*

95歳と97歳と102歳の場所取り合戦 ~タイトルに数字を入れる効果

本屋さんで、95歳と97歳、そして102歳が戦ってました。ユニークな並びですよね。

【送料無料】あら、もう102歳 [ 金原まさ子 ]

【送料無料】あら、もう102歳 [ 金原まさ子 ]
価格:1,260円(税込、送料込)

タイトルに数字を入れるその効果

書籍やブログのタイトルに数字が入っていると、売上やアクセスが増えるのだそうです。「必ず痩せる方法」と「3か月で13㎏痩せた、3つの習慣」であれば、どちらの方がその情報に触れてみたいか明らかですもんね。数字は具体的であればあるほど良く、たとえば「100%の合格率」と書くよりも「96.8%の進学率」と書いたほうが、数字の具体性が読んでいる人の想像力に働きかけるのだとか。

また、数字は具体的なイメージに繋がるので興味を惹きやすいといわれています。3000人の吹奏楽というイベントがあるのですが、普段、50人程度でステージで演奏する吹奏楽団が、3000人も集まるとはいったいどういうことだろう?と、興味を覚えますよね。これが「関西一円の吹奏楽団が集まった大規模な演奏会」であれば、おそらく、そこまでキャッチな効果は見込めなかったと思います。

数字の力を観察して、その工夫に気付いてみる

本屋さんの自己啓発本やコンビニの雑学本コーナー。

この数字の効果を利用した書籍がたくさん並べていることがわかります。数字は説得力を持っていますので、私たちもつい、そんな本を手に取ってしまいがちですが、一方でこれは、巧みなマーケティングそのもの。なんとか目に留めてやろうという売り手側の意図を十分に理解したうえで本を開いてみると、また、違った発見があるかもしれません。タイトルに酔ったまま中身を覗くのではなく、タイトルをキャッチにしたこの本は、さらにどんな工夫をしてレジへの導線を考えているのだろうかという観察をしてみると面白いですよね。

タイトルに数字があると、具体的で読み手の想像力に働きかける
タイトルに数字があると、具体的で興味を惹きやすい

ただし、入口がどれだけ美しくとも、その店の奥が散らかっていれば、お客さんは立ち去ってしまいます。数字のマジックは磨き上げた本質をより輝かせるための旗を振る手段の一つであることは、理解しておきたいものです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「苦渋を味わう」「苦渋をなめる」「苦汁をなめる」「苦汁を味わう」の誤用と正しい使い方

「苦渋」も「苦汁」もどちらも「くじゅう」と読むため、会話で使う限りはその後に続くのが「味わう」でも「

記事を読む

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない

印刷した年賀状を送る代わりにメールで新年の挨拶を済ませる方も増えてきました。 手段は変

記事を読む

「珠玉(しゅぎょく)」の意味と誤用 ~「珠玉の長編小説」という使い方は誤り!

美しいもの、尊いものを表現するときに用いる「珠玉(しゅぎょく)」という言葉があります。海の珠(たま)

記事を読む

蜘蛛の巣!

「リンクを貼る」と「リンクを張る」、正しいのはどっち?

蜘蛛の巣![/caption] 蜘蛛の糸、巣。 鉛筆程度の太さの糸で作られた巣を用いれ

記事を読む

no image

YouをIにすると、動詞が変わる、結果が変わる。

あれをやれ、と、人に指図して管理するのは簡単です。 そして、言われた人は、仕事ではなく、作業とし

記事を読む

「一段落(いちだんらく)」の誤読に注意 ~「ひとだんらく」と読んでいませんか?

「作業が一段落したら休憩しよう」という風に使われる「一段落」。誤読されることの多い漢字なので、しっか

記事を読む

「ご査収ください」の意味 ~「ご査収ください」はメールでは使わない方が無難

ビジネスレターやメールでよく使う「ご査収ください」という言葉ですが、本来の意味を送り手・受け手の双方

記事を読む

ondo

利用頻度は高い?大きい? 頻度は高いのか大きいのか、低いのか小さいのか、正しい使い方と覚え方

あることが繰り返し行われたり、あらわれたりする度合いのことを「頻度(ひんど)」と言います。 今

記事を読む

tenteki

「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただけますでしょうか」と、自分が休

記事を読む

「飲み倒す」の意味、間違っていませんか? ~「飲む」と「のむ、呑む」の違いについて

「この店にあるお酒、全部飲んでやるぜー」というような意味合いで使われることの多い、この「飲み倒す」と

記事を読む

Comment

  1. […] ◆ 95歳と97歳と102歳の場所取り合戦 ~タイトルに数字を入れる効果 ( via コトバノ ) […]

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑