*

「安売りはだめだ」を言い訳にしていて。

昨日の問題には多数のご回答をいただいております。
皆さんの意見、本当に面白いものばかりでしたので、また、メールでまとめて回答編をお送りさせてもらいますね。ありがとうございます。

さて。

「安売りはだめだ、体力勝負になるから」という話をよく聞きます。デフレの仕組みから考えても、物の値段を下げていくことは関わる人たちすべての幸せを削ぎ取っていくことになりかねず、値下げが値下げを生むような悪循環は断ち切るべきだというのは自分にとっても同じこと。

では値下げ競争に巻き込まれないためにどうしたらいいのか、という問いかけをすると、答えは大抵、こんな感じのものになってきます。

  • 付加価値をつけて、お客様にご納得していただける商品とサービスを提供する
  • 差別化に取り組んで、自社の商品をブランド化する

他を蔑むことが差別化なのだとすればでも触れましたが、では、「付加価値」とは「差別化」とはいったい何なのでしょうか? 自分たちがこうありたい、ではなく、お客様の目に見えて、心に届く明確なメリット、差異。教科書的な回答ではなく、あの会社(お店)はこの部分が他のお店とは違うということをお客さんがどういう言葉で語ってくれるのでしょうか?

価値やブランドは、自分たちが決めるのではなく、お客様の心に育つもの

 

会社やお店のどんな想いも、お客さんの口を借りて伝わらなければ、それは経営者のエゴでしかありません。当たり前の話ですが、自分たちの価値は自分たちで決めるのではなく、お客様の心が決めること。差別化やブランドは、お客様の心に育つものなのです。

「安売りは駄目」は、確かに正論。でも、それは正しくは自社や自社に関わる人たちの幸せを削ぎ取ってまで行う戦略のない安売りは駄目なだけで、お客様に喜んでいただきたいという想いを具現化したものの一つが安売りであれば、決してそれは駄目な行為だとは思いません。
むしろ、安売りをしないことがプライドであると信じ込んで、お客様の心に育つ明確なブランドを提供出来ていない会社のほうが罪作りであると言い切ってしまうのは、危険な意見でしょうか。

型番の決まった商品。
僕たちは、買う立場であれば、安い方を選びます。

型番のない商品。
僕たちは、買う立場であれば、売ってくれる人を選びます。

お客さんに喜んでいただくためのことを全力で考え、その背中に人の集まる雰囲気を作っていく、そんな物語の中では、べき論の範疇で限定してしまわないほうが、むしろ、様々な人を幸せにする仕組みを作っていけるのではないか? 僕はそんな風に思えてならないのです。





関連記事

ブランディングとは、トイレの前にお店を作ることだ ~差別化にはギャップを利用する

中小企業家同友会の集まりに参加、ブランディングとは何か、その取り組みについて議論をしてきました。

記事を読む

マクドナルドのドライブスルーに求めるもの 〜お客さんは何を期待しているか

商品やサービスに対する期待値を上げることは大切。たとえばお店の外観、メニュー、パッケージ。それらすべ

記事を読む

no image

スネ夫くんが好かれない本当の理由。

  他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 こちらの記事のなかで他を蔑んでまで、自分

記事を読む

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

no image

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

まずは告知です。 会社を経営するなかで、実践してきたこと。 お客様の広告のお仕事を手伝うなか

記事を読む

no image

自分というアクセルにブレーキを見つけられたリーダーにこそ

経営者は「覚悟」という言葉が大好きです。 守らなければいけないものがたくさん。 い

記事を読む

95歳と97歳と102歳の場所取り合戦 ~タイトルに数字を入れる効果

本屋さんで、95歳と97歳、そして102歳が戦ってました。ユニークな並びですよね。 【

記事を読む

no image

駅のホームで領収証を破り捨てることに決めた ― 本気には動詞の伴うものだから。

経営者が経営者の話を聞くと、どんな話も素晴らしいものに思えてしまって危険なので、自分はいつも、経営者

記事を読む

動かない理由を考えるより、失敗した数を誇ろう ~零細企業にありがちな悩みごと

グランドサークル岩松さんによるタイムマネージメント講座に参加してきました。 座

記事を読む

money

領収証に貼る印紙について知っておくべき3つのお得な知識 ~クレジット払いと金券ショップ購入と

2014年4月から印紙税法についても改正があり、これまで3万円以上の領収証やレシート、受領証に必要だ

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


jyugyou
「べき」を文末に使うのは誤り ~「あなたは毎日努力するべき」という使い方をしていませんか?

古文の授業でならった「べし」という言葉は、今日でも、意志や教訓を表す文

dogeza
「不徳の致すところ」の意味と使い方 ~不徳がするからごめんなさい(謝罪)とは? ちゃんと謝罪の意味は含まれてるのか?

政治家や企業の不祥事、その謝罪の記者会見などで「不徳の致すところです」

ondo
利用頻度は高い?大きい? 頻度は高いのか大きいのか、低いのか小さいのか、正しい使い方と覚え方

あることが繰り返し行われたり、あらわれたりする度合いのことを「頻度(ひ

seityou
「感慨深い」と「感動」の違いは何? 「感慨深い」の正しい意味と使い方について

「感慨深い(かんがいぶかい)」という言葉があります。この「感慨深い」と

calendar
「抱負」と「目標」の意味の違いと使い分けは何? 「抱負」にはなぜ「負」という字があるのか?

新年にあたって抱負を語る、今年の目標を決めるという風に「はじまり」のと

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑