*

通勤や通学時にiPhoneで聴くことの出来る青空朗読(無料)が素敵!

aozora

青空文庫のコンセプトが大好きです。

青空の本は、読む人にお金や資格を求めません。
 いつも空にいて、そこであなたの視線を待っています。
 誰も拒まない、穏やかでそれでいて豊かな本の数々を、私たちは青空文庫に集めたいと思うのです。

 先人たちが積み上げてきたたくさんの作品のうち、著作権の保護期間を過ぎたものは、自由に複製を作れます。
 私たち自身が本にして、断りなく配れます。
 一定の年限を過ぎた作品は、心の糧として分かち合えるのです。

引用元:青空文庫の提案

心の糧となる、文学作品たち。電子の海を通じてそれらに触れることが出来るのはこの上ない喜び。ボランティア有志たちのその尽力に、ただただ敬服するばかりです。感謝、感謝。

iPhoneでもすぐに聴ける青空朗読

青空朗読では、その青空文庫に掲載されている作品のいくつかを音声データ形式で配布してくれています。

青空朗読 | 青空文庫に所蔵されている本を朗読しています

ロボットではなく、これもまた、ひと(ボランティア)による朗読。本当に有り難いことです。再生には特別なソフトは一切必要なく、リンク先からMP3と書かれた箇所をクリックすればすぐに聴くことが出来ます。もちろん、費用は一切必要ありません。

朗読を鑑賞していると、優れた文章には頭に響きやすいリズムがあることに気付かされます。どんな文章に触れるときにも、ひとは頭の中でその音を意識無意識のうちに鳴らしながら読んでいるもの。名作のリズムを耳で味わい、そのリズム感を意識した文章を書けるよう鍛錬していくことが出来ると素敵ですね。青空文庫と比較すると公開されている作品数は限定的ですが、PCはもちろん、iPhoneやAndroidからでもすぐに聴くことが出来ますので、通勤や通学、散歩のときにでも是非、堪能してみてください。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

no image

「温かい」と「暖かい」の使い分け – 心は寒くて冷たくて。

今日は、あたたかい話題をお届けします。 「温かい」と「暖かい」の使い分けは、それぞれ、反対の

記事を読む

「一時雨」と「時々雨」、「のち雨」の違いは何か ~天気予報の当たる確率

傘[/caption] 雨、続く関西。体調を崩している方もたくさん。低気圧が近づくとうちの熱

記事を読む

会話で使う「僕も、私も」の「も」(助詞)は、使い方を間違うと主役を奪ってしまうので要注意!

川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われています。 [/captio

記事を読む

「苦渋を味わう」「苦渋をなめる」「苦汁をなめる」「苦汁を味わう」の誤用と正しい使い方

「苦渋」も「苦汁」もどちらも「くじゅう」と読むため、会話で使う限りはその後に続くのが「味わう」でも「

記事を読む

iPhoneで豆本を作る方法 ~小窓文庫さんの作品とページが素敵

紙には紙の良さ、電子書籍にはない温もり、開く感動、渡す喜び。 たくさんの人の目に触れる機会を作

記事を読む

bankokuki

「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆるものの準備が整った状態のこと

記事を読む

結婚式のタブー、使ってはいけない言葉 ~挨拶やスピーチで使ってはいけない忌み言葉一覧

結婚式などの祝いの席では「終わり」や「繰り返し」を連想させるような忌み言葉を使ってはいけないとされて

記事を読む

「目を皿のようにして探す」とは、目をどんな形にして探しているのでしょうか? 「目を皿のように」の意味と誤用と

「目を皿のようにして探す」という表現があります。何かを探していることは間違いないのですが、「目を皿の

記事を読む

実はコトバノの作者は「最高学府」の出身だった! ~最高学府を東京大学とするのは誤用

最高の学問を学べる場所は東京大学だからと最高学府(さいこうがくふ)という言葉を東京大学のことであると

記事を読む

no image

[メモ]Windows8.1の起動時にデスクトップをすぐに開く方法

Windows8.1から、Windows XPや7と同じように、スタート画面を経由せずとも直接デスク

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑