*

「一時雨」と「時々雨」、「のち雨」の違いは何か ~天気予報の当たる確率

傘

雨、続く関西。体調を崩している方もたくさん。低気圧が近づくとうちの熱帯魚たちはソワソワし始めて、産卵することがよくあります。満月や新月、そして低気圧。魚たちの小さな身体のどこに、それを感じるアンテナがあるのでしょう。生き物それぞれにある宇宙、実に神秘的です。

一時雨と時々雨の区別

見上げれば憂鬱な雨雲。天気予報に出てくる「一時雨」と「時々雨」の違いについて調べてみました。

一時雨とは連続して雨の降っている時間が四分の一未満のこと
時々雨とは断続的に雨の降っている時間が二分の一未満のこと

24時間のうち、「一時雨」は最長で6時間。「時々雨」は最長で12時間の雨が降る可能性を伝えているんですね。ただ、「一時雨」は「連続して」で、「時々雨」は「断続的に」である点に注意が必要でしょうか。

断続的に雨、ということは、雨が降ったり止んだりするという意味。どちらも傘が必要であることには違いありませんが、「一時雨」の場合は、一度雨が止んでしまえば、もう傘は必要ないというニュアンスで読み取ることが出来ます。一時雨の「一」は「一度止んでしまえば」の一という覚え方をしておくと、天気予報の伝える内容もイメージしやすくなります。

のち雨は、いつから?

晴のち雨という表現の「のち」。順序を表す「のち」ですので、晴れの後に雨が降るということは間違いないのですが、それではいつから雨が降り出すのかわかりません。天気予報では、お昼頃を境に天気が変わるとき、「のち」という表現を使うのだそうです。晴れのち雨という予報であれば、午前中は傘は必要ないと思いますよーという伝え方をしているんですね。

天気予報の当たる確率はどれくらい?

気象庁は降水の有無の適中率を公表しています。つまり天気予報の当たり外れについて公開しているんですね。

気象庁 | 降水の有無の適中率の例年値

この表をみると天気予報の通りに明日雨が降る確率は80%。天気予報の当たる確率は80%程度という評価が出来そうです。さて、皆さんはこれについてどんな感想を抱かれましたでしょうか。梅雨明けのまだ遠い6月後半。重たい空に負けないような時間を過ごしてくださいね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「御の字(おんのじ)」という言葉の誤用と正しい意味 ~満足だったのか、納得だったのか

「貸したお金の半分がようやく戻ってきた、まあいくらか返ってきただけでも御の字(おんのじ)だね」と御の

記事を読む

台風の当たり年なんて100%あり得ないその理由

台風の上陸って、北海道・本州・四国・九州の本土の場合のみを言うのだそうです。それ以外の島々については

記事を読む

「飲み倒す」の意味、間違っていませんか? ~「飲む」と「のむ、呑む」の違いについて

「この店にあるお酒、全部飲んでやるぜー」というような意味合いで使われることの多い、この「飲み倒す」と

記事を読む

なぜ「情けは人のためならず」は正しく使われるようになった? ~反対の意味になる諺は何?

「情けは人のためならず」の正しい意味はひとに対して情けをかけていけば、まわりまわって、自分に戻ってく

記事を読む

「やるせない思い」を「やるせぬ思い」と書いていませんか? ~やるせないの意味と誤用と

片思いの気持ちなどを表現するときに「やるせない気持ち」と書くことがあります。「やるせない」とは「思い

記事を読む

塩昆布!

海藻と海草の違い ~昆布がおせち料理に入っている理由

塩昆布![/caption] 今日は結論からいきましょう。 海草には、根、茎、葉の

記事を読む

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻をまくって逃げ出した」という風に

記事を読む

「混ぜる」と「交ぜる」の違いと使い分けを「さんずい」で覚える!

「絵の具をまぜる」「女の子のグループに男の子が一人まざっている」など「混ぜる」と「交ぜる」という漢字

記事を読む

「弊社」と「当社」の意味の違いと使い分け ~抗議のときは「当社」を使う!

私たちの会社という意味を表す熟語に「弊社」「当社」という言葉があります。今回はこの「弊社」と「当社」

記事を読む

「なし崩し」の意味は「曖昧にする」「うやむやにする」ではない ~なし崩しの誤用と正しい意味

「約束はなし崩しになって、結局誰もやらなくなると思うよ」という風に「なし崩し」を「曖昧にする」「適当

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑