*

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩など、目上の人に使ってはいけないということがよく書かれています。「了解しました」という表現を目上の人に使うのはどうして失礼になってしまうのでしょうか?

「了解しました」という表現は本当に失礼な表現なのでしょうか?

manners

「了解しました」という表現。実はこれ、目上の方に使っても失礼な表現ではありません。

「了解しました」という表現だけを見た場合、
目上の方に使っても失礼ということにはならない

了解しましたはビジネスマナーとしてはNGであると習うことが多いのですが、日本語の意味としては目上の方に使っても失礼にはあたりません。「了解」という言葉には尊敬の意味が含まれておらず、「承知」という言葉には謙譲の意味が含まれている。だから、目上の方には了解ではなく「承知しました」という表現を使いましょうというのが一応の理屈となっているようですが、小学館の精選版日本国語大辞典などにあたっても、承知が謙譲語であるということは書かれていません。

日本国語大辞典によると、「承知」は「目上の人の命令などをうけたまわること」「相手の願い、要求などを聞き入れること」と書かれています。それに対して「了解」は「はっきりとよくわかること、よく理解すること」と書かれています。

なるほど、ニュアンスとして、承知は「おっしゃっていることはよくわかりました、聞き入れて実行します」、了解は「言っていることを理解するのはしました(実行するかどうかはここからのお話です)」という違いがあるということは分かります。上の方から言われたことだから、断りづらく受け入れざるを得ない。だから「承知する」という言葉は上の人に向けられたものであるということは、理解できるでしょう。では逆に「了解する」という言葉を目上の人に使ったとして、このニュアンスだと失礼だという理由になるでしょうか? 答えは「否」です。「了解する」は目上の人に使っても失礼な意味にはなりません

何故「了解する」という言葉が失礼な表現であるという風潮になってしまったのか

では何故、「了解する」という言葉を目上の人に使うと失礼な意味であるという風潮になってしまったのでしょうか? ひとつには「了解」という言葉の語感が理由に挙げられるのではないかと思います。

上で説明した通り、「承知する」という言葉はそもそも目上の人に対して使われるのに対して「了解する」という言葉は相手が上でも下でも使うことができます。そのため、友人同士の気安さなどで

「明日あれ、貸してくれない?」
「了解、持っていくよー」

と、軽い言葉として使われることがよくあります。友人同士で使うような言葉なのに、それを上下関係をはっきりさせなければならないような場面で使うのはいかがなものか。上と下の関係がはっきりした「承知」という言葉を使った方が誤解や違和感も少ないだろうという気持ちで修正し始めたのものが、いつのまにか「了解は目上の人に使ってはならない」というマナーとして定着してしまったのだと思われます。

確かに、上司や先輩に対して「了解」という一言だけを伝えるのは軽すぎる印象を与えてしまうかもしれません。ですから「了解しました」と、ですます調の語尾を添えて伝えれば、語感としても意味としても、何ら失礼ではないというのが実際のところです。

それでもやっぱり「了解しました」は目上の人に使わない方がいい理由

さて、ここまで「了解しました」という言葉は目上の人に使っても問題ないという話をお伝えしてきました。

それでも、やっぱり、コミュニケーションは相手に対する思いやりと想像力に満ちていてほしいもの。「了解しましたは目上の人に使ってはならない」というマナーが多くの方に定着した今となっては、その誤りを指摘することよりも、本来の意味を頭では思い浮かべながら、素直に「承知いたしました」という言葉を伝えた方が無難な会話になるというものです。

「そういうものだ」と理解している人が多い現状に、知っている側がどう、柔軟に対応するべきか。考えるきっかけにしていただければ幸いです。





関連記事

「やるせない思い」を「やるせぬ思い」と書いていませんか? ~やるせないの意味と誤用と

片思いの気持ちなどを表現するときに「やるせない気持ち」と書くことがあります。「やるせない」とは「思い

記事を読む

no image

ラーメン屋さんの入口で、僕の背後霊を数えられたら。

病院にて。 「さ、今日はどこ診察させてもらいまひょかー?」と、言われるのと、 「お、顔色悪

記事を読む

「粗品」「つまらないものですが」という言葉は使わないほうがいいのか? ~選んで贈る緊張に

贈り物をするときに「粗品(そしな)ではございますが」と言いながら渡すことが多いのではないかと思います

記事を読む

「意志」と「意思」の区別と使い分け ~強い意志、尊重する意思

「意志」と「意思」という漢字は、どちらも内面を表す言葉。それぞれの意味もなんとなく似ているような気が

記事を読む

実はコトバノの作者は「最高学府」の出身だった! ~最高学府を東京大学とするのは誤用

最高の学問を学べる場所は東京大学だからと最高学府(さいこうがくふ)という言葉を東京大学のことであると

記事を読む

no image

毎日新聞・校閲グループさんのtwitter( @mainichi_kotoba )が勉強になりすぎる件

毎日新聞・校閲グループさんの呟き、いつも勉強になります。 【直したい表現】「体調を壊す」→○「

記事を読む

「打ち合わせ」とは雅楽に由来する言葉だった!

太鼓[/caption] 打ち合わせとは、物事がうまく進むよう事前に相談をすることですが、実

記事を読む

「ご査収ください」の意味 ~「ご査収ください」はメールでは使わない方が無難

ビジネスレターやメールでよく使う「ご査収ください」という言葉ですが、本来の意味を送り手・受け手の双方

記事を読む

no image

アドレス帳のなかで見つける価値 ― 与えるということ。

誰でも応援したくなるような人には共通して、教科書も計算機もなく、自分の身近な人がこうなってほしいとい

記事を読む

「おもむろに」の正しい意味は、変換すればすぐにわかる!

おもむろに![/caption] ▼彼はおもむろにキーボードを取り出しては、昔つくった曲を奏

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


jisyo
辞書だって変化する! 「敷居が高い=高級そうで入りにくい=誤用」の意味が広辞苑第七版では改められた!

以前、「敷居が高い=不義理があってその人の家に行きにくい」が正しい意味

jyugyou
「べき」を文末に使うのは誤り ~「あなたは毎日努力するべき」という使い方をしていませんか?

古文の授業でならった「べし」という言葉は、今日でも、意志や教訓を表す文

dogeza
「不徳の致すところ」の意味と使い方 ~不徳がするからごめんなさい(謝罪)とは? ちゃんと謝罪の意味は含まれてるのか?

政治家や企業の不祥事、その謝罪の記者会見などで「不徳の致すところです」

ondo
利用頻度は高い?大きい? 頻度は高いのか大きいのか、低いのか小さいのか、正しい使い方と覚え方

あることが繰り返し行われたり、あらわれたりする度合いのことを「頻度(ひ

seityou
「感慨深い」と「感動」の違いは何? 「感慨深い」の正しい意味と使い方について

「感慨深い(かんがいぶかい)」という言葉があります。この「感慨深い」と

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑