*

「英気を養う」か「鋭気を養う」か。正しいのはどっち? ~ドラゴンクエストで覚える英気と鋭気

「英気を養う」か「鋭気を養う」か。「えいきをやしなう」という表現は会話でもよく耳にしますが、実際に書こうとすると戸惑ってしまいます。

unagi2

明鏡国語辞典第2版では、

「英気」の意味は(1)すぐれた才気、(2)大いに活動しようとする気力。
「鋭気」の意味は(1)するどい気性、(2)するどく激しい気勢。

と説明されていますが、これだけでは明確な違いを理解できず、次にまた「えいきをやしなう」場面でモヤモヤとした気持ちになってしまいそうです。

「英気を養う」か「鋭気を養う」か

「えいきをやしなう」は「英気を養う」と書く。
英気とは気力のこと。

「英気」はその人自身にある気力のこと、「鋭気」は目標に対する強い意気込みのこと。目標が存在する限りなかなか消えることのない意気込み(鋭気)ですが、気力や体力といったもの(英気)はその日その時のコンディションによって変動が大きいですよね。

疲れたから気力を取り戻す必要がある、だから休もうだから何か食べようという話になります。休んだり食べたりしても意気込み(鋭気)は大きく変わりませんが、積極的な休息によって英気(気力)は満ちていきます。だから、養うのは気力であるほうの英気であるというわけです。

さて、意味(イメージ)の違いはご理解いただけましたでしょうか。問題は「英気」と「鋭気」のどちらの漢字を使うのか思い出す方法ですが…。

ドラゴンクエストで覚える「英気」と「鋭気」の違いと覚え方

「英気」と「鋭気」の覚え方、ここから紹介するのは人気RPGのドラゴンクエストで連想する方法です。ドラゴンクエストを知らない方にはごめんなさい。

ドラゴンクエストの「ヒットポイント(HP)」は気力体力のこと。
英気の「英」は英語の「英」なので、ヒットポイントと紐づけておく。

ドラゴンクエストのヒットポイントは気力体力のこと。このHPは英語ですよね。「英気」にも英語の「英」が含まれます。この紐づけから「英気=ヒットポイント」と覚えておきます。

ヒットポイントは宿屋に泊まることによって回復します(養われます)。一方、竜王を倒すという強い意気込み(鋭気)は、たとえヒットポイントが1になったとしても失われるものではありません。強引な覚え方かもしれませんが、ヒットポイントは英語というフレーズを覚えておくだけで、宿屋~回復という連想に繋がり、自分の場合は思い出しやすくなりました。語呂合わせと同じ感覚ですね。

夏バテにウナギを食べる ~土用の丑の日に関する雑学

「暑い毎日が続くので英気を養いたいね」と、ビアガーデンに出かけたり精のつくものを食べたり。なかでも土用の丑の日に食べるウナギは有名です。

土用の丑の日 ~ウナギが関東は背開き、関西は腹開きである理由 | コトバノ

以前、土用の丑の日に関する雑学としてこのような記事をアップしていますので、あわせてご覧いただけますと幸いです。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「話のさわり(触り)」の誤用と正しい意味と ~最初の部分という意味ではない「さわり」

「時間の関係もあるし、話のさわりの部分だけでも聞かせてよ」という風に頼まれて、伝えるのはどの部分でし

記事を読む

「~しづらい」と「~しにくい」の意味の違いと使い分け ~入りづらいと入りにくいの違い

以前、敷居が高いという言葉は誤用されることが多いという話をしました。 たとえば「帰るのが午前様

記事を読む

暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならないその理由

賞状や証書の類を見ていると、その文面に句読点のないことに気がつきます。 日本語には元々

記事を読む

「御の字(おんのじ)」という言葉の誤用と正しい意味 ~満足だったのか、納得だったのか

「貸したお金の半分がようやく戻ってきた、まあいくらか返ってきただけでも御の字(おんのじ)だね」と御の

記事を読む

「存じ上げております」と「存じております」という言葉の使い分けについて ~「ご存じ」の色々

「存ずる」という言葉は「思う、考える」「知る、承知する」意の謙譲語。「こちらの服の方がお似合いかと存

記事を読む

「なし崩し」の意味は「曖昧にする」「うやむやにする」ではない ~なし崩しの誤用と正しい意味

「約束はなし崩しになって、結局誰もやらなくなると思うよ」という風に「なし崩し」を「曖昧にする」「適当

記事を読む

「煮詰まる」「煮詰まった」の意味と誤用 ~「煮詰まった」は「行き詰まった」ではなかった!

集中力を発揮するのに環境は大切。カフェのような場所で読書や勉強が捗りやすいのは、周囲の適度なノイズが

記事を読む

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」の違い、使い分けと覚え方について

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」は、その使い分けが難しく、平仮名やカタカナで「おすすめ」「オススメ

記事を読む

ブランディングとは、トイレの前にお店を作ることだ ~差別化にはギャップを利用する

中小企業家同友会の集まりに参加、ブランディングとは何か、その取り組みについて議論をしてきました。

記事を読む

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑