*

「爽やか(さわやか)」の意味と使い方に注意 ~「風薫る爽やかな季節となりましたが」はOK?

公開日: : 最終更新日:2016/04/14 140文字で変わる表現力

時候の挨拶は手紙の書き出しで用いる礼儀文ですが、四季の移ろいを伝え相手を思い遣る一文でもあります。凍てつくような冬を抜け、緑の眩しい頃になってくると、私たちは「爽やか(さわやか)」という言葉をよく用いるようになりますが、今日はこの「爽やか(さわやか)」を使う時期について考えてみたいと思います。

「風薫る爽やかな季節」という表現は適切か ~「爽やか」は秋の季語

wakaba

暑くもなく寒くもない、エネルギーに満ちた春や初夏。私たちはその過ごしやすい時期を表現するのに「爽やか(さわやか)」という言葉をよく使いますが、実は「爽やか(さわやか)」という言葉は秋の季語なのでした。

「爽やか(さわやか)」は秋の季語。
春や夏を表現するときには用いない(俳句の原則)

俳句の考え方では、「爽やか(さわやか)」は秋を伝える季語になります。したがって、「風薫る爽やかな季節となりましたが」という書き出しで春や夏を表現するのは好ましくないということがわかります。ただし、あくまでもこれは俳句の世界での原則論。使ってはいけないと考えるよりも、「爽やか(さわやか)」は詩歌の世界や言葉に敏感な方、あるいは目上や年上の方に書き認める(したためる)時には用いないようにしたいという程度の認識で良いでしょう。

春や初夏を伝える時候の挨拶に無難なものは何か

「爽やか(さわやか)」は春や夏に用いる時候の挨拶として、積極的には用いない方が良いということをお伝えしました。では、春や初夏に用いる表現として無難なものには何があるでしょうか。

春は「のどか、うららか」。
初夏には「心地よい、清々しい(すがすがしい)」
などを用いる

春は「のどか、うららか」、初夏には「心地よい、清々しい(すがすがしい)を時候の挨拶として用いる、「爽やか(さわやか)」はできるだけ用いないようにする。イメージとして、春はのんびりとした言葉を。夏は清涼感のある言葉を用いるが、例外的に爽やかは用いないと認識しておけば覚えやすいのではないかと思います。

言葉は時代と共に変化しますし、「こんな風に使ってはダメなんですよ」と責めるのではなく、知っている側が知らない側を許容できるようでありたいですね。

*2014/4/10追記

秋を伝えるエピソードとして、「天高く馬肥ゆる秋」という故事に関する記事を追加しています。

「天高く馬肥ゆる秋」の本当の意味は、のんびりしたものではなかった! | コトバノ

実りの季節でもある秋は、それが争いの原因となることもありました。あわせて、こちらの記事もご覧いただけると幸いです。

*2016/4/14追記

「秋味」という言葉についても誤用されていることが多いようです。

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは | コトバノ

秋に関する日本語のあれこれ。これからも随時追加して紹介してまいりたいと思います。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「拝見させていただきました」という敬語表現、間違って使っていませんか?

上司や先輩、お客様から「これ確認しておいてくれる?」「よかったら読んでおいて」と書類や書籍を渡される

記事を読む

「雨模様」の本来の意味と読み方は? ~走り梅雨、梅雨雲、送り梅雨という言葉の意味と

雨は様々な歌に詠まれ、季節や情景、ときには心情を伝えるときの比喩表現としても多く用いられてきました。

記事を読む

「煮え湯を飲まされる」の誤用と正しい意味と ~誰に煮え湯を飲まされるのか

「ライバルに煮え湯を飲まされた」という風に、相手からひどい目に遭わされる、悔しい思いにさせられるとい

記事を読む

「敷居が高い」の本来の意味と誤用 ~レベルが高い、自分には合わないという意味ではない

雰囲気の良いお店などを見つけたとき「あのお店は敷居が高すぎて入るのを躊躇してしまう」という表現をする

記事を読む

「いそいそ」の誤用と正しい意味と ~急ぐ様子のことではなかった「いそいそ」の反対語は?

「彼はいそいそと出かけていった」という風に「彼は急いだ様子で出かけて行った」という意味で「いそいそ」

記事を読む

no image

質問は、相手の心に自分を置くということ。

これからもお願いしますは自分に関心を向ける言葉。 これからも楽しみにしていますは相手に

記事を読む

命あっての物種 ~「命あってのものだね」は諺だった

「早く秋になってほしいものだね」という表現には何の説明も必要ないと思いますが、「命あってのものだね」

記事を読む

文化庁

十分と充分の違い、使い分け ~憲法では「充分」を使っているけれど

十分と充分という漢字も使い分けが難しいですよね。憲法では「充分」という漢字が使われています。

記事を読む

豹変するという言葉に悪い意味はなかった! ~送り狼とは何か?

豹![/caption] 太陽に焦げていたアスファルトがひとやすみ。忙しそうに行き交う人たち

記事を読む

omiyage

お裾分け(おすそわけ)の意味と使い方、誤用について ~目上の人に「おすそ分け」って使っていいの?~

「旅行に行ってお土産を買ってきましたので、これ、おすそ分けです」「田舎からたくさん果物が送られてきま

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑