*

「圧巻」の誤用と「圧倒」との違いについて ~「演技は圧巻だ」という表現は正しいのか?

「あべのハルカスの高層階からの眺めは圧巻だ」「フィギュアスケートのA選手の演技は圧巻だった」という表現を耳にすることがあります。「圧巻(あっかん)」をそれぞれ「壮観」や「圧倒的」という意味で使っているようですが、圧巻という言葉の正しい意味から考えると「壮観」や「圧倒的」というニュアンスで用いるのは誤用。今回はこの「圧巻(あっかん)」という言葉の正しい意味と使い方について整理してみましょう。

「圧巻」の誤用と意味について ~「圧巻」と「圧倒」の違い

study

「圧巻」という言葉は「圧倒」という言葉と似ているため、意味を取り違えられることがあります。「圧倒」の意味は「優れた力で周り(他)を押さえつけること」、そして「圧巻」の意味は「一つのモノやコトのなかで優れているところ、部分」を表します。

「圧巻」とはひとつのモノやコトのなかで優れているところ、部分を表す。「圧倒」とは周囲よりも優れていることを表す

ひと言でまとめると、比較する対象が外にあるものが圧倒、一つのもののなかで特に優れている部分を示すのが圧巻ということになりますね。

たとえば映画のワンシーン。「宇宙人から地球を守った主人公の戦闘シーンは圧巻だった」という表現は、ひとつの映画のなかの他のどのシーンよりも良かった、感動的だったという意味で正解であると言えます。そしてこの映画のタイトルが『地球の平和』だったとして「地球の平和の脚本や俳優たちの演技は素晴らしく、他の映画を圧倒していた」という表現をした場合は比較する対象が外にあるので「圧倒」という表現が適切であると言えます。

「圧巻」という言葉が故事成語になった成り立ちを覚えておくと区別しやすくなる

圧巻は一つのモノやコトの中で優れているところ、圧倒は外にあるものとの比較で考えるのだという話をしました。

ところで、この「圧巻」という言葉は故事成語に由来しています。故事成語とは昔の人の話や行動から生まれた言葉のこと。つまり物語になっているので、その成り立ちをちゃんとイメージしておくと以後、思い出しやすくなります。

昔、中国では役人になるために「科挙」という試験を受ける必要がありました。1000年以上も続いたこの試験制度は時代によって内容も大きく変化していますが、数日間にわたって行われるものが多く、また論述形式で解答する必要がありました。数日にわたって作文形式で答えを書いていくわけですから、これを採点する側も大変だったということは容易に想像できるのではないでしょうか。そうして、この何枚にも積み上げられた解答用紙の中から、特に優れた部分を解答用紙の山の一番上に置くようにして、ひとりの人間の解答の良い部分が一目で分かるようにしていったという経緯があります。「巻」とは書物という意味。積み上げられた書物の一番うえに最も優れた解答用紙を「圧す」ように置いた。これが「圧巻」の故事成語です。すべての試験官がすべての受験生の解答用紙を読むことは不可能だったので、いいところだけを選び出して置いていく工程(担当)があったというイメージですね。

ひとつの書物のなかで最も優れている部分を「圧巻」と呼ぶようになったということ。のちに、書物に限らず、ひとつの作品や催し物のなかで優れた部分を「圧巻」と言うようになったのだということを覚えておくと「圧巻」と「圧倒」は区別しやすくなるのではないでしょうか。





関連記事

丸いと円いの違いについて ~お雑煮のなかが丸い理由と三本締めの意味と

丸いと円いの違いについて。 丸いは立体的なもの 円いは平面的なもの たとえば、

記事を読む

no image

主張のなかの「ありがとう」に、人の器を見た。

「自分はこんなにすごいんですよ、自分はこんなに頑張ったんですよ」 そんな風に伝えたくなるようなとき

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

上旬中旬下旬の由来となった「旬間・旬(じゅんかん・じゅん)」の意味について

「交通安全週間」という言葉は運転をされる人にとって馴染み深い言葉のような気がしますが、春先に行われる

記事を読む

「ご持参ください」は本来は誤用である言葉

「履歴書をご持参ください」「弁当をご持参くださいますよう、お願いいたします」と使われる「持参」という

記事を読む

no image

過去に指をさして語るよりも、未来に寡黙に取り組む。

誰だって、評論家や解説者になることは出来るんですよね。 つい言ってしまいたくなる場面でぐっと堪えて

記事を読む

皇族の方が逝去されたときに用いる「崩御」「薨御」「薨去」「卒去」について

ひとが亡くなったときに用いる「逝去」という言葉について、以前このような記事を書きました。 「弊

記事を読む

パソコンで使うマウスとミッキーマウスの不思議な関係 ~腱鞘炎防止のためのマウス

自分よりもずいぶん若い方と話をしていた時のことです。 「マウスの玉って、すぐにカスが溜

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

「ご教授ください」と「ご教示ください」の意味の違いと使い分け ~何を教えてもらうのか

自分のことを話すよりも相手に質問をして話をしてもらった方が会話が弾むのは皆さんもご存じだろうと思いま

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


summer
夏日と真夏日、猛暑日と酷暑日、熱帯夜の定義と違いについて

自分が子どもだったころ、夏休みは「朝の涼しいうちに宿題をすませるように

katakana
「真っ先に」の意味がある「いの一番」という表現を「イの一番」と書いてはいけない理由

「いの一番」という表現には「真っ先に」という意味がありますが、これを「

jyunen
「順延」という言葉の意味と誤用に要注意! 「順延」と「延期」の違い、使い分けを知っておこう!

「雨のため本日の試合は順延になりました」「今日の試合は天候不良により延

kagetsu
「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は

omiyage
お裾分け(おすそわけ)の意味と使い方、誤用について ~目上の人に「おすそ分け」って使っていいの?~

「旅行に行ってお土産を買ってきましたので、これ、おすそ分けです」「田舎

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑