*

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

公開日: : 最終更新日:2016/09/27 140文字で変わる表現力 , , , , ,

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻をまくって逃げ出した」という風にお尻を出して逃げていくようなイメージで使われることがありますが、この用法は誤り。「尻をまくる」という言葉の誤用と正しい使い方、読み方についてまとめてみましょう。

「尻をまくる」にはお尻を出して逃げていく意味はない

siri

尻をまくるという言葉にはお尻を出して逃げ出すという意味はないので注意してください。

「尻をまくる」には逃げ出すという意味はない。
居直って相手にふてぶてしい態度をとるという意味。

「尻をまくる」という言葉の正しい意味を理解するためには、時代劇やヤクザ映画のワンシーンを思い浮かべてみると良いでしょう。乱暴な言葉遣いをしながら、着物の裾を捲って「おいおい、てめぇ、俺に喧嘩を売ってんのかい?」などと凄んでいるシーンですね。

それまで穏やかに会話をしていたのに、どうしても意思疎通を行うことができない。すると相手は逆ギレをしたようになって凄んでくることがあります。これが「尻をまくっている」状態。つまり「尻をまくる」とは態度を一変させ、相手にふてぶてしい態度をとることを意味します。

大人しく聞いてりゃ調子に乗りやがって…… たとえば、こんな言葉の出てくる瞬間が「尻をまくって」います。「それまで黙って聞いていた彼は、尻をまくって反論に出た」という使い方が正しくて、「黙って聞いていた彼は、尻をまくって逃げ出した」だと誤りとなりますので気を付けましょう。

尻をまくるに逃げ出す意味がないのであれば、尻を出して逃げ出すことを何と言う?

尻をまくるには逃げ出すという意味はありません。では、お尻を出して逃げ出すような状態のことは何と表現すれば良いのでしょうか。正解は「尻に帆をかける」です。

着るものもとりあえず、慌てて逃げ出していく後ろ姿を想像してください。逃げ出した人はふんどし姿のままで飛び出していくのですが、このとき、走っているので風を含んだふんどしが帆をかけたように広がりを見せます。この姿に由来して「尻に帆をかける」という言葉は慌てて逃げ出すという意味を持つようになりました。

尻をまくるの「尻」は「しり」と読むのか「けつ」と読むのか

尻をまくるの「尻」は「しり」とも「けつ」とも読めます。どちらが正しくて誤りということはありません。言葉が乱暴な印象を与えすぎると思えば「しり」と読んだ方が無難かもしれませんが、そもそもこの「尻をまくる」という言葉は「居直ってふてぶてしい態度をとる」という意味でした。あえて「けつ」と読んだ方が、その雰囲気も伝えられるかもしれませんが、このあたりは、それぞれの判断がありそうですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

泥棒の来ないラーメン屋さんの秘密

どろぼうさんへ ここからはいっても、 うちのお店にはお金はありません。 たべにきてね。 なんて

記事を読む

「敷居が高い」の本来の意味と誤用 ~レベルが高い、自分には合わないという意味ではない

雰囲気の良いお店などを見つけたとき「あのお店は敷居が高すぎて入るのを躊躇してしまう」という表現をする

記事を読む

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」の違い、使い分けと覚え方について

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」は、その使い分けが難しく、平仮名やカタカナで「おすすめ」「オススメ

記事を読む

no image

【気付きの法則】誰でも知っているようなことが、まだ見ぬお客様に届いた日。

JRの車内広告で、こんなものを見つけました。 制汗剤というと、夏のイメージ。 冬の売れ行きを

記事を読む

no image

「温かい」と「暖かい」の使い分け – 心は寒くて冷たくて。

今日は、あたたかい話題をお届けします。 「温かい」と「暖かい」の使い分けは、それぞれ、反対の

記事を読む

suiren

「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記事を書きましたが、人が亡くなる

記事を読む

「おもむろに」の正しい意味は、変換すればすぐにわかる!

おもむろに![/caption] ▼彼はおもむろにキーボードを取り出しては、昔つくった曲を奏

記事を読む

「料金」と「代金」の意味の違いと使い分け ~「この車の料金は」という言い方は誤り

「料金」と「代金」、「~料」と「~代」という言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。その使い分けと

記事を読む

通勤や通学時にiPhoneで聴くことの出来る青空朗読(無料)が素敵!

青空文庫のコンセプトが大好きです。 青空の本は、読む人にお金や資格を求めません。 いつ

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑