*

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいります。危険ですから黄色い線の内側におさがりください」「危ないですから白線の内側まで下がってお待ちください」という案内が流れてきます。鉄道会社や地域によってこの使い方は色々あるようですが、この「危ないですから」という表現、どうやら違和感を覚えられる方が多いようです。

「危険ですから」には違和感はないが「危ないですから」には違和感がある?

home

「危険ですから」「危ないですから」という言葉。特にこの「危ないですから」という表現については違和感を覚えられる方が多いのはどうしてでしょうか? また、「危ないですから」という表現は日本語として誤りなのでしょうか?

「危ないですから」という形容詞+ですの表現は現在では誤りとされない
(一応、日本語としては使っても良い)

結論を言いますと、「危ないですから」という【形容詞+です】の表現は現在では誤りとされないことになっています。回りくどい書き方をしていますが、この「形容詞+です」の表現は昭和27年の国語審議会で「使ってもいいことにしよう」と許容された表現なのです。

文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 第1期国語審議会 | これからの敬語(建議)| 動作のことば/形容詞と「です」/あいさつ語/学校用語
7 形容詞と「です」  これまで久しく問題となっていた形容詞の結び方――たとえば,「大きいです」「小さいです」などは,平明・簡素な形として認めてよい。 …

「危ないです」という言葉は「危ない」という形容詞に「です」という丁寧語を添えた使い方。この「です」を「だ」に置き換えてみましょう。

〇彼は学生です → 彼は学生だ
×電車が来るので危ないです → 電車が来るので危ないだ(危ない+だ)

こうして見ると、なるほど、「形容詞+だ(です)」という表現は元々、誤用であったことが分かります。それまでは「危のうございます」という書き方が正しいとされていたのですが、やや、仰々しい表現であって会話言葉としては使いにくく、「危ないです」という言葉が一般に使われるようになったため、使用が許容されるようになったという経緯があります。

「危ないですから」という表現を用いることのメリット

上述の通り、「危ないですから」という表現は現在では許容された「誤用ではない」使い方になっています。

それでも、違和感を覚える方が多いのであれば、ここは無難に「危険ですから」という表現を用いた方が問題になりにくいのではないかという考え方もできるでしょう。では何故、「危険ですから」を使わずに「危ないですから」という表現が用いられるのか。

ここからは推測ですが、「危ないですから」という表現に違和感を覚える方がいるということは、その違和感の分だけ「気になってしまう=危険性を伝える効果がある」可能性が生まれます。危険であるという状態への注意喚起は、日常に溶け込む言葉であってはなりません。白い画用紙に黒い汚れがあれば気になるように、「危ないですから」という(やや違和感の残る)表現は心に留まりやすい音であるといえます。

また、高齢の方ほどこの「危ないですから」という表現に違和感を覚える方が多いということは、より注意の必要な世代に対して響きやすい表現であるという判断ができます。「KIKEN」と「ABUNAI」であれば、発声のはっきりしている「あぶない」の方が聞こえやすいという狙いもあるのだろうと思いますが、いずれにしても、目前に迫った危険性を、より注意の必要な人たちには、あえて違和感のある表現で伝えてみるというのは有効な方法のひとつかもしれませんね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

結婚式のタブー、使ってはいけない言葉 ~挨拶やスピーチで使ってはいけない忌み言葉一覧

結婚式などの祝いの席では「終わり」や「繰り返し」を連想させるような忌み言葉を使ってはいけないとされて

記事を読む

no image

好評につき延長、を、繰り返す不誠実。

こんなことも知らないんですかぁ? あははー、遅れてますねぇ、ダメダメですねぇ。 ・・・なんてこ

記事を読む

ご静聴とご清聴の違いについて ~ご清聴ありがとうございました

講演[/caption] 最近、人前で話をするときに「コナン君のモノマネをしまーす」と言って、「

記事を読む

「おもむろに」の正しい意味は、変換すればすぐにわかる!

おもむろに![/caption] ▼彼はおもむろにキーボードを取り出しては、昔つくった曲を奏

記事を読む

挨拶は上品に

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること

挨拶は上品に[/caption] 壇上、スピーチなどを頼まれた人がよく「高い席から失礼します

記事を読む

「一時雨」と「時々雨」、「のち雨」の違いは何か ~天気予報の当たる確率

傘[/caption] 雨、続く関西。体調を崩している方もたくさん。低気圧が近づくとうちの熱

記事を読む

「奇特な人」って変な人? ~「奇特」の誤用と正しい意味と

「彼は天気が良くても傘を持って出掛ける奇特な人だ」という表現。どうやら「変わった人(変な人)」という

記事を読む

「料金」と「代金」の意味の違いと使い分け ~「この車の料金は」という言い方は誤り

「料金」と「代金」、「~料」と「~代」という言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。その使い分けと

記事を読む

no image

スーパーで見つけてほしい、「2,3の法則」。

スーパーでラップに包まれて売っている魚。 よーく見てみると、「2匹」でパックされているものと「

記事を読む

no image

過去形で残すことのメリット ― 自分の目次を作ると、自分の強みが見えてくる。

始まりに「これをやるぞー」と目標を立てたものの、たいていは中途半端。 目標とは挫折を伴うものです

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑