*

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は「残念で仕方がない」という意味ではなかった!

「慚愧に堪えない(ざんきにたえない)」「慚愧の念に堪えない(ざんきのねんにたえない)」という言い回しは、政治家や著名な方が残念な気持ちや謝罪の意思を伝えるときによく使う言葉。「本当に申し訳なく思っている」「残念だと考えている」というニュアンスで意味を理解している人も多いかもしれませんが、今回はこの「慚愧(ざんき)」という言葉について紹介します。

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は、単に「残念だ」という意味ではない

nakama

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」という言葉は役人言葉と揶揄されることも。「残念に思っております」という意味を小難しく遠回しに伝えているものだと考えられていますが、慚愧に堪えないとは「ただ残念だ」という意味だけではないことを知っておきましょう。

慚愧(ざんき)に堪えないとは、恥ずかしく思うという意味。
してしまったことを後悔しながら、それを恥じ入っている。

「慚愧に堪えない」とは、すでに終えた行為を後悔して恥ずかしく思うこと。恥ずかしく思うのですから、その行為自体に問題がある(原因がある)というニュアンスを含みます。

たとえば「私たちの大切な仲間を不慮の事故で失ってしまい、慚愧の念に堪えない」という表現にしてしまうと、仲間を失ったことの理由は自分に非があるという意味になってしまいます。行為に咎められる原因がなく、結果との因果関係がないのであれば、「私たちの大切な仲間を不慮の事故で失ってしまい、残念でならない」と書くべきでしょう。

「私たちの会社の人間がこのような事件を引き起こしてしまったことは、慚愧に堪えない」と書くとどうでしょうか。上述した通り、「慚愧に堪えない」には「恥ずかしく思う」という意味があります。この場合、事件を引き起こした本人はもちろんですが、管理監督するべき立場だった会社がそれを見抜けなかった点は恥ずかしいことだという意味合いを伝えることになり、使い方に問題のないことがわかります。

普段、私たちが日常で「慚愧に堪えない」という表現を使うことは滅多にないと思いますが、この表現は謝罪を伝える記者会見などでよく耳にします。そのとき、単に「残念に思う」の意味で使っているか「恥ずかしいことだと思っている」という意味で使っているか、意識して聞いてみると面白いかもしれません(悪趣味かもしれませんが^^;)

役人言葉の「遺憾に思う」「陳謝」の意味を復習しておこう

「慚愧に堪えない」と同じ役人言葉として「遺憾に思う」という表現が挙げられるのではないでしょうか。また、「陳謝と謝罪」の違いについても知っておくと記者会見などを見るときに意識が変わります。

「遺憾に思う」「遺憾の意」に謝罪の意味は含まれていない? | コトバノ

陳謝と謝罪の違いと使い分け ~泣いて謝るだけでは陳謝(ちんしゃ)とは言わない? | コトバノ

「遺憾に思う」「遺憾の意」という言葉も、わかっているようでわかっていない言葉。やはり記者会見などで使われているのをよく耳にします。自分たちが日常で使う言葉ではないかもしれませんが、遠回しな表現で問題の本質を有耶無耶にされていないかどうか、耳を傾けていたいですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「弊社社長が逝去いたしました」という言葉を使ってはいけない理由

仏像![/caption] 「死」は忌み嫌うべき言葉で、直接的な表現は避けるべきとされてきま

記事を読む

事故や事件の災害に「周年」という言葉の使い方は誤りか ~「周年」と「年目」の使い分け

結婚5周年や開店10周年など、慶事に使われる印象の多い「周年」という言葉。「周年」を事故や事件の災害

記事を読む

no image

「余計なお世話じゃ!」を意識して作る会話の台本。

「今なら1000円引きでお得ですよー、良かったらいかがですか?」 これってつまり、売り手の論理

記事を読む

聴いた風な? 利いた風な?  ~CHAGE and ASKAファンは特に勘違いしているかも

聴く![/caption] CHAGE and ASKAさんにLOVE SONGという曲があ

記事を読む

丸いと円いの違いについて ~お雑煮のなかが丸い理由と三本締めの意味と

丸いと円いの違いについて。 丸いは立体的なもの 円いは平面的なもの たとえば、

記事を読む

「葬式、結婚式は恙なく(つつがなく)無事に終了しました」と書いてはいけない理由

誤用と呼ばれるような表現であっても、最近はその誤りが一般化してきていることもあって耳に入ってくる音だ

記事を読む

waraji

「二足の草鞋(わらじ)を履く」の意味と誤用と ~否定的な印象を抱かれないようにする複業時代の自己紹介のコツ

働き方革命が進み、副業(複業)を認める会社も増えてきました。 たとえば昼間は会社勤め、夕方から

記事を読む

領収書や請求書、手紙やメール、FAXに(株)や(有)という省略形は失礼なので使ってはいけない

うちの会社宛に送ってこられる請求書や手紙などには、株式会社や有限会社を省略した(株)や(有)といった

記事を読む

タラバガニはヤドカリの仲間だった ~タラバガニの名前の由来

カニや栗といった食べるものが面倒なものはこれまであまり好きではなかったのですが、食べやすい状態で出し

記事を読む

no image

【差別化の勘違い】対価を得る以上、お役に立つのは当たり前で。

売り気のある言葉は下心と同じですよー、というお話を先日いたしました。 「余計なお世話じゃ!」

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑