*

「頭が下がる」と「頭が上がらない」って同じ意味!? ~「頭が下がる」と「頭が上がらない」の意味の違いと使い分け、誤用について

「頭が下がる」と「頭が上がらない」は、その動作状態を想像する限りは同じような印象を受けますが、実際は大きく意味が異なります。頭が下がると頭が上がらないの意味の違いと使い分けについてまとめてみましょう。

「頭が下がる」と「頭が上がらない」の意味の違いと使い分けについて

headposition

「頭が下がる」と「頭が上がらない」の違い。ポイントは「頭が下がる」という言葉は動作で、「頭が上がらない」という言葉は状態であるという点です。

頭が下がるの意味は
敬服しないではいられない。感服する。
頭が上がらないの意味は
相手の力や権威に圧倒されたり、負い目があったりして対等に振る舞えない

「頭が下がる」の意味は感服する、尊敬する「頭が上がらない」の意味は対等ではいられないとなります。

頭が下がっていくという動きを想像してください。元々は高い位置にある頭が下がっていく……つまりそう、これは「お辞儀」と同じこと。お辞儀というのは大なり小なり相手への敬意をもって行うものですよね。だから「頭が下がる」は感服するという意味になるわけです。

同級生や同僚、普段は対等な立場にいる人が何か立派なことをしていたとします。朝の掃除、人助け、ボランティア活動etc… そんな光景を目の当たりにして、自然と「すばらしいな」と思うことを「頭が下がる」と表現します。

それに対して「頭が上がらない」とは、最初から頭の位置が低いところにあるということ。分かりやすく極端に言えば、自分が下で相手が上という優劣の関係にあるという状態を表します。

たとえば、相手が恩人だったらどうでしょうか。恩義のある上司や先生は、普段から対等な関係というのではなく、上の位置にありますよね。あるいは友人でも、お金を借りていたり負い目があったりするとどうでしょう?

このように、相手が上の位置にあると「自分なんて、とてもじゃないけれど及ばない」という感覚になるわけです。この「彼(彼女)には及ばない」というのが「頭が上がらない」の意味になります。

なお「負い目がある」という言葉の意味についても紹介していますので、参考にしてください。

「頭が下がる」と「頭が上がらない」の意味の違いについて、まとめ

「頭が下がる」と「頭が上がらない」は、頭の動きと位置を考えると、その使い分けのイメージがわかりやすくなります。

普段は高いところにある頭がお辞儀のように下がっていくから「相手のことを尊敬する」、そして最初から頭が低い位置にあるから「自分なんて及ばない」となる。言葉は言葉として覚えるのでなく、その成り立ちをイメージするとわかりやすくなるということですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

愛語というは、衆生を見るに、まず慈愛の心を発し、顧愛の言語を施すなり 道元 ~「ブラック企業」という言葉に

お寺[/caption] 名言や格言といった類のものは、自分を強くすることもあれば、自分を甘

記事を読む

「無礼講」の反対語の「慇懃講」、この「慇懃(いんぎん)」「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」の誤用と使い方に注意!

「今夜は無礼講で」という呼びかけで始まる宴席。実際のところはともかく、参加者の地位や身分に関係なく行

記事を読む

「苦渋を味わう」「苦渋をなめる」「苦汁をなめる」「苦汁を味わう」の誤用と正しい使い方

「苦渋」も「苦汁」もどちらも「くじゅう」と読むため、会話で使う限りはその後に続くのが「味わう」でも「

記事を読む

no image

質問は、相手の心に自分を置くということ。

これからもお願いしますは自分に関心を向ける言葉。 これからも楽しみにしていますは相手に

記事を読む

no image

一台のピアノを5人で演奏するオトコたち、その表情と音色に惚れた!

文字で表すこと、沈黙をすることも表現の一つ。 で、あれば。 楽器を奏でる表情や、その音色で誰

記事を読む

jyugyou

「べき」を文末に使うのは誤り ~「あなたは毎日努力するべき」という使い方をしていませんか?

古文の授業でならった「べし」という言葉は、今日でも、意志や教訓を表す文章に用いられることがよくありま

記事を読む

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」の違い、使い分けと覚え方について

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」は、その使い分けが難しく、平仮名やカタカナで「おすすめ」「オススメ

記事を読む

「割愛する」には不要なものを省略するという意味はなかった ~「割愛」の誤用と正しい意味と

「時間の関係で、この部分の説明は割愛させていただきます」 プレゼンや会議などで、こんなフレーズ

記事を読む

「かきいれ時」を漢字で書くとどうなるか? ~「書き入れ時」か「掻き入れ時か」

商売が繁盛して、お客さんがたくさん来店される時期のことを「かきいれ時」と言います。この「かきいれ時」

記事を読む

suiren

「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記事を書きましたが、人が亡くなる

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑