*

「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は、「みかんの収穫がもっとも忙しい時期になってきた」という意味として用いられますが、今回はこの「佳境」という言葉の意味と使い方、誤用について紹介をします。

「佳境に入る」「佳境を迎える」という言葉の意味と誤用について

kagetsu

「佳境に入る」「佳境を迎える」の「佳境」には「興味深いところ」「面白い場面」という意味があります。

「佳境に入る」「佳境を迎える」の「佳境」は「興味深いところ」「面白い場面」という意味
程度のピークを表す意味は(元々は)なかった

「佳境に入る」「佳境をを迎える」の「佳境」という言葉には「面白い場面」という意味があり、「佳境」には置かれている状況が山場であったりピークを迎えているという意味はありません「佳境に入る」「佳境を迎える」という言葉に、補説として「最盛期」という使い方を紹介する辞書や学説なども増えてきています。そのため「忙しさがピークを迎えた」というような意味合いで使ったとしても、問題にはならないというのが通説になりつつあると考えても良いでしょう。

気を付けてほしいのは、出版やメディア関係のお仕事をされている場合。「補説」というのは、あくまでも「参考程度にこんな言葉の使われ方も一般的になりつつますよ」という、参考の指針とするべき程度のもの。元々の「佳境」には「程度がピークを迎えた」という意味はありませんので、公的な場面では「佳境を迎える」という表現の使い方には注意が必要です(出版社や新聞社などでは、程度がピークを迎えたという意味での「佳境を迎える」という表現をNGとしているところが多くあります)

「佳境に入る」「佳境を迎える」の「佳境」、その「佳」という文字の意味と由来は?

「佳境」の「佳」という字は、「佳作」「佳客」「佳会」「佳景」「佳月」などに用いられることからもわかるとおり、優れて良いこと、美しいことという意味を持ちます。

「佳境に入る」「佳境を迎える」というのは、すなわち、良い場面であるということ。そこから転じて「興味深い」「面白い場面」という意味で使われるようになりました。

「佳」の「圭」という字は「土」という字がふたつ連なっていて、整った印象を与えます。そこから由来して、「佳」=「美しい人」という意味を持ち、「美しいもの」への総称として使われるようになったのです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

no image

自分を思えば、我慢できること。相手を想えば、我慢してはいけないこと。

昨日はブロック会にお集まりいただいて、ありがとうございました。 万人に受け入れられる方法って、ない

記事を読む

「割愛する」には不要なものを省略するという意味はなかった ~「割愛」の誤用と正しい意味と

「時間の関係で、この部分の説明は割愛させていただきます」 プレゼンや会議などで、こんなフレーズ

記事を読む

seityou

「感慨深い」と「感動」の違いは何? 「感慨深い」の正しい意味と使い方について

「感慨深い(かんがいぶかい)」という言葉があります。この「感慨深い」という言葉が使われている場面を想

記事を読む

iPhoneの無料アプリ「正しい日本語!できる大人の美しい言い回し!」が読み物として面白い

「万能な褒め言葉」「話を具体的にさせる切り返し」「うっかり聞いたことを忘れた!」など、様々な場面や対

記事を読む

夕立は馬の背を分ける ~雹(ひょう)と霰(あられ)の違いについて

入道雲![/caption] 梅雨明けのニュースが届き始めると、いよいよ夏本番ですね。

記事を読む

「遺憾に思う」「遺憾の意」に謝罪の意味は含まれていない?

「ありがとう」と「ごめんなさい」という言葉を素直に言える人って素敵ですよね。謝る状況になっているとい

記事を読む

「爽やか(さわやか)」の意味と使い方に注意 ~「風薫る爽やかな季節となりましたが」はOK?

時候の挨拶は手紙の書き出しで用いる礼儀文ですが、四季の移ろいを伝え相手を思い遣る一文でもあります。凍

記事を読む

「不肖(ふしょう)」という言葉の意味と使い方に要注意!

「不肖(ふしょう)」という言葉は、「不肖山田太郎、一生懸命務めさせていただきます」という風に「私のよ

記事を読む

バーモントカレーのパッケージ、サイズが半分になっている理由を推理してみた!

バーモントカレーのパッケージ、どんな形をイメージしますか? 子どもの頃からずっと甘口のカレーを

記事を読む

「請う」と「乞う」の違いと使い分け ~乞うご期待か請うご期待か

「許しを請う(こう)」「教えを乞う(こう)」などで使われる「請う」と「乞う」はお願いをするときに使わ

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑