*

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩など、目上の人に使ってはいけないということがよく書かれています。「了解しました」という表現を目上の人に使うのはどうして失礼になってしまうのでしょうか?

「了解しました」という表現は本当に失礼な表現なのでしょうか?

manners

「了解しました」という表現。実はこれ、目上の方に使っても失礼な表現ではありません。

「了解しました」という表現だけを見た場合、
目上の方に使っても失礼ということにはならない

了解しましたはビジネスマナーとしてはNGであると習うことが多いのですが、日本語の意味としては目上の方に使っても失礼にはあたりません。「了解」という言葉には尊敬の意味が含まれておらず、「承知」という言葉には謙譲の意味が含まれている。だから、目上の方には了解ではなく「承知しました」という表現を使いましょうというのが一応の理屈となっているようですが、小学館の精選版日本国語大辞典などにあたっても、承知が謙譲語であるということは書かれていません。

日本国語大辞典によると、「承知」は「目上の人の命令などをうけたまわること」「相手の願い、要求などを聞き入れること」と書かれています。それに対して「了解」は「はっきりとよくわかること、よく理解すること」と書かれています。

なるほど、ニュアンスとして、承知は「おっしゃっていることはよくわかりました、聞き入れて実行します」、了解は「言っていることを理解するのはしました(実行するかどうかはここからのお話です)」という違いがあるということは分かります。上の方から言われたことだから、断りづらく受け入れざるを得ない。だから「承知する」という言葉は上の人に向けられたものであるということは、理解できるでしょう。では逆に「了解する」という言葉を目上の人に使ったとして、このニュアンスだと失礼だという理由になるでしょうか? 答えは「否」です。「了解する」は目上の人に使っても失礼な意味にはなりません

何故「了解する」という言葉が失礼な表現であるという風潮になってしまったのか

では何故、「了解する」という言葉を目上の人に使うと失礼な意味であるという風潮になってしまったのでしょうか? ひとつには「了解」という言葉の語感が理由に挙げられるのではないかと思います。

上で説明した通り、「承知する」という言葉はそもそも目上の人に対して使われるのに対して「了解する」という言葉は相手が上でも下でも使うことができます。そのため、友人同士の気安さなどで

「明日あれ、貸してくれない?」
「了解、持っていくよー」

と、軽い言葉として使われることがよくあります。友人同士で使うような言葉なのに、それを上下関係をはっきりさせなければならないような場面で使うのはいかがなものか。上と下の関係がはっきりした「承知」という言葉を使った方が誤解や違和感も少ないだろうという気持ちで修正し始めたのものが、いつのまにか「了解は目上の人に使ってはならない」というマナーとして定着してしまったのだと思われます。

確かに、上司や先輩に対して「了解」という一言だけを伝えるのは軽すぎる印象を与えてしまうかもしれません。ですから「了解しました」と、ですます調の語尾を添えて伝えれば、語感としても意味としても、何ら失礼ではないというのが実際のところです。

それでもやっぱり「了解しました」は目上の人に使わない方がいい理由

さて、ここまで「了解しました」という言葉は目上の人に使っても問題ないという話をお伝えしてきました。

それでも、やっぱり、コミュニケーションは相手に対する思いやりと想像力に満ちていてほしいもの。「了解しましたは目上の人に使ってはならない」というマナーが多くの方に定着した今となっては、その誤りを指摘することよりも、本来の意味を頭では思い浮かべながら、素直に「承知いたしました」という言葉を伝えた方が無難な会話になるというものです。

「そういうものだ」と理解している人が多い現状に、知っている側がどう、柔軟に対応するべきか。考えるきっかけにしていただければ幸いです。





関連記事

パソコンで使うマウスとミッキーマウスの不思議な関係 ~腱鞘炎防止のためのマウス

自分よりもずいぶん若い方と話をしていた時のことです。 「マウスの玉って、すぐにカスが溜

記事を読む

「北」という漢字の字源で知る「敗北」「背走」の秘密 ~北海道の由来とは

北海道の洞爺湖![/caption] 「山」や「川」という字が形からおこった象形文字であるこ

記事を読む

日本相撲協会の住所は日本人ならどうしても間違えやすい漢字であるという雑学

鞄と靴、なんて漢字はわかっていても一瞬では見分けられないことがあります。日本相撲協会の住所は、同じよ

記事を読む

「深い絆」という言葉は誤用 ~目指すのは強い絆

紐[/caption] 東日本大震災のあった2011年には日本漢字能力検定協会の今年の漢字に

記事を読む

「地獄の釜の蓋も開く」の意味 ~地獄に繋がる京都のお寺「六道珍皇寺」

正月の16日やお盆の16日は罪人を煮る地獄の釜の蓋も開きっぱなし。「地獄の釜の蓋も開く」とは、鬼たち

記事を読む

「ご賞味ください」は使ってはいけない言葉 ~「お召し上がりください」の意味と使い分け

飲食店や土産屋さんで「どうぞご賞味ください」と言いながらお客様に商品や試食品を提供している場面を見か

記事を読む

日本語の雑学! 一から十までを声に出して読むときに起こる不思議現象とは?

円滑なコミュニケーションを行うために、ちょっとした雑学やクイズは有効的ですね。今日は是非、皆さんにま

記事を読む

「拝見させていただきました」という敬語表現、間違って使っていませんか?

上司や先輩、お客様から「これ確認しておいてくれる?」「よかったら読んでおいて」と書類や書籍を渡される

記事を読む

ツッコミを意識した言葉の選び方が会話を生み出す、その実践

新しいクラス、職場、組織。最初はお互いのことがよくわからないなかで、次第に自分の居場所を見つけていく

記事を読む

「T字路」と「丁字路」、正しいのはどっち? ~ワイシャツのワイは「Y」ではなかった!

Tシャツ![/caption] その形が「Y」の字に見えるからワイシャツだと思っていたのです

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


suiren
「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記

headposition
「頭が下がる」と「頭が上がらない」って同じ意味!? ~「頭が下がる」と「頭が上がらない」の意味の違いと使い分け、誤用について

「頭が下がる」と「頭が上がらない」は、その動作状態を想像する限りは同じ

hikeme
「引け目」と「負い目」って同じ意味!? ~「引け目」と「負い目」の意味の違いと使い分け、誤用について

「引け目を感じる」「引け目を持つ」「負い目がある」と、一歩引いたような

waraji
「二足の草鞋(わらじ)を履く」の意味と誤用と ~否定的な印象を抱かれないようにする複業時代の自己紹介のコツ

働き方革命が進み、副業(複業)を認める会社も増えてきました。 た

summer
夏日と真夏日、猛暑日と酷暑日、熱帯夜の定義と違いについて

自分が子どもだったころ、夏休みは「朝の涼しいうちに宿題をすませるように

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑