*

「謹んでお詫びいたします」か「慎んでお詫びいたします」か!? ~謹むと慎むの違いについて

新聞

新聞

新聞の購読部数が減っていることはみなさんもご存知かと思います。また、テレビではバラエティやニュース番組を中心にテロップ(字幕)が使われることが多くなってきました。このテロップ、意外に誤字や誤用が多かったりするんですよね。新聞は校正専門の部署があることからもわかる通り、表現のひとつひとつに細心の注意を払っています。同じことを伝えるのであっても、表現に対する配慮があるのはやはり新聞の方に一日の長がありますか。

内容を「知る」だけであれば手段は色々あっていいと思いますが、表現を「学ぶ」ときには新聞は最高のメディア。新聞各社の持つ思想はともかく、時々は、紙面の海に飛び込んでいろんな発見をしてみたいですね。

慎むと謹むの違い

不祥事などがあると「謹んでお詫びいたします」という表現がよく出てきます。「慎む」があるので、混同しやすい漢字といえるでしょう。漢字の使い分けで困ったら熟語にしてみるのも一つの方法ですが「謹慎」があるので、これまた難しいところです。

「謹む」には、相手を敬う気持ちが含まれる→《相手》
「慎む」には、自分が出過ぎぬよう行動を控える意味がある→《自分》

意味の違いとしてはこんな風になります。謹むは相手に対する敬意。冒頭の「お詫びする」であれば、それは相手に対する敬意が含まれていなければなりませんので「謹んでお詫びいたします」が正解となります。一方で「慎む」のは自分自身。場の空気を読んで調子に乗りすぎないようにする、悲しみの席で不遜な発言のないよう気を付けるなど、己の行動を律するときに使われます。

慎むと謹むの覚え方

電話番号の117と177と同じく、「二つの意味の違いはわかったけれど、いざとなったら思い出せない」のが表現や漢字の使い分け。この使い分けをすぐに思い出せるキーワードを紐づけておくと、記憶の引き出しから取り出してきやすくなります。

謹むと慎むの違いは、「謹賀新年」で覚えておく

謹むは「相手」に対する敬意、慎むは「自分自身」。年賀状でよく使う謹賀新年という表現は「謹んで新年のお慶びを申し上げます」と、相手を意識して送るものなのですから「謹」を使って敬意を表します。相手の存在を思うかどうかが、この漢字の使い分けのポイント。ならば、相手を想って送る年賀状を、この使い分けにリンクさせておこうというわけです。

謹しむと慎しむは間違い

謹むと慎むは、謹しむ・慎しむとしてしまいがち。送り仮名にも十分注意してくださいね。

慎むと謹むの語源

謹む、慎む。この漢字はどちらも「包む」を語源としていて、モノをあからさまに見せないという意味があります。いかにも日本語らしくて奥ゆかしいと思いませんか? 形式的に使われがちな「謹んで」「慎む」という表現ですが、相手を敬い、また、自分を律する、とても綺麗な表現。どちらの言葉も、背筋をしゃんとして使いたいものです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「共存」を「きょうぞん」と読んでいませんか? ~「存」の正しい読み方と区別の仕方

「争いを避けて共存していく道を探る」というような表現のときに使われる、この「共存」という言葉。「きょ

記事を読む

「失笑」と「爆笑」の笑い方の違いについて ~誤用の多い失笑と爆笑の正しい意味は

「笑いを失う」と書くため「失笑」の意味を「笑いも出ないくらいに呆れる」「あざ笑う」と考えてしまうこと

記事を読む

「姑息」には「卑怯」という意味はなかった! ~姑息の誤用と正しい意味と

「姑息な手段を使いやがって」という言い方を聞くと、卑怯な方法で解決に至ったことに憤っているような印象

記事を読む

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいります。危険ですから黄色い線の内側

記事を読む

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩など、目上の人に使ってはいけない

記事を読む

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます。「遊興費」という言葉、会話で

記事を読む

no image

その文章、相手の想像力に委ねていますか?

強いサッカーチームは、味方たちを信じて、フォワードは前線に残ったままであるといいます。 言葉の世界

記事を読む

「葬式、結婚式は恙なく(つつがなく)無事に終了しました」と書いてはいけない理由

誤用と呼ばれるような表現であっても、最近はその誤りが一般化してきていることもあって耳に入ってくる音だ

記事を読む

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け

多忙[/caption] 「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理

記事を読む

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もはや語るに落ちた」という風に、「

記事を読む

Comment

  1. […] ◆ 「謹んでお詫びいたします」か「慎んでお詫びいたします」か!? ~謹むと慎むの違いについて ( via コトバノ ) […]

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑