*

「時」と「とき」の使い分け ~困ったときに思い出したいその区別

公開日: : 最終更新日:2018/05/10 140文字で変わる表現力

時のまち、明石からお届けしているコトバノ。

tokei

明石市を通る東経135度の経度が日本標準時子午線とされている

引用元:明石市 – Wikipedia

今日は漢字の「時」とひらがなの「とき」の違いについてご紹介します。

「時」と「とき」とで困ったときは

時刻や時間を示して表現するときは「時」と書く。
「~の場合」と言い替えて意味が伝わるときは「とき」とひらがなで書く。

「お客様、今が絶好の買い時ですよー」という表現は、今がそのタイミング、時間の流れの中のある一点を示すので「時」と書きます。一方、「困ったときはお気軽にご連絡ください」という表現は、「困った場合はお気軽に」と言い替えることが出来ますね。ある一点ではなく、そんなことがあればという「状況・場面」を示しています。ですので、この場合はひらがなの「とき」を用いるのがルール。憶え方としては困ったときはひらがなでいかがでしょうか?

困ったとき、は、困った場合と言い替えることが出来る。
だから、困ったときはひらがなで

同じ読み方をするものでも、漢字とひらがなで用例の異なるものは他にもありますので、今後もご紹介していきたいと思います。

2014/1/5追記

平仮名と漢字で使い分けるシリーズとして「共に」と「ともに」をご紹介しています。

「共に」「供に」「ともに」の使い分けと区別 ~「子供」と「子ども」はどう使い分けるべきか | コトバノ

良かったらご覧ください。

2018/5/10追記

時間をあらわす言葉として「順延」と「延期」の意味の違い、誤用、使い分けについて記事を書きました。

「明日に順延になった」は正解なのに「3日後に順延になった」は誤用である理由とは?
ぜひ参考にしてください。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

カタカナを日本語にするだけで得られるコミュニケーションの効果

iPhoneの無料アプリ「サラリーマン川柳」で想像力のトレーニングをする!では上手な文章は引き算にな

記事を読む

「恐れ入りますが」と「差し支えなければ」の意味の違いと使い分け ~クッション言葉とは

相手に何かを依頼するとき「恐れ入りますが(おそれいりますが)」「差し支えなければ(さしつかえなければ

記事を読む

kaifuku

「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに通っています。数ヶ月様子を見て

記事を読む

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意

年賀状には句読点を用いてはならないという記事を以前書きましたが、今回は「去年」という言葉を使ってはい

記事を読む

台風の当たり年なんて100%あり得ないその理由

台風の上陸って、北海道・本州・四国・九州の本土の場合のみを言うのだそうです。それ以外の島々については

記事を読む

「悪巧み」と「悪企み」、わかっていても使いたくなる誤用の例

学校の思い出![/caption] 教室に入ってくる先生、落ちてくる黒板消し。 これ、

記事を読む

会話で使う「僕も、私も」の「も」(助詞)は、使い方を間違うと主役を奪ってしまうので要注意!

川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われています。 [/captio

記事を読む

no image

one of 複数形になってしまった、僕が見えていますか。

「売り」に走ったら、見透かされると思うのです。 twitterやfacebookで多数の人を対象と

記事を読む

「酒の肴(さかな)」と書いてはいけない理由と「酒池肉林」の誤解と正しい意味と

今日はお酒の話題で誤って使われることの多い「酒の肴(さかな)」という書き方と「酒池肉林」の意味につい

記事を読む

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

Comment

  1. […] 「時」と「とき」の使い分け ~困ったときに思い出したいその区別 | コトバノ 時のまち、明石からお届けしているコトバノ。 明石市を通る東経135度の経度が日本標準時子午線とされ […]

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑