*

「深い絆」という言葉は誤用 ~目指すのは強い絆

公開日: : 最終更新日:2014/03/18 140文字で変わる表現力 , ,

紐

東日本大震災のあった2011年には日本漢字能力検定協会の今年の漢字に選ばれた「絆」。

ひととひととの繋がりを示す綺麗な意味として使われるこの漢字はよく「絆を深める」といった表現で使われることが多いのですが、語源を調べればその使い方が誤りであることに気がつきます。

絆の語源 ~だから絆を深くすることは出来ない

絆(きずな、きづな)は、本来は、犬・馬・鷹などの家畜を、通りがかりの立木につないでおくための綱。しがらみ、呪縛、束縛の意味に使われていた。「ほだし」、「ほだす」ともいう。
人と人との結びつき、支え合いや助け合いを指すようになったのは、比較的最近である。

引用元:絆 – Wikipedia

元々は「束縛する」意味であったことが「絆」の由来。意外なことに、支え合いや結びつきの意味で使われるようになったのは最近のことだったのですね。

そして、「絆」という字は糸偏であることからも理解出来る通り、「紐(ひも)」そのもののイメージです。たとえば犬の散歩で使うリード。「深い紐」「深いリード」という表現は、やはり違和感を覚えるのではないでしょうか? ぐいぐいと引っ張っていくような犬がいて、飼い主がその紐(リード)を持つ。その場合の紐は「深い」のではなく、「強い」と書くのが自然なはず。「絆」も同じことで、これを「深い絆」と書くことは誤りとなります。

深くなるのは溝ばかり

強い絆の対になる表現に「深い溝」があります。絆を深めることは出来ませんが、ほんの誤解で相手との溝を深めてしまうのは一瞬。深さを目指すよりも強さのある、そんな絆でありたいものですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「海千山千(うみせんやません)」という言葉の意味と誤用に注意! ~褒めるつもりで使うと?

海千山千(うみせんやません)という言葉があります。「社長は海千山千でいらっしゃいますから、さすがです

記事を読む

「割愛する」には不要なものを省略するという意味はなかった ~「割愛」の誤用と正しい意味と

「時間の関係で、この部分の説明は割愛させていただきます」 プレゼンや会議などで、こんなフレーズ

記事を読む

貰った柿よりも、腕を伸ばして捥いだ柿の方が美味しい。

韓国の業者さんから、取引依頼のメールがやってきます。 最初のころはカタコトの日本語だけで構成さ

記事を読む

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻をまくって逃げ出した」という風に

記事を読む

「請う」と「乞う」の違いと使い分け ~乞うご期待か請うご期待か

「許しを請う(こう)」「教えを乞う(こう)」などで使われる「請う」と「乞う」はお願いをするときに使わ

記事を読む

「失笑」と「爆笑」の笑い方の違いについて ~誤用の多い失笑と爆笑の正しい意味は

「笑いを失う」と書くため「失笑」の意味を「笑いも出ないくらいに呆れる」「あざ笑う」と考えてしまうこと

記事を読む

no image

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

まずは告知です。 会社を経営するなかで、実践してきたこと。 お客様の広告のお仕事を手伝うなか

記事を読む

「したり顔」「どや顔」の意味と誤用について ~したり顔=知ったかぶりではなかった本当の意味

「したり顔で彼は知識をひけらかしてばかりいる」というように「したり顔=知ったかぶり・よく知っている」

記事を読む

「お名前を頂戴する」という誤った敬語を使っていませんか? ~「頂戴」と「ちょうだい」の違い

「お名前を頂戴(ちょうだい)できますでしょうか?」という表現はよく耳にします。しかし、この「お名前を

記事を読む

「下さい」と「ください」の意味の違いと使い分け ~英語にすると区別しやすい!

「神戸のコピーライターです、言葉や表現のお仕事がありましたらご用命ください」と書くとき、この「くださ

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑