

「打ち合わせ」とは雅楽に由来する言葉だった!

太鼓[/caption] 打ち合わせとは、物事がうまく進むよう事前に相談をすることですが、実

記事を読む

iPhoneの無料アプリ「正しい日本語!できる大人の美しい言い回し!」が読み物として面白い

「万能な褒め言葉」「話を具体的にさせる切り返し」「うっかり聞いたことを忘れた!」など、様々な場面や対

記事を読む

「やさぐれ」に「投げやりになる」という意味はなかった! やさぐれぱんだで覚える「やさぐれ」の意味と由来

やさぐれぱんだという漫画が流行したことがありますが、この「やさぐれ」という言葉には「投げやりになる」

記事を読む

syuuha

政治の世界のニュースでよく使われる「秋波を送る」の意味と読み方、由来について

政治の世界のニュースでは、よく「秋波を送る」という表現が使われます。 「議員のAさんは若い世代

記事を読む

「ご持参ください」は本来は誤用である言葉

「履歴書をご持参ください」「弁当をご持参くださいますよう、お願いいたします」と使われる「持参」という

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

「活を入れる」か「喝を入れる」か ~入るのは活、出すのは喝!

京都南禅寺![/caption] 日曜日の朝の旋律。 サンデーモーニングという番組に流

記事を読む

seityou

「感慨深い」と「感動」の違いは何? 「感慨深い」の正しい意味と使い方について

「感慨深い(かんがいぶかい)」という言葉があります。この「感慨深い」という言葉が使われている場面を想

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

suiren
「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記

→もっと見る

PAGE TOP ↑