*

俳句と川柳の違いとは ~行間を想像させるスキルを磨く川柳

短歌と川柳とマカロニとというブログも始めました@bataです。どうか川柳ブログもお付き合いいただけましたら幸いです。

さて、今日は川柳についてご紹介。

syo

川柳は575という17文字で構成される短詩文芸。俳句とは違って切れ字や季語といったルールを守る必要はありません。また、俳句はモノを詠み、川柳はヒトを詠むといわれています。ルールが少ない分だけ、俳句よりは川柳の方が始めやすいと言っていいかもしれませんね。親指で気軽に始めることの出来る趣味、文芸。サラ川のイメージが強いので面白い内容を詠みこむことが川柳の特色のように言われますが、川柳の三要素は「穿ち(うがち)」「おかしみ」「軽み」とされていて、必ずしも笑いの要素が入っている必要はありません。短詩文芸という表現からも分かる通り、川柳は人の心情を詠みこんだドラマそのもの。芸術性に優れた作品も多数あります。

俳句と川柳の違い ~ヒトを詠む、モノを詠むとは

では、実際に同じような情景を詠んだ2つの句を紹介します。
どちらが川柳でどちらが俳句になるか、わかりますでしょうか??

だいこ引きだいごで道を教えけり(小林一茶)
ひん抜いただいこで道を教えられ(作者不詳)

(※だいご=大根)

方向を指す大根そのものに意識が向くか、その大根で教えられている自分自身の滑稽な姿に意識が向くか。その違い、伝わりますでしょうか。そう、正解は小林一茶さんの句が俳句で、後者が川柳となります。この二句の違いについては下記のサイトの解説がわかりやすいので、引用してご紹介しますね。

 俳句の目は、作者が目にした面白い風景、すなわち道を聞いた旅人に、抜いたばかりの大根で道を教える奇異な発見の感動を作品化しています。
 川柳の捉え方は、目にした風景ではなく、作者自身が体験した道を聞いた際に、目の前にむんずと振り上げられた、泥のついたままの大根への驚きが伝わります。「ひん抜いた」というコトバ(動作)が、いかにも粗野な教え方をイメージさせ、格調では一茶に負けますが、風景の面白さを訴えかけます。

引用元:川柳と俳句の違い

言葉を引き算して伝えよう

川柳を読み物として楽しみたいとき、読みながら行間を想像させるスキルを磨きたいときにオススメの一冊はこちら。僕もこれまでに20回以上は繰り返し読んで、その一つ一つの情景に何度も思いを馳せています。

たとえば。

放課後が近づいて、教室の窓から空を見上げる。
いまにも泣き出しそうな曇り空を見て、朝、母の忠告に耳を傾けなかったことを後悔した。

という文章、情景。これを、

放課後も未来も母は案じてる

という川柳に集約してみると、どうでしょうか。
いついかなるときも、子の「これから」を想う母の心情が伝わってこないでしょうか。
そして、(放課後に何があったのだろう)(放課後のことをいつ案じたのだろう)という想像や質問が生まれてこないでしょうか。

どんな表現も、説明して伝える以上に相手がその情景や心情を想像しようとしてくれると感動が生まれます、印象に残ります。文章を削っていくことで、そのすき間を相手の想像力に委ねられるトレーニングに川柳は最適。みなさんも是非、ブログやtwitter、Facebookなどの日常で「17文字で伝える」訓練をしてみてはいかがでしょうか。また、そんな同志のみなさんと交流を深められること、楽しみにしています(^^)





関連記事

「弱冠18歳にして金メダルを受賞」という表現が間違いである理由 ~なぜ金メダルは純金ではないのか

折り紙の「金紙」「銀紙」は勿体なくて、それで何かを作ったという記憶がほとんどありません。好み

記事を読む

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け

多忙[/caption] 「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理

記事を読む

「したり顔」「どや顔」の意味と誤用について ~したり顔=知ったかぶりではなかった本当の意味

「したり顔で彼は知識をひけらかしてばかりいる」というように「したり顔=知ったかぶり・よく知っている」

記事を読む

「北」という漢字の字源で知る「敗北」「背走」の秘密 ~北海道の由来とは

北海道の洞爺湖![/caption] 「山」や「川」という字が形からおこった象形文字であるこ

記事を読む

jyugyou

「べき」を文末に使うのは誤り ~「あなたは毎日努力するべき」という使い方をしていませんか?

古文の授業でならった「べし」という言葉は、今日でも、意志や教訓を表す文章に用いられることがよくありま

記事を読む

書いている文章の意図が相手に伝わらないときに使いたい、「たとえば」の力。

資料などを作っているとき、文字が勝ちすぎないよう、相手にわかりやすいよう、図やグラフ、写真といったア

記事を読む

塩昆布!

海藻と海草の違い ~昆布がおせち料理に入っている理由

塩昆布![/caption] 今日は結論からいきましょう。 海草には、根、茎、葉の

記事を読む

「共に」「供に」「ともに」の使い分けと区別 ~「子供」と「子ども」はどう使い分けるべきか

「共に」「供に」「ともに」という表記は、それぞれどのように区別して使い分けをしたらいいのか。整理して

記事を読む

「お愛想をお願いします」の意味とお客さんが言うと失礼になってしまう理由と

飲食店で席を立って会計をするとき、店員さんに「お愛想をお願いします」と言うお客さんがいますが、この言

記事を読む

結婚式のタブー、使ってはいけない言葉 ~挨拶やスピーチで使ってはいけない忌み言葉一覧

結婚式などの祝いの席では「終わり」や「繰り返し」を連想させるような忌み言葉を使ってはいけないとされて

記事を読む

Comment

  1. […] 俳句と川柳の違いとは ~行間を想像させるスキルを磨く川柳 | コトバノ 短歌と川柳とマカロニとというブログも始めました@bataです。どうか川柳ブログもお付き合いいただけましたら […]

  2. […] 私憤と公憤 – 新小児科医のつぶやき 俳句と川柳の違いとは ~行間を想像させるスキルを磨く川柳 | コトバノ ちょうど賞にでも応募しよっかなと思ってたところ […]

Google


▼よく読まれている記事▼


jyugyou
「べき」を文末に使うのは誤り ~「あなたは毎日努力するべき」という使い方をしていませんか?

古文の授業でならった「べし」という言葉は、今日でも、意志や教訓を表す文

dogeza
「不徳の致すところ」の意味と使い方 ~不徳がするからごめんなさい(謝罪)とは? ちゃんと謝罪の意味は含まれてるのか?

政治家や企業の不祥事、その謝罪の記者会見などで「不徳の致すところです」

ondo
利用頻度は高い?大きい? 頻度は高いのか大きいのか、低いのか小さいのか、正しい使い方と覚え方

あることが繰り返し行われたり、あらわれたりする度合いのことを「頻度(ひ

seityou
「感慨深い」と「感動」の違いは何? 「感慨深い」の正しい意味と使い方について

「感慨深い(かんがいぶかい)」という言葉があります。この「感慨深い」と

calendar
「抱負」と「目標」の意味の違いと使い分けは何? 「抱負」にはなぜ「負」という字があるのか?

新年にあたって抱負を語る、今年の目標を決めるという風に「はじまり」のと

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑