*

「かきいれ時」を漢字で書くとどうなるか? ~「書き入れ時」か「掻き入れ時か」

商売が繁盛して、お客さんがたくさん来店される時期のことを「かきいれ時」と言います。この「かきいれ時」という言葉は漢字で書くとどうなるでしょうか。

「かきいれ時」を漢字で書くと「書き入れ時」となる

kumade

商売が忙しくなる時期の「かきいれ時」は「書き入れ時」と書くのが正解。酉の市で売られる熊手のイメージがあって、お客さんを「掻き込む(かきこむ)」ようなイメージがありますが誤りです。

商売繁盛の「かきいれ時」は漢字で「書き入れ時」と書く。「掻き入れ時」と書くのは誤り

商売が繁盛すると、その売上や仕入れなどを帳簿に記録する作業も忙しくなります。そう、「書き入れ時」の語源は帳簿にあれやこれやと数字を書き込む様子から来ています。熊手で掻き込むのではなく、書き入れていくのが忙しい。いまは経理作業もコンピュータでするところがほとんどですが、商売人たちはかつて、すべてを手書きで行っていました。

江戸時代の商売人たちが使っていた帳簿のことを「大福帳」と呼んだ

江戸時代から明治時代にかけて、商売人たちは売掛金を「大福帳(だいふくちょう)」と呼ばれる帳簿に記録していました。どんなお客さんに何がどれだけ売れたのか、当時は現金取引ではなく掛取引が基本でしたので、商売をしていくうえでもっとも大切だったのがこの大福帳であったといわれています。

大福帳には保存性に優れた西ノ内紙(にしのうちし)という上質な和紙が利用されていました。1890年に日本で初めて行われた衆議院選挙では、この西ノ内紙(にしのうちし)は選挙用紙としても使用されたほど。西洋紙の普及に伴って、西ノ内紙(にしのうちし)はその後衰退の憂き目を見ることとなりますが、文化庁長官によって記録作成等の措置を講ずべき無形文化財として指定されています。

紙のさと和紙資料館|常陸大宮市|うぃーくえんど茨城

西ノ内紙の歴史を学び、実際に紙すき体験のできる「紙のさと和紙資料館」が茨城県にありますので参考までに。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

愛語というは、衆生を見るに、まず慈愛の心を発し、顧愛の言語を施すなり 道元 ~「ブラック企業」という言葉に

お寺[/caption] 名言や格言といった類のものは、自分を強くすることもあれば、自分を甘

記事を読む

領収書や請求書、手紙やメール、FAXに(株)や(有)という省略形は失礼なので使ってはいけない

うちの会社宛に送ってこられる請求書や手紙などには、株式会社や有限会社を省略した(株)や(有)といった

記事を読む

一歩引くは、百人の味方を連れてくる ~中日井端選手に学ぶ上下関係

起業してまもなく、色々な交流会や勉強会に参加するようになります。 それは社会人になって

記事を読む

「遺憾に思う」「遺憾の意」に謝罪の意味は含まれていない?

「ありがとう」と「ごめんなさい」という言葉を素直に言える人って素敵ですよね。謝る状況になっているとい

記事を読む

ツッコミを意識した言葉の選び方が会話を生み出す、その実践

新しいクラス、職場、組織。最初はお互いのことがよくわからないなかで、次第に自分の居場所を見つけていく

記事を読む

なぜ「情けは人のためならず」は正しく使われるようになった? ~反対の意味になる諺は何?

「情けは人のためならず」の正しい意味はひとに対して情けをかけていけば、まわりまわって、自分に戻ってく

記事を読む

no image

アドレス帳のなかで見つける価値 ― 与えるということ。

誰でも応援したくなるような人には共通して、教科書も計算機もなく、自分の身近な人がこうなってほしいとい

記事を読む

マクドナルドのドライブスルーに求めるもの 〜お客さんは何を期待しているか

商品やサービスに対する期待値を上げることは大切。たとえばお店の外観、メニュー、パッケージ。それらすべ

記事を読む

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は「残念で仕方がない」という意味ではなかった!

「慚愧に堪えない(ざんきにたえない)」「慚愧の念に堪えない(ざんきのねんにたえない)」という言い回し

記事を読む

他を蔑むことが差別化なのだとすれば。

自分の父も商売人でした。 決して他のお店や、誰か他の人の悪口を言うこともありませんでした。自分

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑