*

ガラスの「十代」か「十台」か ~代と台の使い分け

公開日: : 最終更新日:2013/06/03 140文字で変わる表現力 , , ,

8人目の光GENJIを自称していたこともある@bataです。

1987年にヒットした光GENJIのガラスの十代。この曲を作詞作曲したのがCHAGE&ASKAのASKA(飛鳥涼)さんで、当時小学生だった自分は、まずローラースケートに憧れ、そして二人の楽曲へとハマっていったのでありました。壊れそうなものばかり集めてしまった遠い日の思い出。嗚呼懐かしい。

genji

代と台の使い分けについて

順位だとか、金額、年齢や時代について、「~だい」という書き方をしますよね。
今日はその簡単な区別、覚え方についてご紹介します。

「代」は年齢、年代について使う
「台」はそれ以外の数量の範囲を示すときに使う

冒頭でお伝えした、ガラスの十代という曲は青春をうたっています。その壊れやすく傷つきやすいのは十代という年齢・年代なので代を用いるのですね。それに対して、マラソン大会の順位は三十番台だったというように、30位~39位の範囲を示す数字の場合は台を用いることとされています。また、代は助数詞としても機能するので、地位を継いだ順序を示すときにも用いられます。第四代将軍、第十二代天皇などといった地位順の場合は代を使うことになります。

光GENJIが全盛だった時代を懐かしむ世代は、ガラスの十代を生きてきた

なんてまとめ方は、強引過ぎますでしょうか。

どうか呆れられてしまいませんように。
どうかさよならは間違いでありますように。

(オチが理解してもらえますように)


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」の誤用と正しい意味と ~おっとりしてません!

「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」という表現を「ゆっくり落ち着いて行く」という意味で考えて

記事を読む

「下さい」と「ください」の意味の違いと使い分け ~英語にすると区別しやすい!

「神戸のコピーライターです、言葉や表現のお仕事がありましたらご用命ください」と書くとき、この「くださ

記事を読む

自己啓発本ブームに殺されないために「使ってもいい」自分を許す言葉

「起こることには意味がある」 「すべてのことは自分に原因がある」 などなど。

記事を読む

no image

質問は、相手の心に自分を置くということ。

これからもお願いしますは自分に関心を向ける言葉。 これからも楽しみにしていますは相手に

記事を読む

「選挙が終わって、悲喜こもごもの各選挙事務所」という表現は間違い!

投票![/caption] 投票を終えてもらう投票済証明用紙。明石では「明るい選挙推進協会」

記事を読む

結婚式のタブー、使ってはいけない言葉 ~挨拶やスピーチで使ってはいけない忌み言葉一覧

結婚式などの祝いの席では「終わり」や「繰り返し」を連想させるような忌み言葉を使ってはいけないとされて

記事を読む

no image

「余計なお世話じゃ!」を意識して作る会話の台本。

「今なら1000円引きでお得ですよー、良かったらいかがですか?」 これってつまり、売り手の論理

記事を読む

「時」と「とき」の使い分け ~困ったときに思い出したいその区別

時のまち、明石からお届けしているコトバノ。 明石市を通る東経135度の経度が日本標準時

記事を読む

バーモントカレーのパッケージ、サイズが半分になっている理由を推理してみた!

バーモントカレーのパッケージ、どんな形をイメージしますか? 子どもの頃からずっと甘口のカレーを

記事を読む

no image

その文章、相手の想像力に委ねていますか?

強いサッカーチームは、味方たちを信じて、フォワードは前線に残ったままであるといいます。 言葉の世界

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑