*

駅のホームで領収証を破り捨てることに決めた ― 本気には動詞の伴うものだから。

経営者が経営者の話を聞くと、どんな話も素晴らしいものに思えてしまって危険なので、自分はいつも、経営者の話を聞くときはこの会社の従業員として働きたいかどうかという問題意識で耳を傾けることにしています。

・銀行との上手な付き合い方、銀行からの融資の受け方セミナー

「借りられた」ことを羨む経営者。
「借りているんだ」という事実を不安に思う、従業員とその家族。

・本気の想いが会社を変える!

「覚悟を決めて経営に取り組んでいる、すばらしい」と称賛する経営者。
「そうは言っても、結局は飲み会に参加したいだけでしょ、経費でしょ」と思う従業員。

同じ立場で聞くことが、問題意識を薄くしてしまう

どんな時間に臨むときも、現状をより良くしようとするときは問題意識を持って取り組むことが大切。ところが、経営者なら経営者の、営業マンなら営業マンの立場で話を聞いてしまうと、その時点で「何かを得たい」という想いが強くなりすぎて、その時間に対する評価は「すばらしかった」「実践してみようと思った」と、借り物の言葉になってしまいがちです。

向き合う相手の立場で話を聞けば、「すばらしい」という称賛ではなく「本当かな」の問題意識が強くなるので、自分の信念に照らし合わせて行動を決めることが出来る。

本当の答えは、鏡のなかにあるもの
経営者なら従業員の方の、営業マンならお客さんの・・・ たとえば、そういう気持ちになりきって臨むようにすると、「刺激になった」「学びになった」という安っぽい感想で、その時間は終わらないようになるのではないでしょうか。

駅のホームで捨てて帰る領収証

「いい話だった」
「刺激になった」
「学びになった」

何をやるという動詞の伴わないこれらの言葉は、時間を無駄に費やしたことの証
自分ルールとして、一日を過ごしたあとに動詞を伴なうことが出来なかった場合は、帰りの駅のホームで、そのセミナーや勉強会でもらった領収証を破いて捨てて帰ることにしています(=経費にはしません)。

本気とは動詞を伴うこと。

「その気になった」と「これをする」のあいだには、大きな大きな違いがあることを知っておかなければ、時間という貴重な財産を無駄に費やすことになってしまいます。

向かい風、追い風、さて、動詞を決めて進み始めた先がどうなるのかはその人次第ではありますが、こんな風が吹くだろうと思っていたんだと評論家ぶっている人の背中には誰もついてこないということ、それはもう、説明する必要もありませんよね。

失敗という財産も、それは、動詞を決めた人が得ることの出来る宝物。

今日を明日にリレーするために、明日の自分へどんな動詞を渡すことが出来たかどうか
一日の終わりにそれを考えて、これからも本気でありたいと思うものです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「御社」と「貴社」の違いと使い分け ~就活のときに覚えたルールで大丈夫? 履歴書のコツとは?

就職や転職活動のときに履歴書を書いて送るのは一般的。応募先企業のことは「御社」か「貴社」か、どちらで

記事を読む

no image

アイデアは、飲み会よりもドリンクバーで生まれるものだ。

お酒を飲みながらの打ち合わせ。 おいしい食事もいただけます。うまいお酒もいただけます。

記事を読む

「弊社」と「当社」の意味の違いと使い分け ~抗議のときは「当社」を使う!

私たちの会社という意味を表す熟語に「弊社」「当社」という言葉があります。今回はこの「弊社」と「当社」

記事を読む

動かない理由を考えるより、失敗した数を誇ろう ~零細企業にありがちな悩みごと

グランドサークル岩松さんによるタイムマネージメント講座に参加してきました。 座

記事を読む

no image

ラーメン屋さんの入口で、僕の背後霊を数えられたら。

病院にて。 「さ、今日はどこ診察させてもらいまひょかー?」と、言われるのと、 「お、顔色悪

記事を読む

こだわりのあるお店に行ってはいけないその理由! ~こだわりのないお店の方がいい!?

こだわりのある紅茶!こだわりのない紅茶![/caption] 神戸の西区にある、紅茶専門店ア

記事を読む

no image

選ばせないという選択肢。

どっちにしようかな、と悩ませるのではなく、どちらもどうぞと「与える」ことを選択肢にしてしまう。もちろ

記事を読む

no image

YouをIにすると、動詞が変わる、結果が変わる。

あれをやれ、と、人に指図して管理するのは簡単です。 そして、言われた人は、仕事ではなく、作業とし

記事を読む

バーモントカレーのパッケージ、サイズが半分になっている理由を推理してみた!

バーモントカレーのパッケージ、どんな形をイメージしますか? 子どもの頃からずっと甘口のカレーを

記事を読む

no image

「安売りはだめだ」を言い訳にしていて。

昨日の問題には多数のご回答をいただいております。 皆さんの意見、本当に面白いものばかりでしたので

記事を読む

Comment

  1. Inazawa より:

    ばたさん。想いも生き方もアートやね。
    この文字からも、熱い想いを感じる。
    その先にいる人になって聴く。
    売り手理論になってないか?
    自分への問いかけ続けられる、問いで人は、変化していくように思っています。
    熱いバタさんには、熱いファンが多くなるんやろね。
    ありがとう。

  2. 満足を量る仕組みに感動を。

    昨日は、兵庫県中小企業家同友会、
    西神戸支部、北播支部、青年部の合同例会。

    報告は株式会社ディライト代表取締役 入江伸悟氏。
    20歳で焼肉亭を開業され、紆余曲折の後、現在は3店…

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑