*

「順延」という言葉の意味と誤用に要注意! 「順延」と「延期」の違い、使い分けを知っておこう!

「雨のため本日の試合は順延になりました」「今日の試合は天候不良により延期になりました」という使い方は問題ありませんが「本日の試合は3日後に順延になりました」という表現で用いる順延は誤用になります。

今回は「順延」と「延期」の使い分けについてご紹介します。

「順延」の意味と誤用に注意! 「順延」と「延期」の使い分け方とは

jyunen

3日後に順延になったという表現が誤用である理由は、順延という言葉が順繰りに期日を延ばしていくことを意味するからです。

「順延」は順繰りに期日を延ばしていく意味
今日の次は明日に、明日の次は明後日にと延期されていくこと

順延という言葉は順繰りに期日を延ばしていく意味。今日の試合が中止になったのであれば、その試合は明日に延期となります。このように「今日が駄目なら明日に、明日が駄目なら明後日に」という一定の期日ごとに先送りされていく状態を「順延」と言います。

今日の試合が雨で中止になり、3日後や5日後など、間隔に規則性がない場合には順延という言葉を用いずに「延期」を用います(規則性がある場合に「延期」を用いることも可能)。

まとめると、以下の通りになります。

〇今日の試合は明日に順延になった
×今日の試合は3日後に順延になった
〇今日の試合は明日に延期になった
〇今日の試合は3日後に延期になった

なお、「順延」という言葉は先送りされていく間隔に規則性がある場合に用いることが可能なので、たとえば、毎週日曜日に試合が行われている場合などに使うことはできます。

〇今日の試合は次の日曜日に順延になった

「時間」を表す言葉を整理しておこう ~「時」と「とき」の意味の使い分けとは?

順延、延期という時間を表す言葉を説明しましたので、関連して、「時」と「とき」の使い分けについて説明した記事を紹介します。

「時」と「とき」は漢字で書く場面と平仮名で書く場面とがあります。

明らかな誤りというわけではありませんが、公的な文書ではこのような使い分けをすることがルールになっています。どうぞ参考程度にご覧になってみてくださいね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。この「生き様(生きざま)」という言葉は目

記事を読む

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない

印刷した年賀状を送る代わりにメールで新年の挨拶を済ませる方も増えてきました。 手段は変

記事を読む

kagetsu

「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は、「みかんの収穫がもっとも忙し

記事を読む

百冊の教科書に書かれている正論よりも、「しんどかったね」のたった一言が心を溶かすこともある。

「言ってることは正しいと思うんだけど、なんか、疲れるんだよね」と評されてしまう人がいます。 ど

記事を読む

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は「残念で仕方がない」という意味ではなかった!

「慚愧に堪えない(ざんきにたえない)」「慚愧の念に堪えない(ざんきのねんにたえない)」という言い回し

記事を読む

「やるせない思い」を「やるせぬ思い」と書いていませんか? ~やるせないの意味と誤用と

片思いの気持ちなどを表現するときに「やるせない気持ち」と書くことがあります。「やるせない」とは「思い

記事を読む

暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならないその理由

賞状や証書の類を見ていると、その文面に句読点のないことに気がつきます。 日本語には元々

記事を読む

ご静聴とご清聴の違いについて ~ご清聴ありがとうございました

講演[/caption] 最近、人前で話をするときに「コナン君のモノマネをしまーす」と言って、「

記事を読む

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もはや語るに落ちた」という風に、「

記事を読む

「飲み倒す」の意味、間違っていませんか? ~「飲む」と「のむ、呑む」の違いについて

「この店にあるお酒、全部飲んでやるぜー」というような意味合いで使われることの多い、この「飲み倒す」と

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑