*

「万障お繰り合わせの上」という表現は招待するときや目上の方、お客様に使うのは失礼なのか?

公開日: : 最終更新日:2015/02/03 140文字で変わる表現力 , ,

招待状やDM、あるいは出席を求める呼びかけの文章に「万障お繰り合わせの上、ご参加ください」といった表現を見かけることがあります。この「万障お繰り合わせの上(ばんしょうおくりあわせのうえ)」という表現はどんな相手に対しても、どんな状況でも使うことができるのでしょうか。

「万障お繰り合わせの上」は強制的で失礼な文章になってしまう可能性がある

letter2

「万障お繰り合わせの上」という言葉は定型表現になりつつあるので、意味や敬意を考えずに参加要請を行うときに使って良いという考え方があります。一方で、言葉の難しいところは立場や世代によってはその使い方に神経質になる必要があるということ。最近ではこういう使い方が許容されつつあるという場合は、それに違和感を覚える人もいるということを知っておいた方が良いでしょう。言葉の正しい意味や誤用について論じるよりも、知っている側が知らない側に配慮をするのがマナーとしては美しいように思います。

「万障お繰り合わせの上」は強制的で失礼な文章になってしまう可能性がある

「万障お繰り合わせの上」とは「色々差し障りもあるでしょうが」という意味。「万障」とは「いろいろな障害」という意味ですね。

「万障お繰り合わせの上、ご出席ください」と書いたメールを送りました。受け取った側はその時間、大切な友人や家族と過ごす先約があったとします。こうなると、「大切な約束=障害(万障)」ということになってしまうので、メールを受け取った側はいい気分がしません。送る側は招待という感覚でこのメールを送ったのかもしれませんが、ありとあらゆる障害を乗り越えて絶対来るようにという強い意味を含むのが「万障お繰り合わせの上」という表現。出席や参加することが事実上決まっている場合のみ使うのが望ましく、出欠の自由が参加者の意思に委ねられる場合は用いないようにしたほうが無難です。

「できるだけ参加してほしい」というニュアンスを伝える表現は?

「万障お繰り合わせの上」という表現には強制参加のニュアンスを含むということを書きました。この解釈は人や辞書によっても違いますし「もしもご都合がつくようであれば」という感覚で使われているのが実際のところだと思います。

何をどう、表現を使い分けるべきか、どんなリスクがあるのかということを区別して覚えるのが面倒であれば「是非」「是非とも」という表現を用いるのが無難であると覚えておけば良いでしょう。「お忙しいところ恐れ入りますが」という表現を使うこともできますが、以前「ご多忙のところ」という表現は使わない方が無難という記事について書いていますので、そのあたり、参考にしていただければ幸いです。

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け | コトバノ


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「爽やか(さわやか)」の意味と使い方に注意 ~「風薫る爽やかな季節となりましたが」はOK?

時候の挨拶は手紙の書き出しで用いる礼儀文ですが、四季の移ろいを伝え相手を思い遣る一文でもあります。凍

記事を読む

no image

毎日新聞・校閲グループさんのtwitter( @mainichi_kotoba )が勉強になりすぎる件

毎日新聞・校閲グループさんの呟き、いつも勉強になります。 【直したい表現】「体調を壊す」→○「

記事を読む

katakana

「真っ先に」の意味がある「いの一番」という表現を「イの一番」と書いてはいけない理由

「いの一番」という表現には「真っ先に」という意味がありますが、これを「イの一番」とカタカナで書くと誤

記事を読む

百冊の教科書に書かれている正論よりも、「しんどかったね」のたった一言が心を溶かすこともある。

「言ってることは正しいと思うんだけど、なんか、疲れるんだよね」と評されてしまう人がいます。 ど

記事を読む

「拝啓と敬具」「前略と草々」、ところで「拝啓」や「草々」の意味って何? ~手紙のマナー

手紙には色々なマナーがあります。「拝啓」で始まれば「敬具」で結ぶ、そして「前略」で始まって「草々」で

記事を読む

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意

年賀状には句読点を用いてはならないという記事を以前書きましたが、今回は「去年」という言葉を使ってはい

記事を読む

「号泣」の誤用と本当の意味 ~映画館で号泣したら怒られます

犬が大好きなのですが、犬の出てくる映画は予告編で涙が止まらなくなってしまいます。 南極

記事を読む

「謹んでお詫びいたします」か「慎んでお詫びいたします」か!? ~謹むと慎むの違いについて

新聞[/caption] 新聞の購読部数が減っていることはみなさんもご存知かと思います。また

記事を読む

no image

一台のピアノを5人で演奏するオトコたち、その表情と音色に惚れた!

文字で表すこと、沈黙をすることも表現の一つ。 で、あれば。 楽器を奏でる表情や、その音色で誰

記事を読む

成長と生長の使い分け ~5年でこんなに伸びる木と犬と

成長する木々![/caption] 先日、別ブログでこんな川柳を詠んでみました。 川柳

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑