*

「万障お繰り合わせの上」という表現は招待するときや目上の方、お客様に使うのは失礼なのか?

公開日: : 最終更新日:2015/02/03 140文字で変わる表現力 , ,

招待状やDM、あるいは出席を求める呼びかけの文章に「万障お繰り合わせの上、ご参加ください」といった表現を見かけることがあります。この「万障お繰り合わせの上(ばんしょうおくりあわせのうえ)」という表現はどんな相手に対しても、どんな状況でも使うことができるのでしょうか。

「万障お繰り合わせの上」は強制的で失礼な文章になってしまう可能性がある

letter2

「万障お繰り合わせの上」という言葉は定型表現になりつつあるので、意味や敬意を考えずに参加要請を行うときに使って良いという考え方があります。一方で、言葉の難しいところは立場や世代によってはその使い方に神経質になる必要があるということ。最近ではこういう使い方が許容されつつあるという場合は、それに違和感を覚える人もいるということを知っておいた方が良いでしょう。言葉の正しい意味や誤用について論じるよりも、知っている側が知らない側に配慮をするのがマナーとしては美しいように思います。

「万障お繰り合わせの上」は強制的で失礼な文章になってしまう可能性がある

「万障お繰り合わせの上」とは「色々差し障りもあるでしょうが」という意味。「万障」とは「いろいろな障害」という意味ですね。

「万障お繰り合わせの上、ご出席ください」と書いたメールを送りました。受け取った側はその時間、大切な友人や家族と過ごす先約があったとします。こうなると、「大切な約束=障害(万障)」ということになってしまうので、メールを受け取った側はいい気分がしません。送る側は招待という感覚でこのメールを送ったのかもしれませんが、ありとあらゆる障害を乗り越えて絶対来るようにという強い意味を含むのが「万障お繰り合わせの上」という表現。出席や参加することが事実上決まっている場合のみ使うのが望ましく、出欠の自由が参加者の意思に委ねられる場合は用いないようにしたほうが無難です。

「できるだけ参加してほしい」というニュアンスを伝える表現は?

「万障お繰り合わせの上」という表現には強制参加のニュアンスを含むということを書きました。この解釈は人や辞書によっても違いますし「もしもご都合がつくようであれば」という感覚で使われているのが実際のところだと思います。

何をどう、表現を使い分けるべきか、どんなリスクがあるのかということを区別して覚えるのが面倒であれば「是非」「是非とも」という表現を用いるのが無難であると覚えておけば良いでしょう。「お忙しいところ恐れ入りますが」という表現を使うこともできますが、以前「ご多忙のところ」という表現は使わない方が無難という記事について書いていますので、そのあたり、参考にしていただければ幸いです。

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け | コトバノ


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

上旬中旬下旬の由来となった「旬間・旬(じゅんかん・じゅん)」の意味について

「交通安全週間」という言葉は運転をされる人にとって馴染み深い言葉のような気がしますが、春先に行われる

記事を読む

「やるせない思い」を「やるせぬ思い」と書いていませんか? ~やるせないの意味と誤用と

片思いの気持ちなどを表現するときに「やるせない気持ち」と書くことがあります。「やるせない」とは「思い

記事を読む

no image

自分を思えば、我慢できること。相手を想えば、我慢してはいけないこと。

昨日はブロック会にお集まりいただいて、ありがとうございました。 万人に受け入れられる方法って、ない

記事を読む

syuuha

政治の世界のニュースでよく使われる「秋波を送る」の意味と読み方、由来について

政治の世界のニュースでは、よく「秋波を送る」という表現が使われます。 「議員のAさんは若い世代

記事を読む

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいります。危険ですから黄色い線の内側

記事を読む

「意志」と「意思」の区別と使い分け ~強い意志、尊重する意思

「意志」と「意思」という漢字は、どちらも内面を表す言葉。それぞれの意味もなんとなく似ているような気が

記事を読む

丼!

木の葉丼は関西独自のものだった! ~木っ端微塵と木っ葉微塵、正しいのはどっち?

丼![/caption] 親子丼の鶏をカマボコにしたもの、それが木の葉丼。これって関西の食文

記事を読む

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」の誤用と正しい意味と ~おっとりしてません!

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」という表現を「ゆっくり落ち着いて行く」という意味で考えて

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もはや語るに落ちた」という風に、「

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

suiren
「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記

→もっと見る

PAGE TOP ↑