*

「引け目」と「負い目」って同じ意味!? ~「引け目」と「負い目」の意味の違いと使い分け、誤用について

公開日: : 最終更新日:2018/08/15 140文字で変わる表現力 , , , ,

「引け目を感じる」「引け目を持つ」「負い目がある」と、一歩引いたようなニュアンスで用いる「引け目」「負い目」という言葉ですが、この二つは同じ意味なのでしょうか。それとも違う意味なのでしょうか。

「引け目」と「負い目」の意味の違い、使い分けについてまとめます。

「引け目」と「負い目」の意味の違いと使い分けについて

hikeme

「引け目」も「負い目」も否定的な感覚を表すという点では一致しますが、視点をどこに置くかという点で意味が異なります。

引け目
他人に比べて自分は劣っていると思う気持ち
やましいところ

負い目
助てもらったり、つらい目にあわせたりしたことについて負担に思う気持ち

引け目は他人に比べて自分は劣っていると思う気持ちを表す意味、それに対して負い目は助けてもらったり、つらい目にあらわせたりして負担に思う気持ちを表す意味を持ちます。

「引け目」という言葉を用いるときは自分に視点を置きます。

他のみんなは放課後の掃除を一生懸命頑張っていたのに、自分は何もしなかった。だから僕は、クラスの皆に引け目を感じてしまう。

たとえばこの例文の場合は、「何もしなかった自分はダメな奴だー」というニュアンスを読み取ることができます。このように「自分ってダメだな」と「自分」に否定的な意識を向けるときは「引け目」という言葉を用いてください。

それに対して

体調を崩して掃除にまったく参加できなかった。自分がしんどい時に助けてくれたクラスの皆には負い目があるんだ。

という例文ではどうでしょうか。この文章になると「クラスの皆のおかげで」「クラスの皆に申し訳ない」というニュアンスを感じとることができるのではないでしょうか。このように「おかげで」「申し訳ない」という他の対象に対する感情を抱いて表現するときは「負い目」という言葉を用いると良いでしょう。

引け目という言葉が「自分が引いている」という感覚、そして負い目という言葉が「誰かに負っている」という感覚があるということを意識しておくと、「引け目と負い目」の違いはすっきりしてきますね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

丸いと円いの違いについて ~お雑煮のなかが丸い理由と三本締めの意味と

丸いと円いの違いについて。 丸いは立体的なもの 円いは平面的なもの たとえば、

記事を読む

calendar

「抱負」と「目標」の意味の違いと使い分けは何? 「抱負」にはなぜ「負」という字があるのか?

新年にあたって抱負を語る、今年の目標を決めるという風に「はじまり」のときに使われることの多いこの「抱

記事を読む

「姑息」には「卑怯」という意味はなかった! ~姑息の誤用と正しい意味と

「姑息な手段を使いやがって」という言い方を聞くと、卑怯な方法で解決に至ったことに憤っているような印象

記事を読む

「無礼講」の反対語の「慇懃講」、この「慇懃(いんぎん)」「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」の誤用と使い方に注意!

「今夜は無礼講で」という呼びかけで始まる宴席。実際のところはともかく、参加者の地位や身分に関係なく行

記事を読む

ツッコミを意識した言葉の選び方が会話を生み出す、その実践

新しいクラス、職場、組織。最初はお互いのことがよくわからないなかで、次第に自分の居場所を見つけていく

記事を読む

「ご教授ください」と「ご教示ください」の意味の違いと使い分け ~何を教えてもらうのか

自分のことを話すよりも相手に質問をして話をしてもらった方が会話が弾むのは皆さんもご存じだろうと思いま

記事を読む

牧師と神父の違い ~プロテスタントとカトリックの区別

宗教的な区別、違いの言及は誤解を招いてしまう可能性があります。 コトバノでお伝えすることは、あ

記事を読む

syuuha

政治の世界のニュースでよく使われる「秋波を送る」の意味と読み方、由来について

政治の世界のニュースでは、よく「秋波を送る」という表現が使われます。 「議員のAさんは若い世代

記事を読む

「下さい」と「ください」の意味の違いと使い分け ~英語にすると区別しやすい!

「神戸のコピーライターです、言葉や表現のお仕事がありましたらご用命ください」と書くとき、この「くださ

記事を読む

「目を皿のようにして探す」とは、目をどんな形にして探しているのでしょうか? 「目を皿のように」の意味と誤用と

「目を皿のようにして探す」という表現があります。何かを探していることは間違いないのですが、「目を皿の

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑