*

「弊社社長が逝去いたしました」という言葉を使ってはいけない理由

公開日: : 最終更新日:2018/08/18 140文字で変わる表現力 ,

仏像!

仏像!

「死」は忌み嫌うべき言葉で、直接的な表現は避けるべきとされてきました。

会社の中の人間が亡くなって外部に通知するとき、または家族(身内)がなくなったときこんな挨拶文を送った(見かけた)ことがあるのではないかと思います。今日はこの文章に登場する「逝去」という言葉の使い方について考えてみたいと思います。

▼使ってはダメ!

「父 ○○○○儀 かねてより病気療養中でございましたが去る7月1日 午前10時30分 85歳 にて逝去致しました」

「逝去」という言葉の使い方には注意する

逝去という言葉、これは「死ぬ」という単語の尊敬語。敬意を向けるべき相手に対して使うのは当然ですが、身内に対して使うのは不自然です。

「逝去」とは「死ぬ」の尊敬語
身内が死去した場合は使ってはいけない

お客さんに対して「うちの社長がいらっしゃいました」という言葉の使い方はおかしいですよね。それと同じく、身内の死去に対して逝去という言葉は使ってはいけません

「他界」という言葉の使い方も注意が必要

では「○○儀 他界いたしました」という言葉の使い方についてはどうか。この「他界」という言葉で気をつけなければいけないのは、仏教用語であるということです。

「他界」とは仏教用語
仏教徒以外の方の死去に使ってはいけない

宗派や信仰の違いによって気をつけるべきこと、また、挨拶状に句読点があってはならない理由は下記エントリーでも紹介していますのであわせてご覧ください。

暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならないその理由 | コトバノ

10秒で分かるご冥福を祈ってはいけない理由 ~御霊前と御仏前のその違い | コトバノ

逝去も他界も、使ってはいけない場面があります。身内に対しては「永眠」「亡くなりました」などの言葉を使う方が無難と言えるでしょう。

「ご逝去」は二重敬語にならないか?

「逝去」という言葉自体が尊敬語になりますので、「ご逝去」と書くと本来は二重敬語になってしまいます。ただ、中国から伝わった言葉をそのまま使うだけでは敬意が不十分であると考えた人たちによって、今では「ご逝去」という言葉自体は普通に使われるようになりました。よって、「ご逝去」と書くことは誤りではありません。室町時代の文書にも「御逝去」という言葉が出てきているそうで、もはや伝統的な表現になっているんですね。

皇族の方に「逝去」という表現を用いることは不遜?

皇族の方に「逝去」という表現を用いても問題はないのか、という質問をいただきましたので見解を追加しています。

皇族の方が逝去されたときに用いる「崩御」「薨御」「薨去」「卒去」について | コトバノ

こちらの記事もあわせてご覧いただけると幸いです(2014/6/8追加)

「往生」と「他界」はどう使い分けたらいいのか?

宗教や信仰によって「他の世界」の考え方が変わります。

「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けについてもまとめましたので、参考にしてください(2018/8/18追記)


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

suiren

「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記事を書きましたが、人が亡くなる

記事を読む

「弱冠18歳にして金メダルを受賞」という表現が間違いである理由 ~なぜ金メダルは純金ではないのか

折り紙の「金紙」「銀紙」は勿体なくて、それで何かを作ったという記憶がほとんどありません。好み

記事を読む

「恐れ入りますが」と「差し支えなければ」の意味の違いと使い分け ~クッション言葉とは

相手に何かを依頼するとき「恐れ入りますが(おそれいりますが)」「差し支えなければ(さしつかえなければ

記事を読む

no image

「失敗したらどうしよう」「自分なんてまだまだ」が口癖の人に贈る、ネガティブの変わる夜のお話。 #neowoman

この夏、とある一人の女性を取材させていただきました。 彼女の名前は中西智子。 英語発音スクール

記事を読む

タラバガニはヤドカリの仲間だった ~タラバガニの名前の由来

カニや栗といった食べるものが面倒なものはこれまであまり好きではなかったのですが、食べやすい状態で出し

記事を読む

ondo

利用頻度は高い?大きい? 頻度は高いのか大きいのか、低いのか小さいのか、正しい使い方と覚え方

あることが繰り返し行われたり、あらわれたりする度合いのことを「頻度(ひんど)」と言います。 今

記事を読む

「混ぜる」と「交ぜる」の違いと使い分けを「さんずい」で覚える!

「絵の具をまぜる」「女の子のグループに男の子が一人まざっている」など「混ぜる」と「交ぜる」という漢字

記事を読む

上旬中旬下旬の由来となった「旬間・旬(じゅんかん・じゅん)」の意味について

「交通安全週間」という言葉は運転をされる人にとって馴染み深い言葉のような気がしますが、春先に行われる

記事を読む

「共存」を「きょうぞん」と読んでいませんか? ~「存」の正しい読み方と区別の仕方

「争いを避けて共存していく道を探る」というような表現のときに使われる、この「共存」という言葉。「きょ

記事を読む

「話のさわり(触り)」の誤用と正しい意味と ~最初の部分という意味ではない「さわり」

「時間の関係もあるし、話のさわりの部分だけでも聞かせてよ」という風に頼まれて、伝えるのはどの部分でし

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

suiren
「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記

→もっと見る

PAGE TOP ↑