*

「順延」という言葉の意味と誤用に要注意! 「順延」と「延期」の違い、使い分けを知っておこう!

「雨のため本日の試合は順延になりました」「今日の試合は天候不良により延期になりました」という使い方は問題ありませんが「本日の試合は3日後に順延になりました」という表現で用いる順延は誤用になります。

今回は「順延」と「延期」の使い分けについてご紹介します。

「順延」の意味と誤用に注意! 「順延」と「延期」の使い分け方とは

jyunen

3日後に順延になったという表現が誤用である理由は、順延という言葉が順繰りに期日を延ばしていくことを意味するからです。

「順延」は順繰りに期日を延ばしていく意味
今日の次は明日に、明日の次は明後日にと延期されていくこと

順延という言葉は順繰りに期日を延ばしていく意味。今日の試合が中止になったのであれば、その試合は明日に延期となります。このように「今日が駄目なら明日に、明日が駄目なら明後日に」という一定の期日ごとに先送りされていく状態を「順延」と言います。

今日の試合が雨で中止になり、3日後や5日後など、間隔に規則性がない場合には順延という言葉を用いずに「延期」を用います(規則性がある場合に「延期」を用いることも可能)。

まとめると、以下の通りになります。

〇今日の試合は明日に順延になった
×今日の試合は3日後に順延になった
〇今日の試合は明日に延期になった
〇今日の試合は3日後に延期になった

なお、「順延」という言葉は先送りされていく間隔に規則性がある場合に用いることが可能なので、たとえば、毎週日曜日に試合が行われている場合などに使うことはできます。

〇今日の試合は次の日曜日に順延になった

「時間」を表す言葉を整理しておこう ~「時」と「とき」の意味の使い分けとは?

順延、延期という時間を表す言葉を説明しましたので、関連して、「時」と「とき」の使い分けについて説明した記事を紹介します。

「時」と「とき」は漢字で書く場面と平仮名で書く場面とがあります。

明らかな誤りというわけではありませんが、公的な文書ではこのような使い分けをすることがルールになっています。どうぞ参考程度にご覧になってみてくださいね。





関連記事

「謹んでお詫びいたします」か「慎んでお詫びいたします」か!? ~謹むと慎むの違いについて

新聞[/caption] 新聞の購読部数が減っていることはみなさんもご存知かと思います。また

記事を読む

no image

お得情報は売る側がお得だということを、もう、お客様は知っている。

「アンケートだ、アンケートをとるのだ!アンケートにメールアドレスを書いてもらえ、そしたら後日、ごそー

記事を読む

「失笑」と「爆笑」の笑い方の違いについて ~誤用の多い失笑と爆笑の正しい意味は

「笑いを失う」と書くため「失笑」の意味を「笑いも出ないくらいに呆れる」「あざ笑う」と考えてしまうこと

記事を読む

syuuha

政治の世界のニュースでよく使われる「秋波を送る」の意味と読み方、由来について

政治の世界のニュースでは、よく「秋波を送る」という表現が使われます。 「議員のAさんは若い世代

記事を読む

会話で使う「僕も、私も」の「も」(助詞)は、使い方を間違うと主役を奪ってしまうので要注意!

川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われています。 [/captio

記事を読む

no image

毛布には挑むのではなく。

犬派の西端です。 猫を飼っている人は、部屋の出入りがしやすいようにドアを完全には閉めずに隙間を作っ

記事を読む

「存じ上げております」と「存じております」という言葉の使い分けについて ~「ご存じ」の色々

「存ずる」という言葉は「思う、考える」「知る、承知する」意の謙譲語。「こちらの服の方がお似合いかと存

記事を読む

no image

過去形で残すことのメリット ― 自分の目次を作ると、自分の強みが見えてくる。

始まりに「これをやるぞー」と目標を立てたものの、たいていは中途半端。 目標とは挫折を伴うものです

記事を読む

泥棒の来ないラーメン屋さんの秘密

どろぼうさんへ ここからはいっても、 うちのお店にはお金はありません。 たべにきてね。 なんて

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑