*

その文章、相手の想像力に委ねていますか?

公開日: : 140文字で変わる表現力

強いサッカーチームは、味方たちを信じて、フォワードは前線に残ったままであるといいます。

言葉の世界でも同じ。
相手の理解力や読解力に不安を覚えて必要以上の言葉を連ねてしまうと、それは人それぞれの持つ想像力を阻害してしまうことになります。

たとえば、

△卒業式まで、もうすぐだ。

これは事実を伝えただけで、読み手に何の想像も与えることが出来ません。ではこれを、次のような文章に改めてみて、印象の違いを検討してみます。

◯もうすぐ校舎が思い出になる。

こうすると、卒業を控えてこれまでの学校生活を回顧する作者の心理、あるいは、通っていた学校が取り壊されることになった雰囲気が伝わってこないでしょうか?

卒業なのか、取り壊しなのかわからない。ただ、思い出という単語を使うことで、その校舎に対する登場人物の想いを読者の想像力に委ねることが出来るようになります。

【釘付け】くぎづけ (名)スル 1 釘を打ちつけて,動かないようにすること。「窓を━する」 2 その場から動けないようにすること。また,その状態。「その場に━になる」 3 視線の先に、いつも決まった相手のいること。「つまりあなたに」
【釘付け】くぎづけ (名)スル 1 釘を打ちつけて,動かないようにすること。「窓を━する」 2 その場から動けないようにすること。また,その状態。「その場に━になる」 3 視線の先に、いつも決まった相手のいること。「つまりあなたに」 Photo by bata

拙作で恐縮ですが、「つまりあなたに」に続く言葉を省略することで、そこに余韻を生む効果が得られました。皆さんはどんなフレーズを想像されましたでしょうか?

説明書でないのなら、相手の想像力に委ねた言葉の置き換えと省略を考えてみる。余韻は、わかりやすい文章以上に印象の深さを与える。

文章表現は、読み手を信頼したキャッチボール。冗長に流れない話を組み立てて、相手の心に自分の個を植え付けていきたいですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

豹変するという言葉に悪い意味はなかった! ~送り狼とは何か?

豹![/caption] 太陽に焦げていたアスファルトがひとやすみ。忙しそうに行き交う人たち

記事を読む

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」の違い、使い分けと覚え方について

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」は、その使い分けが難しく、平仮名やカタカナで「おすすめ」「オススメ

記事を読む

授賞式と受賞式はどっちが正しい? ~Perfumeの銀賞じゅしょうのニュースに触れて

Perfumeがカンヌ国際広告祭で銀賞を受賞したパフォーマンスが話題になっていますね。 //w

記事を読む

ガラスの「十代」か「十台」か ~代と台の使い分け

8人目の光GENJIを自称していたこともある@bataです。 【送料無料】【ベストアルバムSA

記事を読む

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もはや語るに落ちた」という風に、「

記事を読む

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い

結婚式でピアノの演奏を頼まれたことがあります。 ピアノ演奏[/caption] 演奏直

記事を読む

百冊の教科書に書かれている正論よりも、「しんどかったね」のたった一言が心を溶かすこともある。

「言ってることは正しいと思うんだけど、なんか、疲れるんだよね」と評されてしまう人がいます。 ど

記事を読む

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻をまくって逃げ出した」という風に

記事を読む

「号泣」の誤用と本当の意味 ~映画館で号泣したら怒られます

犬が大好きなのですが、犬の出てくる映画は予告編で涙が止まらなくなってしまいます。 南極

記事を読む

「観賞」と「鑑賞」の意味の違いと使い分けについて ~同じ草花でも「観賞」も「鑑賞」も使う

「趣味は?」と問われて返す「映画鑑賞」。この「かんしょう」という言葉には「観賞」と「鑑賞」の2つがあ

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑