*

俳句と川柳の違いとは ~行間を想像させるスキルを磨く川柳

短歌と川柳とマカロニとというブログも始めました@bataです。どうか川柳ブログもお付き合いいただけましたら幸いです。

さて、今日は川柳についてご紹介。

syo

川柳は575という17文字で構成される短詩文芸。俳句とは違って切れ字や季語といったルールを守る必要はありません。また、俳句はモノを詠み、川柳はヒトを詠むといわれています。ルールが少ない分だけ、俳句よりは川柳の方が始めやすいと言っていいかもしれませんね。親指で気軽に始めることの出来る趣味、文芸。サラ川のイメージが強いので面白い内容を詠みこむことが川柳の特色のように言われますが、川柳の三要素は「穿ち(うがち)」「おかしみ」「軽み」とされていて、必ずしも笑いの要素が入っている必要はありません。短詩文芸という表現からも分かる通り、川柳は人の心情を詠みこんだドラマそのもの。芸術性に優れた作品も多数あります。

俳句と川柳の違い ~ヒトを詠む、モノを詠むとは

では、実際に同じような情景を詠んだ2つの句を紹介します。
どちらが川柳でどちらが俳句になるか、わかりますでしょうか??

だいこ引きだいごで道を教えけり(小林一茶)
ひん抜いただいこで道を教えられ(作者不詳)

(※だいご=大根)

方向を指す大根そのものに意識が向くか、その大根で教えられている自分自身の滑稽な姿に意識が向くか。その違い、伝わりますでしょうか。そう、正解は小林一茶さんの句が俳句で、後者が川柳となります。この二句の違いについては下記のサイトの解説がわかりやすいので、引用してご紹介しますね。

 俳句の目は、作者が目にした面白い風景、すなわち道を聞いた旅人に、抜いたばかりの大根で道を教える奇異な発見の感動を作品化しています。
 川柳の捉え方は、目にした風景ではなく、作者自身が体験した道を聞いた際に、目の前にむんずと振り上げられた、泥のついたままの大根への驚きが伝わります。「ひん抜いた」というコトバ(動作)が、いかにも粗野な教え方をイメージさせ、格調では一茶に負けますが、風景の面白さを訴えかけます。

引用元:川柳と俳句の違い

言葉を引き算して伝えよう

川柳を読み物として楽しみたいとき、読みながら行間を想像させるスキルを磨きたいときにオススメの一冊はこちら。僕もこれまでに20回以上は繰り返し読んで、その一つ一つの情景に何度も思いを馳せています。

たとえば。

放課後が近づいて、教室の窓から空を見上げる。
いまにも泣き出しそうな曇り空を見て、朝、母の忠告に耳を傾けなかったことを後悔した。

という文章、情景。これを、

放課後も未来も母は案じてる

という川柳に集約してみると、どうでしょうか。
いついかなるときも、子の「これから」を想う母の心情が伝わってこないでしょうか。
そして、(放課後に何があったのだろう)(放課後のことをいつ案じたのだろう)という想像や質問が生まれてこないでしょうか。

どんな表現も、説明して伝える以上に相手がその情景や心情を想像しようとしてくれると感動が生まれます、印象に残ります。文章を削っていくことで、そのすき間を相手の想像力に委ねられるトレーニングに川柳は最適。みなさんも是非、ブログやtwitter、Facebookなどの日常で「17文字で伝える」訓練をしてみてはいかがでしょうか。また、そんな同志のみなさんと交流を深められること、楽しみにしています(^^)


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

命あっての物種 ~「命あってのものだね」は諺だった

「早く秋になってほしいものだね」という表現には何の説明も必要ないと思いますが、「命あってのものだね」

記事を読む

ondo

利用頻度は高い?大きい? 頻度は高いのか大きいのか、低いのか小さいのか、正しい使い方と覚え方

あることが繰り返し行われたり、あらわれたりする度合いのことを「頻度(ひんど)」と言います。 今

記事を読む

「煮え湯を飲まされる」の誤用と正しい意味と ~誰に煮え湯を飲まされるのか

「ライバルに煮え湯を飲まされた」という風に、相手からひどい目に遭わされる、悔しい思いにさせられるとい

記事を読む

「無礼講」の反対語の「慇懃講」、この「慇懃(いんぎん)」「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」の誤用と使い方に注意!

「今夜は無礼講で」という呼びかけで始まる宴席。実際のところはともかく、参加者の地位や身分に関係なく行

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

no image

過去形で残すことのメリット ― 自分の目次を作ると、自分の強みが見えてくる。

始まりに「これをやるぞー」と目標を立てたものの、たいていは中途半端。 目標とは挫折を伴うものです

記事を読む

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」の違い、使い分けと覚え方について

「お勧め」と「お薦め」と「お奨め」は、その使い分けが難しく、平仮名やカタカナで「おすすめ」「オススメ

記事を読む

続柄の正しい読み方は? ~叔父と伯父、叔母と伯母の違いについて

犬も家族![/caption] 阪神淡路大震災後、神戸では「ペットのしつけ」への意識が高まり

記事を読む

no image

【問題】ある回転寿司屋さんから届いたDMハガキの謎【考えてね】

今日は、問題をひとつ。 ある回転寿司屋さんは、これまで、アンケートにお答えいただいたお客様に定

記事を読む

扁桃腺の「扁桃」の由来

疲れがたまってくると扁桃炎に。最近ずっと不調だった喉が爆発して、今日は大人しく寝込んでいます。割り切

記事を読む

Comment

  1. […] 俳句と川柳の違いとは ~行間を想像させるスキルを磨く川柳 | コトバノ 短歌と川柳とマカロニとというブログも始めました@bataです。どうか川柳ブログもお付き合いいただけましたら […]

  2. […] 私憤と公憤 – 新小児科医のつぶやき 俳句と川柳の違いとは ~行間を想像させるスキルを磨く川柳 | コトバノ ちょうど賞にでも応募しよっかなと思ってたところ […]

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑