*

祝儀袋と不祝儀袋(香典袋)の折り方はどちらが上でどちらが下か

祝儀袋や不祝儀袋(香典袋)についていた水引きを外してお金を入れる、自分の名前を書く。そうして元の形に戻そうとするとき、包み方がわからなくなってしまうことがあります。お金や袋を用意するのに比較的余裕のあるご祝儀とは違って、不祝儀(お香典)は急いで準備をされることも多いのではないでしょうか。包み方の意味をしっかりとイメージしておけば、急の際も包み方で混乱することはなくなりますね。

祝儀袋と不祝儀袋(香典袋)の折り方、包み方について

fukuro

祝儀袋と不祝儀袋の裏折は上包みの端を内側へ折り曲げて包みますが、慶びには上、弔事には下という折り方のルールがあります。

祝儀袋と不祝儀袋の折り方:
慶びごとは天を向くから上向きに
弔事はうつむいて悲しむので下向きにと覚える

結婚式のお祝いなどは慶びごと、明るい空を見上げて末永い幸せを祈るので祝儀袋の端が上を向くように折るのが正解。また、お見舞いの場合も、体調が上向くようにという願いを込めて端が上を向くように折ります。

一方、通夜告別式といった弔事では、悲しみでうつむいてしまうので不祝儀袋の端が下を向くように折ることになります。嬉しいことがあれば空を見上げて、悲しいことがあれば地面を向いて俯いてしまうというのは想像しやすいのではないでしょうか。

字が下手で祝儀袋の表書きに困ったら

筆や筆ペンで書くことに慣れない人にとって、祝儀袋の表書きは憂鬱なもの。祝儀袋の通販を行っているところでは、その表書きの代書や代筆を無料で行ってくれるところがあります。

楽天で祝儀袋と検索すると、色々な袋の種類があることがわかります。そしてそのほとんどに代書や代筆無料と書かれてあることからも、通販系ではこのサービスがほぼ標準化してきているということがわかりますね。

不祝儀袋に蓮の絵が描かれている理由

不祝儀袋に蓮の模様が描かれている理由は蓮の花の上、極楽浄土に生まれたいという願いのため。つまり蓮の模様の描かれた不祝儀袋やかけ紙は仏式に用いられるもので、キリスト教や神式には用いません。

また仏式の場合でも「ご霊前と書かれた香典袋は使わない方がいい」ということについては以前こちらの記事でご紹介しています。

10秒で分かるご冥福を祈ってはいけない理由 ~御霊前と御仏前のその違い | コトバノ

その他、弔事に関する記事として「逝去という言葉の使い方について」も紹介していますので参考にしていただけると幸いです。

「弊社社長が逝去いたしました」という言葉を使ってはいけない理由 | コトバノ


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元を喪中のときに送るのはマナー違反か? ~相手を気遣う文例

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元を先方が喪中のときに送るのはマナーとしてどうかということがよく問題にな

記事を読む

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと

「特徴」という漢字は書くのが面倒なので「特長」と書くようにしているという友人がいましたが、この特徴と

記事を読む

no image

毛布には挑むのではなく。

犬派の西端です。 猫を飼っている人は、部屋の出入りがしやすいようにドアを完全には閉めずに隙間を作っ

記事を読む

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない

印刷した年賀状を送る代わりにメールで新年の挨拶を済ませる方も増えてきました。 手段は変

記事を読む

よその家でご馳走になるときは「おかわり」をしなければいけない理由

ご飯[/caption] よその家でご飯のおかわりをお願いするときは、一口分だけご飯を残して

記事を読む

「割愛する」には不要なものを省略するという意味はなかった ~「割愛」の誤用と正しい意味と

「時間の関係で、この部分の説明は割愛させていただきます」 プレゼンや会議などで、こんなフレーズ

記事を読む

愛語というは、衆生を見るに、まず慈愛の心を発し、顧愛の言語を施すなり 道元 ~「ブラック企業」という言葉に

お寺[/caption] 名言や格言といった類のものは、自分を強くすることもあれば、自分を甘

記事を読む

「お愛想をお願いします」の意味とお客さんが言うと失礼になってしまう理由と

飲食店で席を立って会計をするとき、店員さんに「お愛想をお願いします」と言うお客さんがいますが、この言

記事を読む

no image

質問は、相手の心に自分を置くということ。

これからもお願いしますは自分に関心を向ける言葉。 これからも楽しみにしていますは相手に

記事を読む

「お日柄も良く」は雨でも使っていい言葉 ~お日柄の意味と六曜の意味・読み方

結婚式のスピーチの冒頭などで「お日柄もよく」という挨拶が使われることがあります。この「お日柄」とはど

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑